ようこそいらっしゃいました。
          どうぞごゆっくりしていってください。

ゆっくり、ゆっくり・・・・・♥

2015/11/22

前記事、前々記事の補足です^^;  

 まずはことわざクイズ6番に出てきた「十日の菊」の意味というか日頃あまりなじみのない重陽の節句についてネットで拾ったお話を少し
> 六日の菖蒲十日の菊の解説】
【注釈】 菖蒲は五月五日の端午の節句に用いるもので、五月六日では間に合わない。
また、菊は九月九日の重陽の節句に用いるもので、九月十日では間に合わないことから。
「十日の菊、六日の菖蒲」、単に「六日の菖蒲」「十日の菊」とも。
「菖蒲」は「しょうぶ」とも読む。

重陽(ちょうよう)の節句 ●

9月9日。 「九」という陽の数が重なることから重陽(ちょうよう)といいます。

昔、中国では奇数を陽の数とし、陽の極である9が重なる9月9日は大変めでたい日とされ、菊の香りを移した菊酒を飲んだりして邪気を払い長命を願うという風習がありました。日本には平安時代の初めに伝わり、宮中では観菊の宴が催されました。菊の節句、菊の宴とも言われています。

収穫の時期にもあたるため、庶民の間では「栗の節句」としてお祝いをしていました。今も、太宰府天満宮の秋思祭(しゅうしさい)など、各地で菊を愛でる祭りや行事が催されています。


華道の世界でも大切な日

華道を嗜む者にとって、この日はとても大切な日なんです。菊のみを使ったお生花(せいか)をいけます。
お正月に若松だけでいけられた生け花をご覧になられたことがおありでしょう。
華道では節目節目に、その季節の象徴とされる花1種のみでお生花を生けますが、その中でも重陽の節句に菊をいけるのは、ある意味儀式のようなもので、特別な日なんですよ。
 などなど〜


 昨日の色の赤い大根の酢の物はこうなりました↓おせちの付け合わせというかあしらいに結構役立つかも、と思っています。
クリックすると元のサイズで表示します

2015/11/21

おダイコンいろいろ  身の回り

 大好き産直お野菜店に。
 去年ぐらいから気になっていたのですが、とうとう買ってみました♪〜
 最初の画像はこんな。
 2枚目はマウスを画像に乗せてみてください。横に切ったところです♪〜
 外は鮮紅色の中真っ白のと外が白くて中が赤いのと。
 いずれもお酢の物向きだそうでこれからトライします。
 酢につけるとますます赤くなるとか。楽しみです。
クリックすると元のサイズで表示します
タグ: 大根

2015/11/18

ことわざあそび  脳活

ひょんなことから目にしたことわざクイズ。
 本当に久々のマウスオーバーイベントです。
問題の上にマウスを持ってゆくと答えが出ます。マウスを外すと問題に戻ります。
 私は2番と6番が忘れていました。見てくださる皆さんはいかがでしょう!(^-^)!
クリックすると元のサイズで表示します

2015/11/15

今朝の空  身の回り

 ずいぶん長くぐずついた天気が続きました。
 その割には一雨一度とはならず、そんなに冷え込んだ日曜の朝にはならなくてホッとしました。
 今朝の空です。↓
クリックすると元のサイズで表示します
タグ: 一雨一度

2015/11/11

傷ついた蝶  身の回り

 一雨一度とか。それにしても10月末からよく雨が降ります。一回降るたびに一度ずつ下がってたら、こりゃぁこの調子では中旬になったら、ずいぶん寒くなってしまうのかしら?と心細くなっています   
 何しろ寒いのは苦手です。
 今日は日中ほんの短い時間、気持よく晴れたので蝶が一生懸命菊の蜜を吸っているのを写しているうちに気がつきました。
 この蝶動きが鈍いと思ったら、羽が大きく欠けています。向かって左側内側下の方は見えると思います。右側の下の羽はもうほとんど無いぐらい大きく欠けてしまって…
 なんだかかわいそう〜
 NHK日曜日夜7時30分の「ダーウィンが来た!」はよく見ます。その時に自然界の厳しさを画面ではよく見ますが、実際に目の当たりにすると・・・
クリックすると元のサイズで表示します
タグ: 傷ついた蝶



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ