2017/6/28

お誕生日のお祝いといくりちゃんとご近所付き合い  頑張れいくりちゃん!



 こんにちわ〜^0^

 いつもの如く忙しくしていてブログ更新が滞りました(;´▽`A``

 今日も始めにショップlu-xよりお誕生日のお祝いでぇす!

           

千葉県 O・A様

 お誕生日おめでとうございま〜すヾ(*´∀`)ノ

 お忙しつつも楽しく過ごされておられる事と思います。
 また新たな1年、健やかでありますように、素敵な思い出いっぱいの1年になりますように(u_u*)

 またお声かけてくださいね〜! ( ^Θ^)ノノ待ってまぁす!

           



 前回ご覧頂いた我が家のいくりちゃん、無事に収穫する事ができました〜(〃∇〃)

 今年は、手の届く範囲ですが、摘果を繰り返した結果、大きな実がたくさん出来ました♪

 いつにも増してとっても甘いです。

 今までよりも一番の上出来かも( ̄∀ ̄*)b 

 めっちゃ甘くて美味しいです!

クリックすると元のサイズで表示します

 本格的に梅雨になりそうでならないうちに、セッセと収穫致しました。

 雨が多いと、水分で折角の甘さが薄れてしまうのと、大きくなりすぎて破裂しちゃうのよね。

 ちなみに↓大きさ比較↓ 
クリックすると元のサイズで表示します
 左側が摘果を頑張った成果。 右側は、手が届かずに摘果を諦めた部分の実。

 皮の表面にブツブツと模様が浮き上がって見えます、この模様は、むちゃくちゃ甘いぞぅ♪というマーク♪

 こんなに差が出るとは。。

 実が青いうちにバンバンちぎって捨てた。。めっちゃ勿体なかったけど、心を鬼にしたゎ(。・´_`・。)

 捨てずにリキュールとかに出来そうかもとチラリ思ったけれど、ワタシ、お酒を飲まないから仕方なく。。処分した(:^ー^A


クリックすると元のサイズで表示します
 このお皿に乗せた5倍の量(約2kg)をジャムにしたいと思います。

 今回は白糖ではなくザラメを使ってみようと思います。

 そして、いつもとは全く違う作り方を思いついた※ので、挑戦するつもり。

※思いついてネットでググると実行されておられる方が詳しいレシピを公開されていたので、チャレンジしてみようと思います^w^
  
 上手く出来るかなぁ。。。(自信はないけれど。。)


==いくりちゃんの収穫時の出来事==

 昔は、お猿さんみたいに木に登ったりして実を収穫していたけれど、我が家のいくりちゃんは、老木で、去年は免れたけれど、毎年の台風の強風で根こそぎドタンと倒れたりを繰り返したため、根が弱っているコト前提で、ここ数年は実の収穫は脚立を使っておこなっています。

 しかし、長い脚立を立てられるスペースが限られるため、ムチャを承知で足場の安定しない所に立てて、ガタガタと震えながら、脚立の一番天辺まで登るので、マジで命がけ^^;

 高所恐怖症なワタシにとって、7段めから下を見られず、ひぃひぃ言ってるんですが、

 今回は、ワタシ一人で奮闘していると、何故か?タイミング良く通りかかったご近所さん達が、わさわさと集まってきて脚立の脚を押さえていて下さいました。(ラッキー(〃∇〃)

 やっぱり誰か居るのと居ないのでは恐怖感が半減します。

 実が赤くなって食べ頃な実だけを取るので、収穫は何日もかかるのだけれど、タイミング良くご近所さんが通りかかる(笑)ので、脚立を押さえてもらいました^w^

 脚立を押さえてもらったお礼に どうぞと山盛り差し上げると、スイカ食べるで? ジャガイモあるで? タマネギいらんで?

 トウモロコシ好きで? などなど、お礼のお返しを皆さん下さるので、なんか、物々交換みたいになっちゃいました(o≧▽≦)o


 いなか特有ですね^^ ご近所さん、良い人達です。

 以前は、いくりちゃんは落葉樹なので、落ち葉が迷惑だから、木を切ったらどうよ!と、きつく叱られた事も有り、落ち葉の時期は、毎朝・夕、落ち葉掃き。

 たくさん実が成れば、落ち葉のご迷惑料として、実を献上してきた甲斐有ってか、いくりちゃんへの思い入れを熱く語るワタシに根負け(?)したのか、年々、手をかけ美味しくなるいくりちゃんと我が家を、最近では温かく見守って下さっているみたいで、全く叱られることは無くなりました。

 本当に有り難い事です(u_u*)

 これからも ご近所さんと良い関係が築けたら良いと思っています(=^エ^=)





ショップ lu-xに来てね(^O^)/
22



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ