静けさ

2013/12/5 | 投稿者: Maysico

11/25〜12/1まで新丸の内ビルで行われたI.W.HARPERイベントでは、アレイアミュージックとしてのコーディネーターだけでなく、自らも演奏者として3日間演奏した。
今回、もともと管楽器奏者がマストでしかもソロ、デュオというミニマムセットで成立できること、そんなシビアな条件で演者さんを集めることになり、不謹慎な言い方だが、誰でもいいということとは正反対だった。
とても限定されるのだ。
そんな中で、管楽器奏者とは一匹狼が多く自由でフットワーク軽くてええのうと、皆さんにナミダものの感謝と感心を抱いたものだった。
そんな中で仕事は依頼したものの、これまでそんなに親しいわけではない人との演奏の機会があった。
親しくないのはいいとしても、普段はリズム隊とかキーボードとかギターとか、何かが鳴っている状況だからまだいいとしても、今回はスッピン同士がうまくやりましょうという感じ。

まあ、そんなことで最終日。
この日は1Fのカフェでの演奏だった。この日の相方も管楽器。
私が九州に行って不在の4日間は代理リーダー役としても大活躍してくれた人だ。
控室がなく居場所がないが、遠くにいく時間もない。
しかたなくふたりで何となくフロアの奥の商業施設(笑)に入り何となく歩いた。
Today's相方は、思いがけずレトロでセンス抜群の帽子屋さんでしばしあれこれ見入っている。
その後、オシャレな文具屋さんでもあれこれ、特に譜面を書くという共通項があるので、シャープペンやボールペンなどのコーナーで、芯の太さはこれだよね、などと言いながらしばしを過ごす。
そうしているうちに演奏時間になった。

ああこの人の本質は、とても静かな人なのだなと思った。
静けさが心地よい。
無口とかただおとなしいとかそういうことではないんだなあ。
演奏前、お茶をしたりおしゃべりしたりも親しくなるには良きことなのだけど、このわずか30分ほどがとてもよかった。
大丈夫!と思った。

このところ静けさというぜいたくに恵まれている気がする。
オトナが多いってこと、ね!
Thanks!




コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ