ひとり

2015/8/5 | 投稿者: Maysico

気が付けば、世の中はどこもかしこも統合、合併、提携ばかり。
純粋な意味での単独商店は、ほぼ皆無といってもいいくらい。
銀行なんて最たるもの。
三菱東京UFJなんてピーター、ポールアンドマリーに通じるネーミングだし。
自分を例にとってみる。
来年2月Areia Sax Councilは20周年を迎える。
小さな組織だしハナシのネタにもならないけれど、それでもこの歳月の中では「もうこれまでかなあ」「もうやめようかなあ」と何度も何度も思ってきた。
くじけそうになったし、どうしようもなくて天もたくさん仰いだ。
にも関わらず、いつもその苦しさから救ってもらったのは、他ならぬ生徒さんや教室関係の人たちだった。
今もそうであることに変わりない。
いつもいつも、誰かが助けてくれた。
未だに私はその助けにカタをつけきれていない。
大手の傘下に入ろうか、とも何度も思った。
実際そんな話をしたこともある。
でも、仕事において誰かと提携することだけはやめよう、ということを肝に銘じてきた。
音楽はアンサンブルであり、ハーモニーであり、チームワークでもあるわけだけど、そうあるためにも、艱難辛苦は何とか乗り越え、ひとりでやっていかなくてはいけないと思うのだ。
うまく書けないけどそうだと信じている。
たいしたことはできないけれど、自分にしかできないことが必ずあるはずだと思うから、その色だけは薄くしたくない。
それにしても、つくづく幸せな人生だと思う。ありがとう、しかない。




コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ