2010/8/27

TA05 テストレポ #03  TA05

[23/AUG/2010,TEST,スタジアム1,TA05]
クリックすると元のサイズで表示します
2パック目はギヤ比を上げようっつーことで、スパー94T、ピニオン45Tで4.7:1

お、やっぱ速くなった!けっこうハイギヤードだと思うんだけど特に問題無い感じ♪

しかし!速くなったは良いけどその分タイヤがちょっとグリップ不足・・・
走らせるのがちと難しくなってしまった・・・
でも悪いセットじゃないと思うので、セッティングシートにメモしておくことにしよう!(タミヤのサイトでまだダウンロードできた!)


サスセッティングだけで改善できるか、タイヤを替えなきゃ駄目かは次回テストしてみます。

クリックすると元のサイズで表示します
ということで、バラツキはあるもののラップは13秒0,1,2とか出るようにはなった。これは多分ストレートで稼ぎ出したんだろうと思う。せっかくストレートで稼いだマージンをコーナリングでかなりロスしちゃってると思うので、その辺上手くやればアベレージ12秒台で走れるのではないかと!

クリックすると元のサイズで表示します
ベストラップは12秒880。レースレベルにはまだまだ足りないね。

ツーリングカーはすぐ壊れるからフラストレーションがたまって嫌だったんだけど、このぐらいの速度なら全然壊れないし、何よりも思ったところにクルマが行ってくれるのがすごく楽しい。

しばらくTA05メインでやりますかね♪
クリックすると元のサイズで表示します
4
タグ: ラジコン

2010/8/26

TA05 テストレポ #02  TA05

[23/AUG/2010,TEST,スタジアム1,TA05]
クリックすると元のサイズで表示します
さてー。1パック目走行開始。

うぉぉ!いきなり良く走るではないかっっ!!
冗談抜きでオン・ザ・レール!!

おととしのタミグラ”ストチャレ”クラスでBメに入った時の状態だったので(どんだけ放置?)そこそこ走るだろうなとは思ってたけど、そこそこどころじゃなく超良く走る。

ギヤ比がちょっと低めだったので、ストレートスピードは540と同じぐらいだったかも知れないけど、とにかく走ってて楽しかったね♪

クリックすると元のサイズで表示します
ベストラップは13秒060
ノンビリ走ってコレだから、ギヤ比上げたらもっとタイム上がると思う。

クリックすると元のサイズで表示します
アベレージは13秒5ぐらいかな?


じゃぁ次はギヤ比をもっと上げてやってみよう!



つづく・・・
3
タグ: ラジコン

2010/8/25

TA05 テストレポ #01  TA05

[23/AUG/2010,TEST,スタジアム1,TA05]
今日は久々にツーリングカーをやります!
使用マシン・・・TA05を押入れから引っ張り出しました。
クリックすると元のサイズで表示します
ちょっと前まではフォトンを投入しようと思ってたんだけど、近い将来もしかしたら売り払うかもしれないので未走行状態を保持しようと・・・まぁぶっちゃけハイエンドじゃなくてもいいやって気持ちが自分の中に有るんだけど(笑)

さて、TA05ですが、実はメカとか一切積んでない状態で持ち込んだので、上の写真のように走行可能状態になるまで2時間半もかかってしまった!(ここには書かないけど、いろいろ苦労したですよ。)

クリックすると元のサイズで表示します
ところで、スタ1ではARCのタイミングシステムを使ってるんだけど、TD-2からTD-3へ移行してしまい、本体を買い換えるはめに・・・TD-2は生産終了になっちゃったみたいだから仕方ないけど、だったらソフトのほうもTD-3で計測可能になった1/1000秒まで表示出来るものに変えて欲しいなあ。でもまぁ”ごめんなさい”の一言があるので許すww
クリックすると元のサイズで表示します
コレです。TD-3。黒くなっただけだけど緑よりはカッコイイですね。

クリックすると元のサイズで表示します
最初サーボの上のポンダステーに装着していたんだけど、計測できず。スタッフさんに何でか聞いてみたら「下に遮蔽物が有るとだめですよん。」とのことだったので、ポリカ板の切れ端で急ごしらえのポンダステーを自作し、バスタブの外へオフセット搭載。これでしっかりと計測されるようになりました。ちなみにレーベル面を進行方向に向けるのが理想の装着方法と取り説に書いて有りましたのでご参考まで・・・

クリックすると元のサイズで表示します
ボディーはSC430をチョイス。というか手持ちがコレしか無かった。タイヤはRP-40で、インナーはハラV2のブラック。あとはとりあえず走らせてみようってことで、ダンパーオイル不明w。スプリングはフロントがOP-440のイエロー、リヤがOP-440のレッド。ギヤ比は5.59:1。前後ボールデフ、センターダイレクトのフルタイム4WD仕様。車高は前後4.5mmの5.0mm。モーターはGT-TUNED、バッテリーはリポ、アンプはレアもの(?)の初代QUANTAM。
クリックすると元のサイズで表示します


いろいろとイジってたら、少年が寄ってきて「あーこれ初代TA05ですね。初めて見たー。うぉ、04の足が付いてる!」などとえらい感動して去っていったんだけど、思いっきりジェネレーションギャップを痛感させてくれました。っつか俺の感覚からするとTA05なんて全然最近なんだけどねぇ(苦笑)


とまぁそうこうしているうちに準備も整い、ようやくコースイン

・・・でもバック全開♪

みたいなことになって、パニくってプロポでスロットルchをリバースにしたらもっとおかしなことになって、最後やっとモーターの配線がプラマイ逆ということに気付いた。ご丁寧にショットキーもプラマイ逆だったので、破裂しないで済んだ(ワーイ) 



orz  ワーイじゃねぇだろ。


つづく・・・
4

2010/8/19

FRF010 テストレポ #28  F103 & F104

[18/AUG/2010,TEST,スタジアム1,FRF010]
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
なかなかラップタイムが向上しないので、今日は12秒台がポンポン出ていた頃のハード気味なフロント周りのセッティングと、現在のソフト気味のセッティングを比較してみます!


<最近のセッティング>
フロントタイヤ:シミズSOFT
キングピンスプリング:タミヤ銀
クリックすると元のサイズで表示します
終盤のラップが良い感じ。13秒2,3で走れている。
クリックすると元のサイズで表示します
ベストラップは13秒100



<以前のセッティング>
フロントタイヤ:TRG SUPERION
キングピンスプリング:タミヤ黒
クリックすると元のサイズで表示します
頻出ラップは13秒5,6とイケてない。
クリックすると元のサイズで表示します
ベストラップは13秒030

フィーリング的にはSUPERIONのほうがクイックで体感速度は速いんだけど、ラップタイムが揃わず平均ラップが非常に悪い。でもベストラップはソフトに振ったセットを若干上回った。


結局のところフィーリングほどタイムに差が出ない・・・


うーん。ちょっと予想外だな。


SUPERIONをフロントに履けば自分のドラテクの無さをカバーしてくれてフロントが喰うようになり、タイムは向上すると思った。実際にハンドリングは良くなったけどタイムに現れない。


あぁ・・・ますます分かんなくなってきた(??)ドーシヨ
3
タグ: F103 F104

2010/8/18

M05 テストレポ #09  M05

[18/AUG/2010,TEST,スタジアム1,M05]
クリックすると元のサイズで表示します
M05をちょこっと走らせたので一応レポートなど。

クリックすると元のサイズで表示します
タイヤをM-GRIPに変えてテスト。インナーはソフト。
本当はハードインナーでテストする予定だったんだけど、手持ちが無かったのと、今日M05を走らせる予定ではなかった(F103の右リヤハブが壊れたので急遽・・・)のとで、手持ちのソフトインナー版で取り敢えずテストしてみたというわけ。

あれ・・・


結局。コースのいたるところでポヨンポヨン跳ねちゃって全然ダメ(笑)
オイル抜いたダンパーで走ってるような感覚とでもいいましょうか、常に跳ねているのでタイヤが浮いてしまってグリップしないようなフィーリング・・・

クリックすると元のサイズで表示します



やめときゃ良かった。 orz



分かったこと

「M-GRIPにソフトインナーは有り得ん!」

以上
3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ