2010/6/28

FRF010 テストレポ #21  F103 & F104

[26/Jun/2010,TEST,スタジアム1,FRF010]
クリックすると元のサイズで表示します
さー今日もがんばんべー。とりおんの40Cリポも来たことだし!気合入れていくぞー!

クリックすると元のサイズで表示します
今日は色々と事前準備があったので、割り切って整備デーにすることに。1パック走れれば万々歳といった感じ。

クリックすると元のサイズで表示します
まず。バッテリーホルダーを外しました。コレをしたいがために底面フラットなリポを買ったわけ♪

その他ベアリング、スパーギヤ、デフボール全て交換。そういえば最近デフプレート磨かなくなっちゃった。なんか必要無いような気がしてきたので。だって結局シュリシュリ表面を磨いたって、当たるのは分解したときに見られるピーっとボールが当たっ場所がレコードラインになってるあそこだけでしょ?あんなの1パック走っただけで溝が掘れちゃうじゃないですか。1パックごとに磨くなら意味有ると思うけど、どうせそこまでやらんし。それにぶっちゃけスムーズさを生み出すのはスラスト部分なんだもん。

クリックすると元のサイズで表示します
あと車高が低すぎる件。前回より0.5mm上げられるTRGのライドハイトアダプターを購入。これ値段高いです。「へ?こんなプラスチック2個がうなぎ弁当1個分?」みたいな・・・でも必要だから買う!

クリックすると元のサイズで表示します
今日のボディーは前回使ったZF03ではなくSW-0Nです。やっぱSW-0Nのほうが軽快で良い。

さて。何とか整備を終わらせて最後に1パック走ることになったんだけど、今日はスタ1レーサーのロッカーお隣”石○”さんが一緒に走ってくれてイロイロと勉強させていただきました。まだまだ自分はラインが甘いし、ミスも多い。というか、小さなミスに気付いて無かった。あ、「これでもミスなんだ」って。速い人と走るとホント自分のダメなところが露呈する。逆に言うと直すべきところがすぐわかるから上達も早いということ。
それにしても最近色々教えてもらったは良いけど、教えてもらいすぎてマシンは完全にバランスを崩してしまいました。ちなみに今日一緒に走ってもらった石○さんは540で、自分はBLS15.5T。・・・まったく追いつけなかった・・・orz
とはいえ540もちゃんとナラシとかしないと駄目らしいのでただの540で同じスピードを目指そうとしても無理。なのでとりあえずBLSのギヤ比をもっとローに振って、ストレートを今日の石○さんの540のスピードに合わせるぐらいにしたうえで練習してみようと思います。まずそれで12秒5をクリアする。そしたら段々ギヤ比を上げていって最後は11秒台に入れる!!これが当面の目標になりそうです。

というわけで全然ダメダメなタイムをご覧あれw
クリックすると元のサイズで表示します
ベストラップ 13秒120。いつもよりコンマ5秒近く遅いってありえないっすね。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

修行は続く・・・

※たくさんの拍手あざっす(^^ 看板ムスメも喜んどりますw
8
タグ: F103 F104

2010/6/27

M05 作成日記 #06  M05

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
リヤサスアーム。例によりパーツの向きに注意が必要。あとフロントのほうもそうだったんだけど、最初サスアームが自重でストンと落ちなかったんですが、結局、半分半分になっているアームを結合するビスを少し緩めたら解消しました。これ結構ポイントかと。

クリックすると元のサイズで表示します
これ、結構地味ーなOPなんですが、地味なパーツをわざわざOP化するということは、それだけ”重要”なパーツなんじゃないかと感じて購入。

クリックすると元のサイズで表示します
ハブのピンとのスキマには3枚のスペーサーを入れました。4枚だと多かったですね。

クリックすると元のサイズで表示します
最後、リヤダンパーを装備するわけですが、ハイグレダンパーに付属のピロボールとスペーサーを使用したら丁度良い位置に取り付けることが出来ました。

クリックすると元のサイズで表示します
フロントとは真逆でダンパーがほとんど直立状態ですね。FF車。結構不思議な動きをしそうだな・・・

クリックすると元のサイズで表示します
さ、後はメカ積みだ!
3

2010/6/25

M05 作成日記 #05  M05

クリックすると元のサイズで表示します
ダンパーの組み立てです。キット標準はフリクションダンパーですが、ここはやはりオイルダンパーは必須ということで。

最初は手持ちのTRFダンパーで良いのかと思ってたんだけど、どうやらサイズが違うっぽい。じゃあPROと同じCVAダンパーにすっか。と思ったんだけどCVAにも色々有って、どれがジャストフィットなのか分からない。しゃーねーな。とM専用ハイグレードダンパーを買うハメになったわけです。はい。

クリックすると元のサイズで表示します
スプリングは、レッド〜ブルーまでの3種が2本ずつ。

クリックすると元のサイズで表示します
ピストンはデルリン?ロッドはノーマル・・・

クリックすると元のサイズで表示します
シリンダーはブラックのコーティング。スプリングアジャスターがOリングの入っていないタイプなのですごく不満。ずれるやん。

で、組み立て開始。
クリックすると元のサイズで表示します
ピストンは前後共に2穴としました。

クリックすると元のサイズで表示します
エア抜きはちょっと手こずって、5回ぐらいやり直しました。パッツン仕様です。

クリックすると元のサイズで表示します
ピロボールはダンパーに付属していたものを使用します。

クリックすると元のサイズで表示します
フロントとリヤはオイルの番手を変えたのでキャップ部にF/Rを明記(ちょっとダサいかな?)

これでフロントセクションは終わりっす!
2

2010/6/24

M05 作成日記 #04  M05

クリックすると元のサイズで表示します
ステアリングリンケージと・・・
クリックすると元のサイズで表示します
フロントサス周りです。ドッグボーンからユニバへ変更しました!
クリックすると元のサイズで表示します
カップ内のウレタンブッシュはもとより、コの字のアダプターすらクリアランス不足で取り付けられませんでした。(てかボーンがちと長い?)


クリックすると元のサイズで表示します
長年のカンでこのパーツはアルミの方が良かろうと思いOPを投入!支持部さえしっかりしてれば他のパーツは樹脂で大丈夫なはず。
クリックすると元のサイズで表示します
こんな感じになります。ガタも無くカッチリと組めました(^^)
※言うまでもなく軸受けはベアリングに交換しています

1

2010/6/22

FRF010 テストレポ #20  F103 & F104

[23/Jun/2010,TEST,スタジアム1,FRF010]
E.J.ヴィソ3位表彰台記念ということで、今日はKVのボディーでテストです!
同じKVの琢磨もリタイヤしたとはいえ良い走りだったとか。ディクソンをぶち抜いたという噂なのでGAORAの放映が待ち遠しいです!
クリックすると元のサイズで表示します

コース使用料を払うとき一緒にグリップ剤も購入。一本使い切るなんて初めて。練習してるなー俺ww
クリックすると元のサイズで表示します
ツイッターでもつぶやいたけど、今日のテストはブラシレスESCのセッティングをイジってみようということで、コース脇でピコピコと・・・(ほんとはピコピコ言わんけど)
クリックすると元のサイズで表示します
ドラッグブレーキを最初30%にしてコースインしたら笑っちゃうぐらい駄目。ブレーキターンを極めたい人にはオススメですがww
すぐにピットインして20%に減らしてやったら程よい減速感になった。
あと小さなコーナーの立ち上がりでパワーが掛かりすぎていたので、スタートモード(パンチ)をレベル8からレベル3まで下げた。
少し走らせやすくなったかなー?というフィーリングになったところでタイムアタック開始!今日はインフィールドで破綻しないように”ゆっくり走る”イメージで!

難しいけど何回か良い感じにコンパクトに走れたのでこれは良いタイムが出たのでは?
クリックすると元のサイズで表示します
ベストラップ13秒030。うわっきっつーww ヒザカックンされたような衝撃。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
いつもどおりのラインをトレース出来ている時って”車が決まっている”ように錯覚してしまう。一番タチの悪いパターン・・・(最近自分はこのパターンが多い。)

コースサイドで「うー」とうなっていたら同じくF1で走っていたスタ1レースの常連さんに声をかけてもらった。(勿論初対面です)
今日は13秒切れない!と相談に乗ってもらったら一言「シャシーかなり擦っちゃってますねー。」そう。最近シャシーが擦っているのは気付いていた。でも何もセッティングを変えてないし、最近縁石に乗っるくらい攻められるようになってきたので下の面を擦っちゃってるんだと思って特に気にしていなかったのだが、「ピッチングダンパーのスプリングがヘタってくると車高が落ちたりしますよ」とのアドバイス。「下擦ってるとタイムも出ないですから。」とも・・・
クリックすると元のサイズで表示します
そっか。コース全域で少しずつ少しずつスピードがスポイルされてた原因がこれかぁ。激しく納得。もう帰り時間だったのでとりあえず車高だけ最後に確認。

結果、ピッチングダンパーのスプリングがヘタってるという訳ではなく、ダンパーのスプリングテンショナーが動いてしまってユルユルに。そのためTバーのOリング支持部あたりの車高がタルーンと落ちてしまっている状態でした。(やべ。完全に凡ミスや。)

ピッチングダンパーのテンションを上げて、シャシーとTバーがピシッと一直線になるように調整。
これで速さが戻ってくれればいいんだけど・・・

早くリベンジしたいっす!!


おまけ
クリックすると元のサイズで表示します
すっげータイム悪いけど、面白いから、いい!
1
タグ: F103 F104



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ