2005/11/24

ホウキ棒  

休日前夜に調子こいてボスツアー。
流行に乗って構成メモ:鎧・軍学・神典・忍法・召還・医術・武芸。

遠い昔に死ぬほど苦しんだ連中が我々に何もできず沈んでいく辺り
装備・スペックとも強くなった我々への感心とも哀愁ともとれる感覚。

しかし相模伯老坊だけは流石の強さでした。
各種特化技能が無かったらそりゃ地上最強と呼ばれるでしょうなあ。

なお、参加したのは武芸でした。
破産しつつ整えた新装備攻撃565器用180のロールアウト兼。
一の太刀極意+鬼神突はややボリューム不足に感じましたが(´A`)
バラついてUZEEEEと思うことは無く、
ちょっと武芸のLVアゲに邁進できそうなできなさそうな





51→52って初めて見たとき絶望するよね。





ボス戦で久々に軍学零七・忍法とかげサンとみね連携。
ぃゃ、暗殺でなら組んで武将やったりしたんですけど。

みね待機が居るときは自分の仕事(零七:看破/活殺・私:四連/鬼神)
相方の行動中は自分がみね待機
もはや出来て当然と言われることもキレイにキメると気分がイイものです
(星野は仏門なので)。

ぶっちゃけ同職をやってみると
装備ソコソコ・ステとログイン頻度はもはや低い零七が
今でも信用を勝ち得る理由が解ったりします。

ホメると調子に乗るので貶して相殺しておきます。



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ