脱線!JAZZ VOCALってか  

急遽、Jazz Vocalistとしてデビューすることになりました!
ってのはどう考えてもギャグなのですが、なんだか急にそのジャンルに縁がもてそうな状況に。
あ、くれぐれも。人前で私が歌うわけではありません(笑)
明日来てくれる人のために、インストとしては何回やったかわからない曲をおさらいしています。
そして大事な事。英語の歌詞を読んでいます。
英詞の曲を歌うのは、何より英語の勉強になるし言葉とリズムのコーディネートを感じることもできます。
日本語と英語はやはり全然違いますからね。
ということで、ネットを検索していたら、Old and Newというタイトルで60曲。スタンダードの歌詞つきの譜面があるではないですか!
何曲知っているかな?めくりはじめたら止まらない。
一応全部知ってました。でもただ知っているだけっていうレベルに過ぎませんが。
俄然面白くなって、またいろいろ調べていたら、名曲Stella by starlightの
出処を知りました。

『星影のステラ』(ほしかげのステラ、原題:Stella by Starlight)は、ビクター・ヤングが、1944年の映画『呪いの家』(配給:パラマウント映画)のために作曲したジャズ・スタンダードである。

作曲家であるリックと、パメラのフィッツゼラルド兄妹は、イングランドにある空家の邸宅を気に入り、幽霊屋敷であることを理解したうえで購入する。二人は引っ越した晩から、相次ぐ怪奇現象に見舞われた。 その後、二人は、邸宅の前の持ち主であるビーチ中佐の孫娘ステラ・メレデスを晩餐に誘うが、事態は思いもよらない方向へと転がった。
主演はレイ・ミランド。
映画は1945年のアカデミー賞にモノミネートされ、ハリー・ジェイムス楽団の演奏が大ヒットした。

なんとホラー映画の中で使われた曲だったのです。
しかもこの映画、相当怖いそうで。
探したらありました。Trailerが。

映画ってジャズって本当に面白いですね。ではさよなら、さよなら、さよなら。









コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ