元気に楽しく淡々と

2011/4/13 | 投稿者: Maysico

4/10日曜日、午前中から今回サポートをお願いしたリズム隊とたった一回のリハーサルを敢行、その後品川に移動しての午後の本番となった。
わずか1時間半、さくっとキメてくれるプロミュージシャンの方々にメンバーは驚いただろうし、本当に刺激と目標をもらったと思う。もちろん私も!

品川駅から直結のイーストワンタワーパブリックスペースでの演奏は、プロアマを問わずなかなかのツワモノが出演しているようで、私たちの後のユニットもスバラシかった。
(尺八とキーボード)
(まるで私たちが素晴らしかったと聞こえるね〜!!)
こういった場所での演奏の機会を与えていただいた方々にまずは心から感謝を述べたい。
ありがとうございました。

そして思ったこと。
持つべきはありがたい身内と、そして見知らぬお客さんの方々。
ライブというものは、付き合い、応援・・・いろいろな理由で席を埋めてくれるありがたい身内がいてこそ、
しかしそれだけではいつまでも井の中の蛙で広がらないよね。

小さな小さなことだったけれど、
大勢ホーンズとしても、もしかしたらひとりの吹き手としても、
最初は付き合いの身内(のみに近い)客席だったのが、
演奏が始まり1曲、2曲、人が増えていった初めての経験だった。
そしてほとんどの方は最後まで演奏を聴いてくださったはずだ。
楽しく笑いの絶えない、そして何よりいいサポートメンバーにも支えられ
全員持っている力を出し切ったとても良いライブだったと自負している。

よくここまで来たなと内心ちょっととっても嬉しかったりするけど、
まあ、まだまだこれから。

大きな声では言えないけれど、
小さな声では聴こえへん!
的に・・・

東北が日本が本当の意味で復興した日に、本当に音楽を聴いてもらえる世の中になるよう、
私たちも自分たちの音楽を淡々と続けていきたいと思う。

たった今もまた余震。
いったいいつまで続くのか。
上を向いて歩こう、もいいけれど、
もう、それぞれがそれぞれの思いを持って淡々と歩いていく時期にも来たと思う。
淡々は、無関心とは違う。
元気に楽しく淡々と。日々に感謝。

撮ってもらった写真、とてもいいショットでしょ。
こういう気持ちに囲まれて暮らしている以上のナニがありましょうかね、みんな。

クリックすると元のサイズで表示します





コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ