Information  ライブ

アレイアミュージックオフィシャルサイト内の
イベントページに掲載しています。
アレイアミュージックオフィシャルサイト
https://areiamusic.com/



2021/6/14

ショートムービー『途方』  映画


俳優の長野克弘さんが、うちのサックス教室のメンバーとなられて2年ちょっと。
コロナ禍での通学が休止した時期もあったけれど、毎日毎日午前中は練習。
50代半ばでゼロから楽器にチャレンジすることは大変なパワーだと思いますが、
長野さんは、とにかく頑張り屋。
カーブやフォークは投げずストレート勝負。潔く、教えられることがたくさんあります。

長野さんは文字通り、俳優さん。
昨年、仲間たちとショートムービーを制作されました。
タイトルは、『途方』
出演者は、99.9パーセント、長野さんひとり。そうひとり芝居。
某コンペに出されるからということで待っていたのですが、ようやくその作品を見せていただくことができました。

モノクロ。18分ほど。
これがスマホだけで撮ったとは俄かに信じがたいカメラワークです。
予告編にあるように、彷徨い歩く姿...
プロの俳優さんに対してあまりにおこがましいのですが、ああこれがまさにプロなのだと!
それは、ふだん脇役の多い長野さんが主役だからということはたぶんあるでしょう。
しかしそのことより、俳優というのは立っているだけで俳優なのだということを思い知らされた感じです。
自分にはとてもとてもできません。

残念ながら受賞は逃されたようですが、私はこの作品を観たいです。劇場で。
勝手なことを言えば、舞台にもしてほしい!

もともと私はショートムービーが大好き。
この感じ、もっともっと撮ってほしいです。

監督は、舞翔凱さん。マイト・ガイと読みます。
この方については、まださまざまを知ることができていませんが、脚本を手掛けられています。
制作秘話など、きいてみたいです。どこかで上映してください!!!

長野克弘さんはTwitterをやっていらっしゃいます。
実は数か月前から、レッスンにいらっしゃるたびに1曲録画チャレンジというのをしていて、動画は長野さんのTwitterから発信しています。
お名前で検索して、「映画観たいで〜す」なんてメッセージを是非。







2021/6/2

”しっかり”だけの寄り切り。  スポーツ


様々な意見があってこそと思うので書いてみる。
いつの頃からか、いわゆるお上の発言において”しっかり”という言葉が連発されるようになった。
失礼ながら、他の言い方はご存じないのだろうか?と辟易する。
しっかり、とは
堅固で安定しているさま、また、確実、着実であるさまを表わす、といった意味だそうだ。
意思(意志)を持った言葉であるが、状況に応じて必要な目標、施策、どうしてそうするのかについての考え、ひいては科学的な根拠や実験結果などを述べることが必須なのではないだろうか。

お上というのは、
国民の代表であり、国民が少なくとも最低限、健全で幸せに暮らすための仕事をする人たち。
代弁者であることが、代議士、政治家というもの。
と私は考えているのだが、違うのだろうか?
違っていなければ、国民の意見に耳を傾けることが大事な仕事のひとつ、いや、一番大事な責務でもあるのだと思うが、違うのだろうか。

またこの世の中は、常に赤を赤だという意見の人たちだけでは決してないしあってもいけない。
それは歴史が証明してきたはず。

少なくとも、
他者の意見に耳を傾けた上で、何かを決めるということは、いわば、社会が社会である最低のルールではないのだろうか。
そんなルールの上で決まったことならば、時に全てを受け入れることができなくても、自分の身の処し方を考えることはできる。

何だかすべてが猪突猛進、しっかりだけで、押し切られようとしている。
相撲でいくと、寄り切り。
寄り切られてしまうのは、我々国民の無関心さの歴史の責任も半分。
これからどんな未来になっていくのだろう。


2021/5/29

ベースのセンセ  音楽


一昨年はウクレレ。
昨年は短期間だったがパンデイロ。
そして今年に入ってからベース(エレキ)を始めた。

どれも中途半端極まりないけれども、都度都度のタイミングをキャッチしてきたらそうなった。

なぜベースか?

それは、楽器大好きなサックスの生徒さんが、
”たまたま通りがかりにベースを見つけて買ったのですが、状態がいいのか悪いのか、どこのメンテに出せばいいのか、とりあえず見てください。それより見せびらかしたい!”だったから。

”ポール・(マッカートニー)が弾いているみたいな、ほらバイオリン型のベースですよ”
→バイオリン・ベース、Hofner(ヘフナー)だった。

メンテ先を友人に尋ねたりしたが(丁寧な回答をありがとう)
その時閃いた。

”Iさん。そこまでの気持ちはなかったかもしれないけれど、とりあえず、せっかく楽器も買ったことだから、1、2回だけ習ってみません?
それで、状態をみてもらってメンテも考えませんか?
1、2回なら、私は今、ベースは持っていないけれど、付き合いますよ!”

そんなこんなで、他のことにお財布を開ける余裕はまったくないのだが、根性で探して、初心者モデルを1台購入、Iさんとふたりレッスンが始まった。

センセは、彼が大学時代からの縁で、私の演奏活動に欠かせないベーシスト、愛称「デッド」テッドじゃない!
まだ20代の若い若いセンセだ。
プロとして活動し始めてから、まだ3年ほど。
教えるのも初めて。Iさんと私は、デッドにとって初めての生徒だ。

今日で3回目のレッスンだが、内容はお任せ。
しかし、あきらかにデッドのレッスンの鮮明なカラーがでてきた。
習うこちらがあまりに素人だから、まだその必要がない、ともいうが、デッドは譜面を用意しない。教室のホワイトボードも、今日になって初めて使ったがそれもメモ的な。
”はーい、一緒にやってみましょー”なんて言葉、まだ聞いていないし(笑)
基礎練習の例とか、すごくまともで(笑)一般的なことを尋ねると、やってみせてくれるのだが、それで終わり。
おそらく、”それは自分でやってよ”ということで、この先も具体的な例が図面化されたりすることは、ほとんどないはず。(違うか!(笑))

音の相関関係、つまりポジション関係ということなのだが、その説明をしたら、曲のコード進行で、その関係を利用して弾いていく。
たいしてお手本もやってくれないから(笑)自分でたどたどしく考えながらやるしかない。
お手本というのは、もちろん何よりの指針でもあるが、依存もする。
譜面は、その通りにやればいいのでありがたいが、一方で応用が効かないし依存する。
約2時間。トシのせいもあるが、最後はアタマが回らなくなったり。

デッドは、そもそも理系。音楽に憑りつかれなければ、技術系の仕事に就いただろう。今まで”お里”ということを考えたことはなかったが、この人は理系だ!とレッスンを受けていてしみじみ思う。
Iさんも理系出身。自分とはアタマの構造が違う。

私も教室を始めて25年。
他者がどう教えるかにはとても興味があり、また学ぶことも多い。
デッドは、考えさせて自らやらせる。
それを温かく(まさに温かく)見守る。
年上の私たち初心者に遠慮はあるだろうが、しかし、その距離の取り方がとても上手い。まだ20代だというのに。

そんなわけで、1、2回のつもりのレッスンはまた来月も。
もうひとりなら一緒に受講できますよ。
センセは、田代卓(たしろたかし)さん。検索してみてください。



2021/5/26

6月はすぐそこ〜インストミュージカル燃えがら姫のオマケ  音楽


コロナ禍でも変わらず日々は慌ただしく過ぎていきます。
まもなく6月。
ジューンブライドの季節です。
たくさんの人々に祝福される結婚式も、この状況ではままならないですよね。
でも、幸せに変わりはなし。
どうかいつまでもお幸せに。

インストミュージカル燃えがら姫には、たくさんの曲が登場します。
The Wedding Theme。
燃えがら姫(シンデレラ)と王子様の結婚式のシーンのために書きました。
例えばイギリスの王族のウエディングだったらこんな感じかな、とイメージして。
ふたりのウエディングのシーンは、もちろん物語の最後のほう。
この時点でノンストップで既に40曲を演奏し続けたメンバーたちは、疲労困憊。
映像のポン出しや録音のタイミングがあわず、力尽きる手前のまさかのリテイクだったのがこの曲。
たったひとりのトランペッター、マルちゃん、本当にオツカレさまでした!!
根性で吹いたテイクでした。

結婚生活も長丁場。時には根性で乗り切って(笑)




2021/5/24

インストミュージカル燃えがら姫制作日記-7 新作(オリジナル)  音楽



音楽、演劇、絵画、舞踏....あらゆる世界で、日々「新作(オリジナル)」が生み出されている。
有名、無名に関わらず。
そもそも全てのものは、存在した最初は新作であり、オリジナルである

それでも、実際に目に触れたり耳にしたりするもので、新作の比重ってどのくらいなのだろう。
新作を1回やるだけでは、その後の存在継続力を得ることはできない。
それを叶えるには、例えば演劇なら「再演になりました」ってこととか。

このトシになって、ようやく心からクラシックに興味を持つようになったが、気づけばそれらは当然のように古典ばかり。
古典さえたいして知らないのだから、たくさん聴かなくてはいけないが、では現代作品を積極的に聴くことがあるか?と自問する。
答えはAlmost Noだ。

例えば、大好きなジャズのECMレーベル。
Facebookでも頻繁に新作の宣伝を目にする。
が、自分がそれを追う気持ちは以前と比べてどうか?

世界は、ものを作ることをまったく放棄などしていない!
しかし、その舞台や市場は矮小化しているかもしれない。
貪欲なほうだと思う自分でさえ、興味はそうなのだから。

それだけは手放してはいけない。
そんな数か月の制作だった。

しゃべるのは楽器!


映像つき予告編


有料配信窓口↓
アレイアミュージックショップ




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ