2008/4/27

プレ世界戦  『R/C Car』

Aメインファイナルリザルト。

Pos No. Name Total Points Final 1 Final 2 Final 3
1 1 VIKTOR WILCK 20 8 10 10
2 2 MARC RHEINARD 18 9 9 9
3 5 MASAMI HIROSAKA 15 10 4 5
4 4 HAYATO MATSUZAKI 15 4 7 8
5 7 BILLY EASTON 15 7 8 2
6 6 JILLES GROSKAMP 13 5 6 7
7 9 SURIKARN C. 11 1 5 6
8 3 ATSUSHI HARA 8 6 2 1
9 10 MEEN VEJRAK 7 3 3 4
10 8 HUPO HONIGL 5 2 1 3
0

2008/4/26

プレ世界戦  『R/C Car』

Q5終了時点

Pos Name Nationality Car Model
1 VIKTOR WILCK SWEDEN TAMIYA TRF 416
2 MARC RHEINARD GERMAN TAMIYA TRF 416
3 ATSUSHI HARA JAPAN HB CYCLONE
4 HAYATO MATSUZAKI JAPAN HB CYCLONE
5 MASAMI HIROSAKA JAPAN YOKOMO BD
6 JILLES GROSKAMP THE NETHERLANDS TAMIYA TRF 416
7 BILLY EASTON USA SERPENT S400
8 HUPO HONIGL AUSTRIA TAMIYA TRF 416
9 SURIKARN C. THAI HB CYCLONE
10 MEEN VEJRAK THAI X-RAY T2' 008


クリックすると元のサイズで表示します
0

2008/4/26

プレ世界戦  『R/C Car』

プラクティス2の結果

Pos No. Name Max. Laps Total Tm Nationality ID. No.
1 ATSUSHI HARA 19 5:00.813 JAPAN HB CYCLONE
2 SHINNOSUKE ADACHI 19 5:04.476 JAPAN KYOSHO TF 5 STALLION
3 VIKTOR WILCK 19 5:04.595 SWEDEN TAMIYA TRF 416
4 MARC RHEINARD 19 5:05.146 GERMAN TAMIYA TRF 416
5 MASAMI HIROSAKA 19 5:06.269 JAPAN YOKOMO BD
6 HAYATO MATSUZAKI 19 5:06.457 JAPAN HB CYCLONE
7 MEEN VEJRAK 19 5:07.053 THAI X-RAY T2' 008
8 KIM EUNG-CHAN 19 5:07.095 KOREA YOKOMO BD
9 BILLY EASTON 19 5:07.345 USA SERPENT S400
10 JILLES GROSKAMP 19 5:07.394 THE NETHERLANDS TAMIYA TRF 416


TITCではブラシレスモーターに対応しきれず苦戦を強いられた日本勢だが、とりあえず出だし好調と言っていいだろう。とはいえまだまだトップから10位までには大きなタイム差がある。下位に沈んでいる海外勢(現地から見れば日本人も海外勢だが)がこれから上位に這い上がってくると思われるので、日本勢もうかうかしてはいられない。

チームひろさかのニコラス選手は試験のためエントリーしないそうだ。残念。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2008/4/22

MC850C  『R/C Car』

クリックすると元のサイズで表示します
隠し持っていたわけではないけが、去年の暮れに買ったMC850Cをはじめて通電してみた。ワニグチの反対側には7.2Vバッテリーが接続してある。

クリックすると元のサイズで表示します
PCへはUSBより接続する。ラジコン製品をPCに接続するのは初めての体験。

クリックすると元のサイズで表示します
Readで読んで、Writeで書いてというシンプルなソフト。
Data Getボタンを押下すれば、走行中のロギングデータをグラフ表示し、それを数値データでCSVとして落とすことも出来る。

セッティングの中で面白いなと思ったのは周波数設定。ストレート走行時の低負荷時(MinLoad)とコーナー立ち上がり時の高負荷時(MaxLoad)の周波数を切り分けてセッティング可能な点。ロギングデータと照らし合わせることによりより最適な周波数を導出することが可能なのだ。
ロギングデータをつぶさに分析したいならばPCが必須となるであろうが、このリンクソフトとエクセルさえ動けば良いので数万円で買えるようなロースペックの中古ノートPCが有れば必要十分であろう。

不満な点はセッティングデータをESC本体に1つしか保存出来ない点。これはPCが無い限り他の設定へ変更不可能だということ。クワンタムのようにプリセットデータを数パターン呼び出せるようにするか、VFSのセッティングアダプターのようなものが欲しかった。(次世代プロポ4PKには接続出来るらしいが・・・)そういう意味ではESC本体のみで全てのパラメータがセットアップ出来るキーエンスのラピーダPROは驚異的だとつくづく思う。
0

2008/4/15

レアもの収集  『R/C Car』

かつての愛車。プラズマMK-II用のメカプレート(当時はスピコンを載せるためという意味でアッパーデッキとは言わずメカプレートと呼ばれていた(のだと思っている))

サーボに合わせてメカプレートのホールを削らねばならず苦労させられたのを思い出す。そしてサーボをやっとの思いで搭載したとしても、今度はスピコンのワイパーの振れ方を合わせるのにまたひと苦労。フルスロットル、ニュートラル、フルブレーキの位置にぴったり合わせるのは以外に難しいのである。
クリックすると元のサイズで表示します

いつかはマシン本体を手に入れたいが・・・
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ