2010/10/30

晴れそうだ!  F103 & F104

台風もどうやら明日には抜けるようで、おそらく明日のF1RCGPは開催されるんじゃないかなと。

ただスポンジタイヤだと、ほんのちょっとでも路面に湿り気が有るとまったく走れないからスタートはディレイになるかもね。

クリックすると元のサイズで表示します
スポンサーも増えてテンションUP♪


順位はどうであれ『ベストは尽くす!』w
4
タグ: F103 F104

2010/10/24

TA05 IFS化!  TA05

クリックすると元のサイズで表示します
今日はサスアームを04足からリバーシブルに変更、一気に完成までもっていくです。
クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します
まずは04足をパージ。

クリックすると元のサイズで表示します
リバサスは強化タイプではなくてノーマルをチョイス。
ナンコツが好みなので♪



クリックすると元のサイズで表示します
どうでもいいけどこのスペーサー量は・・・・
かなり無理が有ると言わざるを得ませんな。Ver.Uはどうなんだろう?


クリックすると元のサイズで表示します
ここが個人的に満足しているカスタマイズなんだけど、
Cハブは新型、ナックルは04のものを装備。

これなら絶対割れない!

ちなみに小さいナックルには非常ーーーーーーーにイヤなトラウマが有るのだ。


あと、ユニバのボーンは46mmっす。





クリックすると元のサイズで表示します
IFSの特徴のひとつ。プッシュロッドの作成。

ターンバックルはスチールの28mmを使用。

たわまないようロッドエンドに目一杯ネジ込む設計なので冶具は絶対必要!使わないと指が壊れまっせー!!

あと赤白黒さんの助言のとおりスキマ12.5mmにしやした。

ちなみにこれ。IFS-Rだと32mmターンバックルを使うのね。28mmでもギリギリ感が有るのに・・・


クリックすると元のサイズで表示します
ということでついにIFSシステムが完成!

予想に反して意外と柔らかい。


クリックすると元のサイズで表示します
シェイクダウン時はバランスが思いっきり崩れているだろうことを今から覚悟ww


でも、面白いから・・・良い♪
3
タグ: ラジコン

2010/10/23

F1RCGPin八王子  F103 & F104



F1RCGPin八王子にエントリー!


スタ1からF1回収してこないとなぁ。



F1クラスってどこにいってもレベルが高いから


こわいよー・・・


スポンジタイヤで走ったことほとんどないし、
ましてやセッターなんて持ってないし・・・


うぉー

やべー
3
タグ: F103 F104

2010/10/23

FRF010 テストレポ #33  F103 & F104

[23/OCT/2010,TEST,スタジアム1,FRF010]
今日はまずフロントウイングの交換から。

なんで交換したかというと、実はボディーが浮いていたから・・・

ローノーズボディーをハイノーズウイングに装着してたのでちょっと無理が有ったのは実は前から自覚済み。

クリックすると元のサイズで表示します
交換前

クリックすると元のサイズで表示します
交換後

5ミリぐらい下げられたと思うんだけど、見た目あんま変わんないよね(汗)




さて、ここのところF1のアンダーステア対策をずっと考えていて、思いついたことがいくつか有りまして・・・

対策:其の1
クリックすると元のサイズで表示します
リヤの車高を0.5mm下げる。

対策:其の2
クリックすると元のサイズで表示します
フロントに載せていたウェイト(10g)を取り払う。


何が狙いかというと

『リヤ荷重を増やす!』


え?言われなくても分かる? そりゃ失礼しましたm(_ _)m


今まではフロント荷重を多めにしてタイヤの面圧を上げてグリップさせる事ばかり考えていたんだけど、ハイスピードコーナーでスライドするということは、フロントタイヤが加重移動に耐えられないからなのでは?と考えたわけです。

タイヤを路面にコジリ付けるのではなくて、タイヤに路面を掴ませてやるイメージ?



なんでこんなことをひらめいたか?


それは前カゴに米5kgを載せたママチャリが”ド・アンダー”だったからww


かつて、A型ベビーカーからB型ベビーカーへ変えたときに、シャシー剛性とメカニカルグリップの関係を実感したように、普段の何気ない生活の中にもR/Cカーに役立つことってたくさん有ったりしますね。


あと前回ダメだったアップライトのタイロッド取り付け位置は内側に戻しました。

クリックすると元のサイズで表示します
タイヤウォーマーを4輪にかけ、さぁテスト開始!



お、これは!


アンダー消えた!


狙い通りじゃん!



でも


曲がりすぎ(爆)


ド・オーバー?


曲がりすぎてタイミングが合わずコーナー入り口の壁に何度も串刺しw
(こんな症状初めて)

ってか全然曲がらなかったマシンがここまで曲がるようになるもんかね(汗)

バランスを取るためにアップライトのタイロッド位置を再び外側に戻してみた
クリックすると元のサイズで表示します
そしたらアンダー傾向に逆戻り♪

じゃぁアップライトはまた内側に戻してリヤにウェイト積んでみっかー。
クリックすると元のサイズで表示します
あらー全然変わんねー。

・・・


他にもD/R減らしたり、トーをいじったりと、セッティングを少しずつ変えて何度もトライしてみたけど、走らせづらさは一向に解消できず、タイムは13秒とか14秒とか・・・

グリップ感は求めていたレベルまできているのにバランスが悪いのだ!!


惜しい!


惜しすぎる!




曲がるといえば新品のフロントウイングもソッコー曲がっちまったぞ!
ローノーズ用のフロントウイングで硬いやつ無いかな。誰か知ってたらおせーて!!
3
タグ: F103 F104 FRF010

2010/10/20

TA05 IFS化!  TA05

クリックすると元のサイズで表示します
それでは!IFS化、作業開始っ!

クリックすると元のサイズで表示します
タミヤWebからダウンロードしたマニュアルをモニターで見ながら組み立て。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
クランクの向きが良く分からなくて若干混乱したもののIFSユニットは無事完成!


クリックすると元のサイズで表示します
さぁ取り付けだ。いぃなぁ〜 わくわくするなぁ〜w


クリックすると元のサイズで表示します
ココまでは意外と簡単に完成!


クリックすると元のサイズで表示します
次回は足を取り替えて、プッシュロッドを連結するです!



※雑記※
ノーズの低いGTボディーって、スケール感だけじゃなく、ブラシレス化でハイスピード化しつつある昨今のEPツーリングカーに、まさにピッタリだと思うんだけどな。(エアロ的に)

だから、他メーカーがなぜIFSを追随しないのか不思議。

IFS専用のローノーズのセダンボディーを作ってIFMARやROARに公認させたら、もっとIFSが注目されると思うんだけどなぁ。
2
タグ: ラジコン



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ