カムシャフト死亡・・・  モンキー

ロングクランクを組んでからの慣らし走行でヘッド付近からの異音が気懸りでしたので、腰上をバラしてみました。

気になったのはピストンとバルブとの接触ですが、ここは問題なしです。(=e=)"考え中


もう一度タペット調整をしなおし、エンジンをかけて見ましたが、やはり×

またまた分解σ(*_*;

今度は、カムシャフトとロッカーアームを抜き取り確認して見ると、カムシャフトのベアリングが見事にご臨終でした。

クリックすると元のサイズで表示します

写真では分かりませんが、リフト部分の先端も多少ですが磨耗しています。

ロッカーアームの磨耗は許容範囲内でしたが、カムのベアリングは明らかに動きが変です。手で回してみるとガガガガァーって引っ掛るような感じです。

早速、南○部品でカムを注文してきましたが、また大きな出費で、身も心もボロボロっす・・・_| ̄|○ oOO ハーアァァ

恐らく、コイツが怪しいですねぇ〜?って言うか・・・コイツであってほしい。

で、なければ困るんです。

問題は、今日注文してきたカムが、いつ入荷するかです。

23日にはツーリングがありますので、それまでに間に合うのでしょうか?微妙です。
0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ