« よそみ | Main | 遁 »

2009/2/10

やしき  その他

旧Dや野外フィールドの経験値が増えて以降
屋敷ソロで1戦100万とかそういう世界らしいです。

早速術忍をデビューさせてみたところ

上野屋敷でLV61演舞+LV52術忍ペア
術忍側に5体で70万弱〜7体で100万弱@1戦。
1丹チョイ続けて術忍側に経験6000万前後
(LV52になりたてからLV53になったので確定)
2人合わせて1800貫+格式帳7冊と言ったところ。

なんで演舞がペアかと言うと
・気合4+大団円+与生気で無休連戦可能且つ陣形持ち
・天地で即死を取って7体を5タゲに近づけることが可能
・更に反撃持ちなので遁1回とタゲ合致で1殺

盾と修理が無いこと以外は非常に快適。
要は彼らが殴られても大被害にならない屋敷レベルなら
打ってつけという感じでした。

陣形と大団円が無い代わりに神恩とマルチタゲ攻撃を持つ
神典や修羅雅楽なら同じくらい稼げそうな感じです。
他の手段でこのクラスの利潤を出せるのは
高LVで超音波をレジれ、反撃で敵が即死する侍鍛くらいか。

しかし熟練と覚醒が所詮旧Dやフィールドレベルなので
こればかりやっても飛龍でLV60になったキャラのように
潜在スカスカ状態になってしまいます。
貫の実入りが良いのでヒマなときやる程度でしょうか。



ところで最近暗殺を放置してるのが気になってきました。

すご攻のインタビューで無責任な開発が陽炎弱体不満に答えて
「覚醒すれば今でも(暗殺の方が忍法より)強い」
という趣旨の発言をしたそうです。

この「強い」というのが何を根拠にしているのか解りませんが
暗殺が陽炎弱体で受けた変化は硬い敵への対抗手段であって
1ターンに出る最大ダメージの話じゃないんですよね。

滅殺が使えれば良いのですが、準備なし術が溢れ返る昨今では
陽炎以上のリスクは甚大。陽炎+乱舞が現実的対策ですが
覚醒パッチで命中率が激減しており覚醒や潜在の命中抜きでは
人型へのフルヒットすら望めません。この変化は本当に余計。

彼らは、ステータスUPしか存在しないと思われる隠し覚醒を
「弱い技能ほど隠し覚醒が強い」と発言するような人々なので
最早信用には値しないんですが
しかし暗殺の隠し覚醒には少々現実味があります。

腕力だらけなんですよね。

現時点で判明&確定している「隠し覚醒が腕力」の暗殺技能は
神魔・両断改・乱舞・忍者一刀流・紫燕とすでに5個あります。

で、これらは腕力が通常の覚醒項目でなく隠し覚醒であることに
意味があり、甚大な労力を要するとは言え、最終的には
「全て常時発動になる」腕力なわけです。
(※現時点では常時発動の開放条件はまだ不明ですが。)

ちょっとロマンを感じます。



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ