| 投稿者: Maysico

アレイアミュージックオフィシャルサイト内の
イベントページに掲載しています。
アレイアミュージックオフィシャルサイト
https://areiamusic.com/



2021/9/18 | 投稿者: Maysico


やっぱりなかなか簡単にそうはさせてくれない様相になってきた。
大リーグのホームラン王争いは、ここにきて他のライバル達が大谷選手に並び、ついに突き放そうとさえしている。
まさに終盤。
アメリカの大リーガーの底力はとてつもない。

まだまだわからない。
大谷選手は新世代の若者であり、今はたまたまのスランプに過ぎないかもしれないが、そうではないのかもしれない。

『太平洋戦争 最後の証言』というシリーズ3巻をまもなく読破する。
毎度ながら、戦争における日本軍の無謀な計画、朝令暮改、精神論等々の一方で、全てがそうでなかったこともわかる。
何よりも、当時の戦争という形態においては、工業力、生産性に加え、物資の補給力という意味で、とうていアメリカにはかなわなかった。かなうわけもなかった。
だからこそ長期戦において、尻上がりに力の差を見せつけることになったのだ。
山本五十六の『半年くらいなら暴れてみせましょう』の言葉は、ある意味日本というものの特性を言い表しているのかもしれない。

大リーグというのは、その試合数の多さにおいても大変な長期戦だ。
ライバルに優勢に立たれても、自らを立て直すことができる時間もたっぷりある。
後塵を拝していた輩がジリジリと追いつき、気が付いたら横に並び、最後に追い抜いていくということも可能でもある。
もちろんそれには時間という資力だけでなく、そこに登場する人物たちの努力と実力があればこそ。

それにしても、海外の人たちの後半に見せる底力というものは何なのだろう。
グローバル化の時代、あらゆる分野で日本人がトップに立つことも珍しくなくなった。
ナニナニ人だから、という言い方は適切ではないだろう。
それでも尻上がりに調子をあげ、最後に目標を達成できるという気質というか、民族のDNAというか。
そういうものは、生まれ持ってだけのものではないはず。
子供の頃からの育ち方、見ているもの、感性の育み。
比較するなら、そこには差というものがあるのかもしれない。

しかし、その差を単純に埋めることが最優先事項なのか?
それも疑問にも思う。
民族にはそれぞれの特性がある。その国ならではの良さもたくさんある。
足りないところを埋める努力は必須だが、だからといってスタンダードに目標を定めることがいいことなのか?
その国らしさを大事にすることも忘れてはいけないのではないか。

話は飛躍してしまったが、大谷選手頑張れ!
どんな結果になってもこんなに実りある一年はないだろう。
あなたはまだ若い。
経験を生かして長い人生を尻上がりのチカラで生きてほしい!

タグ: 大谷翔平

2021/9/15 | 投稿者: Maysico


コロナウイルスが一時的に勢いを弱めているらしい。
教室もたとえ小さなライブでも、自分が主宰、主催である生き方をしているから、精神的ピリピリ感も2年近く。
幸い、今日まで無事に過ごしてきたのは、まさに神の御加護。
一方で今月無事に生き延びれるか!の即物面の心労は(笑)言わずもがな。
常に緊張状態で過ごしてきたかもしれない。
3秒で寝て目覚めたら朝、の爆睡睡眠だった自分が、1,2時間おきに目が覚める睡眠しかできなくなった。
でもワクチンも早めに打て、何とか元気な50代後半を過ごしている。

昨日はねんきん定期便というものがきた。
厚生年金というものがないので、国民年金だけではどう考えても暮らしていけない!
こういう正確な状況把握は大事だが、わかっていても今このときはがっかりするだけ。(笑)

予想していた期間よりずっとずっと長くなったコロナ禍。
次は第六波だそうだ。
あといくつあるのだろう。

とにかく少なくとも年内は、ジタバタせず粛々と。
来春には少し希望の光がさすだろう。
そうしたら、また一から出直し。
来年2月には26周年を迎える教室も、一から出直し!


2021/9/12 | 投稿者: Maysico


教室のある町の某カフェが閉店したことを知った。
コロナ禍の少し前にオープンしたから、約2年。
イマドキのスタイルを取り入れたお店だった。
あの町は家賃も高いだろうし、早々にコロナ禍となりいつ収束するかわからない日々。
辛かっただろう。
一方でもしかしたら実験的に出店し、結果を観て撤退したのかもしれない。
が、おそらく後者ではないだろう。
なぜなら隣駅と違い、カフェの少ないエリアだから。

とかく、精神論を貫き通すことで失敗を繰り返してきた日本。
シミュレーションと実情を鑑みながら、深傷にならない前の勇気ある撤退は大事なことだとは思う。

そもそも仕事とはいったい何だろう?
ひとときの安らぎ、一杯のコーヒー、一皿の食べ物。
『ああ、美味しい。』
それは、供する側の生き方や仕事愛に他ならない。
執念みたいなものも。それは精神論かもしれないが。
運もある。戦略もある。
どれだけ美味しいものを作っても、頑張っても、ダメなときもある。
それでも短命にならず、時間とともに自らが選んだその場所に。
『ここにいること』を続けられることの尊さ。

「閉店」の貼り紙を見ながら、思いを巡らせたレッスンの日。


2021/9/7 | 投稿者: Maysico


確か19か20歳の年末は、あまりの咳の激しさに、入院かもの状態だった。
あのとき、心配して夜中に電話してきてくれた、先輩サックス奏者のNさんの優しさは忘れない。
初めて仕事を紹介してもらったのも先輩だったが、あのときの温かさは忘れない。

その後30過ぎで、凄まじいアトピーと闘った。
自分の場合、アトピーが出るのは何と顔だけ。
まだ若かったから、顔は本当につらかった。
そして、そのときに研究熱心な姉のおかげで知ったことは、アトピーになるのは肺が弱いという要因もあることを知った。アトピーは完治が難しいが、私は漢方で気長に治し、ついに3年を過ぎる頃には何の薬も要らなくなった。
その後、肺が弱い管楽器奏者として、呼吸法も随分研究した。
以降、咳体質もすっかり治ってしまった。

あれから四半世紀。
50代も半ばになると、微妙に故障や修理が必要になる。
数日前から恒例の喉の腫れが出たため、かかりつけ医に行って抗生剤を服用するが、いつもと違って何だか様子がおかしい。
この時期なので、わずかな体調の変化もコロナに結びつけ、ピリピリと暮らしている。
熱はないし、喉が詰まるような感じはあるが咳は出ない。
そして週末にレッスンでサックスを吹いたら、結構な胸痛がする。
また病院に行くのが一番良いのだろうが、考えてみた。
思えば、先月からマスクをし時にフェイスシールドをして、一日中しゃべらなくてはいけないことが多くなった。
どうやらこのことで、酸欠やら、呼吸時に負荷がかかって肺をやられたようだ。
平気なひとにとってはなんでもないだろうが、私にとってはキャパオーバーだった。
そう、弱虫な私の肺、そして喉。

やられた肺はすぐには戻らないから、ゆっくりちょっとずつ戻すしかない。
横隔膜をほぐすのもいいと書いてあった。
今日は一日家での仕事。一日マスクをつけず。
すこーし改善したことから、やはりマスクの弊害が大きいらしい。
マスクはさらに通気性が良いものに変えたほうが良さそうだ。
何よりもう少し回復したら、佳き方法と時間を使って、再びロングトーンを再開しなくては。
来年も間違いなく、変わらずのマスク生活らしい。
早く健常な日々が戻りますように。

2021/9/7 | 投稿者: Maysico


光野桃さんのエッセイに、イタリア生活の作品がある。
北部と南部では暮らしぶりもかなり違うが、女性の就業率が高いイタリア。
それでも、各家庭で一年分のパスタソースを手作りするとか、日々の(主に昼食)食事のためにパスタを手打ちするとか。イタリア女性はとても働き者だそうだ。
さらに夕食の後片付けのたびに、オーブンの掃除をし磨きあげる徹底ぶり。
素晴らしい‼️
相変わらずほぼ毎日掃除機をかけ、拭き掃除をしないと気が済まない自分は、この様子に大いに共感する。
とはいえ、我が家の狭い台所。
数品のおかずを作ると、台所は大いに散らかる。
煮て、炒めて、焼いて、時に揚げて、蒸して。
傍らで、剥いて、切って。
あちこちから油、バター、しょうゆ、みりん、酒、砂糖、酢、ごま、だし、香辛料、味噌、、などを出したり戻したり。
鍋、フライパン、菜箸、計量スプーン、まな板、包丁、ボウル、ざる、おたま、しゃもじ、お皿、、
作りながら洗い物をしていても、散らかっていく。
料理中は、なかなか壮観だ。

揚げ物をすれば、レンジ周りや床、壁にも油が飛ぶのはもちろんのこと。
中でも、土鍋によるご飯炊きは、汚れてナンボ。
うまく炊き上げるには、『はじめちょろちょろ中パッパ。赤子泣いても蓋取るな。』
パッパの成功のバロメーターは、鍋から吹きこぼれるねばねばの量だ。
ハイテクの炊飯用土鍋をお持ちの方もいらっしゃるだろうが、我が家はマッハ素直な土鍋。
吹きこぼれ方が半端ない。
ガスレンジは、ねばねばの嵐。レンジ台も、レンジの周りの床や壁もよく見ると、毎回ねばねば飛沫😁が豪快に飛んでいる。
しかし、吹きこぼさないことには、決して美味しく炊けない。
汚れや掃除を嫌って、吹きこぼさないように火力や炊き方をケチると、ご飯はただ炊けているというだけ。
まるで食感が違うのだ。

諸事、手間の分良くなることは多いが、それだけならこの忙しい日々何も完成しない。
省力化を心がけたい一方で、やるだけやって、使うところは充分に使う。
結果散らかったら、心を決めて『すっかり』片付ける。
面倒は面倒だと思わなくなれば、日常になる。
やっぱり、楽器の練習と同じ。
何より、せっかくなら料理も良い出来で、美味しいほうがよい。

それにしても、家でもきちんとシャツを着て、日々オーブンの掃除に取り組むイタリア人はとても素敵。
豪快に使って作り、豪快に磨く。
素晴らしく、いいねっ!





AutoPage最新お知らせ