2006/5/18

『 ホテル・ルワンダ 』  映画鑑賞

「ホテル・ルワンダ」…今まで見た映画の中で
一番ショッキングだった映画です。

何の前知識もなく、どんな内容かも知らず
“ルワンダ”という国がアフリカに実在していたことも知らず(恥)
実話に基づいた映画だなんて…見終わるまで気付かなかった。
ただ気軽な気持ちで、友人に誘われるまま映画館へ足を運んだ。。。


見はじめてすぐ、「なんだかイラク情勢みたい」という印象も持ったけど
なんだか違うよ。。。 よくわからないけれど…

ただ映画が始まって間もなく登場するアメリカ人の俳優さんが
ブッシュ大統領のソックリさん?…なーんて思い、
軽いノリの映画だと勘違い。


でも…実際は物凄く悲しい映画だった。 
これが現実だったとしたら? …そう実際に起きてしまったこと。
1994年、100日の間に1,000,000人の大虐殺があったなんて。。。
その民族紛争は“先進国”と呼ばれている国に
影で仕組まれたようにすら感じる…
国連までもが他人事のように逃げ腰になっていた。
ラストは主人公のポールが、およそ1200人を非難させ幕を閉じるが
…もう声にならなかった。

どうして? なぜ? 人は殺しあわなきゃならないの?

もう涙が止まらない。 腰が抜けたみたいに動けない。

エンドロールで流れるテーマソングの日本語訳で
これほど号泣したのは久しぶりだった。

見終わった後「ねぇ…いったいどういうことなんだろうね。。。」と
友人とシートに座り込んでしまい、なかなか席を立つことが出来なかった。

「もう1回、見る?」 「ダメだ、重すぎるよ。。。」


いつになったら争いのない平和な時代が来るのかなー。
こうやってる間にも、世界のまだまだ報道されていないところで
多くの血が流れてるのかもしれない。


…ワタシには何が出来るんだろう。。。

せめて、この悲しい歴史を「知った」という事実だけは
忘れちゃならん!と思う。

この映画は、「『ホテル・ルワンダ』日本公開を応援する会」の署名で
公開されることになったそうです。

『ホテル・ルワンダ』日本公開を応援する会HP
http://rwanda.hp.infoseek.co.jp/index.html

『ホテル・ルワンダ』公式HP 
http://www.hotelrwanda.jp/index.html




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ