Information  ライブ

アレイアミュージックオフィシャルサイト内の
イベントページに掲載しています。
アレイアミュージックオフィシャルサイト
http://www.areiamusic.com/



2018/10/15

BLACK JAXX SHU-HA-RI Original recording  音楽

DJ DRAGONさんと武田真治さんのユニット、BLACK JAXXのニューアルバム、SHU-HA-RI。
私は、お二人とは親しいなんていう関係とはほど遠いですが、存じておりまして。
ということで、アルバムを聴かせていただきました。
自分もプロデュースやディレクションなんてことをやらせてもらっている端くれなので、アルバムを作り上げるということがどれだけの意味をもつか。
ものすごくわかるつもりです。
まずはリリース、おめでとうございます!!!

私は音楽においては興味がないというジャンルがほとんどないため、
自分とは違う音楽のスタイルでも、聴くのはワクワクします。

おふたりは長年メジャーの世界で活躍され、私が何か偉そうなコメントをすることは生意気以外のナニモノでもないですが、このアルバム、とってもとってもいいです。
音楽を単体でしか聴いてもらいにくくなったこの時代、アルバムという形式の選択は、作り手にとっても以前に増してアタマをひねる部分だと思います。
その点が、この作品はとってもグッドです。
そして、ここからは自分がサックス奏者だからこその感想です。
タテノリのダンスビートあり、ラテン風あり、ファンクあり。
それらが最終的にはサックス奏者によって仕上げられるものばかり。
当たり前ではありますが、ものすごくやり甲斐があるのではないでしょうか。
私もこのトラックで吹きたい!吹かせて、演らせて!って思う曲ばかり。
武田さんのサックス、さらにさらに進化して、素晴らしいです。
オンリーワンのスタイルを確立しつつあるのではないでしょうか。
聴けば武田さんだとすぐにわかります。
そして体も鍛え、あれだけのライブをこなし努力し続けている情熱が、音から伝わってきます。
これ、聴かないとわからないです。
武田さんはサックスを吹くことが好きで好きでしかたないのですね。
そしてDRAGONさんのプロデューサーとしての相方への心意気を感じます。
7曲目のAim Higherでは、キヨさんこと荒井寿彦さんが作詞をされています。
作詞家デビューおめでとうございます。
音楽が大好きな方、サックスが好きな方。是非聴いてみてください。
発売はAmazon等で。
BLACK JAXX SHU-HA-RI Original recording


クリックすると元のサイズで表示します


#BLACKJAXX
#DJDRAGON
#武田真治

タグ: BLACK 荒井寿彦

2018/10/12

よかよ。  

ふと閃いて、どうしてもあの回のスクリプトを読みたい。
あのとき、どんな曲を使ったのかも。
探していたら、自分の昔と遭遇した。
10年以上前、ネットラジオ局のジャズ番組のパーソナリティを務めていた。
そのときの番組のいくつかがアーカイブとして残され、今も聴ける。
かくして、探し物は見つかった。

私の人格形成に一番影響を与えてくれた人は、きっと血のつながらない曾祖母だと思う。
自身に子供がなく、(会ったことのない)曾祖父の後妻として60を越してからの結婚生活だったようだ。
100歳まで生きたが、どんな人生を送ってきたのか、実はあまり知らない。
語ろうともしなかった。
ひ孫である私と姉は、とにかく可愛がられた。
働いていた母に代わって、昼間はずっと曾祖母と暮らしていたといってもいい。
姉とは4つ齢が違い保育園にも行っていたから、私が曾祖母とふたりで過ごした時間は濃密だっただろう。
時は優しく、かつ残酷だ。
無償の愛を注いでくれた曾祖母に、私は時に生意気どころか、”それは言ってはダメ”の言葉を投げるようにもなった。
土曜日は、私が学校から帰ってくるまで、ひたすらお昼を食べずに待っている。
友だちと勝手に遊んで帰ってくると、まだ待っている。
”いい加減にしてよ、そんなに待たれるとこっちが参っちゃう”
あっ、いけない。言葉を放った次の瞬間、祖母はちょっと悲しそうにコタツから御櫃(おひつ)を取り出す。
ご飯を温めて待っていてくれるのだ。
気が付けばいつもそうだった。
すべてのことをそんな風にして迎えてくれた。
あまりにも自然で気づかないくらいに。
どうして、こんな酷いことを言ってしまうのだろう。
どうして、まずありがとうって言えなかったのだろう。

少し経って、 
”おばあちゃん、さっきはごめんね、せっかく待っててくれたのにごめんね”
そんなとき、還ってくる言葉は、
いつも優しい ”よかよ(いいよ、いいよ)”
ただその一言だけ。

私達が生まれて、幸せだった時期はあっただろう。
初めての子育てで張り切っていたかもしれない。
しかし、その分たくさんたくさん傷ついてきただろう。
それでもいつも明るく淡々と変わらなかった。
さまざまを静かに、心のどこかに置いておくのが上手な人だった。
よかよ、は曾祖母からもらった無形の永遠の宝物。

探し物は、まわりまわってそんなことらしき?ともいうのだろうか。
いつも空から曾祖母が見ていてくれる。



2018/10/9

生徒さんのおかげのロングトーン  

もう10数年以上、なんと茅ヶ崎から港区三田にある私の教室に通い続けてくれている生徒さんがいる。
仕事柄、週末休みではない。
業種柄、いったん勤務に就くと、24時間建物とそのエリアに缶詰みたいな生活だそうだが、この人から愚痴や文句といった言葉をきいたことがない。
連休というものもない彼にとって、貴重な休日の一日をレッスンに使う。
自分の境遇や人生について、不安や不平不満をきたことがない。
何かバンドに参加するとか、活動をしているということもない。
ただひたすら、サックスのレッスンに通い、練習を続けるだけ。
毎回レッスン開始時の、私からの一言「今日はどうしようか?」
答えは決まっている。「ロングトーンで!」
今日は、サックスの全音域2オクターブ半を1音あたり20〜30秒ずつ2往復。
それだけで30分以上。
その後の曲練習では驚くほど音ヌケがよく、本当に基礎練習はロングトーンに尽きる。効果は嘘をつかない。
いい音で吹けると、今日の天気のように晴れやかな気持ちになる。
帰宅後、ちょっと眠気が襲ってきた。(笑)
ありがとう。次回はお蕎麦食べに行こうね!!



2018/10/2

Louva-A-Deus カマキリ(神を称える)  音楽

ホントーは自分がやるわけではないのだが、
本当は自分がやりたいので、
本当にやる人とパーカッションタイムを楽しんでいる。
もう、上手いとか下手とかそんなことはどうでもよくて、ひたすら楽しんでいるだけ。
楽器は魔物。本当に本当に楽しい。
特にブラジル音楽が全てである自分にとって、ブラジル系のパーカッションはどうしようもなくヤバい。
なんだかんだ買ってしまったが、嬉しくてしかたない。
Milton NascimentoのLouva-A-Deusって曲がある。
Deusは神。Louvarは賞賛するの意味。
でも、ブラジルでLouva-A-Deusといえば、カマキリの意味だそうだ。
たまたま見つけた他人様のブログによると、
「カマキリの両手(両足?)を擦り合わせるような動作が、まるで神様を賞賛しているように見えるから、ということらしいのです。」

パーカッションのアンサンブルと、それにのって延々と続くシンプルなリフ。ハーモニー。人間の原始の姿の音楽なのではないか。
これが大好き。好きすぎて困る。
こんな音楽を聴くと、自分の魂はブラジルにあるのでは!という気がする。
行ったことはないし行かないまま一生を終えるかもしれない。
でもこういう音楽が好き!







2018/10/2

新聞からもらうエネルギー  いろいろ

18歳で上京してから今日まで、新聞だけはずっと取っている。
しかし、特にこの数年の日々の忙しさにかまけ、1面を眺め開いて斜め読み。
開きもしないで積んでいく。
週末それらをまとめてまた斜め読み。
こんな日々が果てしなく続いていた。
確かに忙しさは大きな原因ではあるが、活字離れの最大の原因は、スマホ、SNSに他ならない。
毎日毎日、飽きもせず一日中操作している。

一気に秋がやってきて、夏の疲れが出てきたのか、
帰宅してちょっと横になると、もう起き上がれないことも。
いつもものすごくたくさんのことを考え、
いつも落ち着かない。あれをやらなきゃ、これをやらなきゃ。
最大のプレッシャーは連絡事。これが凄まじい。
今日もこのまままた潰れるように寝てしまうのか、いやダメだ。
何としても新聞を読まなくては。
そう思い、日付が変わってから新聞を広げ始めた。
気がつけば、『私の履歴書』はバイオリニストの前橋汀子さんになっているし、
パ・リーグは西武が優勝。
台風の中、沖縄では玉城デニーさんが勝利した。
日曜版はオノヨーコさんの特集だったし、
池上彰さんの大岡山通信では若者たちへ、自らの道を拓いていくことの大事さを伝えていた。
社名を変更した今話題のZOZOの一面広告の流石さ、
農業から、自然から学ぶこと、達観の大切さ。
新聞は、膨大な情報を文章という形態で伝える。
これらは眺めていてもダメで、自らの意志で読むという行動が必須になる。
ためになること、心を動かされることもたくさんある一方で、
つまらない、ダメだと感じることもある。
興味があること、ないこと。自分とは意見が違うこともある。
読むということは、エネルギーを使うが、それによってどれだけのエネルギーを得られることだろう。
世の中のことを知ることは、なんと素晴らしいことだろう。
エネルギーの使い方を修正する意味を知った、今宵深夜。



タグ: 新聞



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ