2018/3/29

読んでひろがる。今日知ったこと。Harry Roy & His Mayfair Hotel Orchestra  音楽

我が家から、市立図書館の分館まで徒歩1分。
図書館は素晴らしい場所。
自動ドアが開いた瞬間、独特の匂いと共に心躍る。
読み切れないものもあるが、硬軟取り混ぜて10冊近く借りる。
先週借りた本の一冊を通じて、今日はこのバンドの存在を知った。
Harry Roy & His Mayfair Hotel Orchestra

ダンスバンドをやっている者として、まだまだ、まだまだ全然勉強不足。
1930年代に活躍したイギリスのダンスオーケストラ。
このバンドには、映画音楽、イージーリスニング(この言い方キライ)分野で大活躍したアレンジャー、編曲家スタンリー・ブラックが在籍していたそうだ。
30年代ということもあって、パブリックドメインになっている曲も多く皮肉にも入手しやすい。
調べていくと、YouTubeでも50曲単位くらいで一気に聴ける。
平均2分ちょっとのナンバーばかり。
子供の頃トムとジェリーで親しんだようなまさにダンスサウンドだ。
Up nextとして、Tommy Dorsey関連も1時間以上の音源がある。
こりゃ大変だ。聴かなくちゃ。

忘備録として曲目を。
Tracklist:
Pennsylvania 65000
Sweet Little Sweetheart
The Continental
They Can't Black Out
The Moon Sand
In My Shoes
I'm Gonna Kiss Myself, Goodbye
Something Different
Isn't This A Lovely Day
Bugle Call Rag
Elmer's Tune
Tiger Rag
Why Don't You Fall In Love With Me
Someday Monday Always
Roll Along Covered Wagon
Nobody's Sweetheart
Be Careful It's My Heart
Tumbling Tumbleweeds
This Is The Army Mr Jones
Shake Down The Stars
Say It
La Cucaracha
Rosita
Pennsylvania Polka
Don't Get Around Much Any More
Pistol Packin' Mama
Hey Little Hen
What A Little Moonlight Can Do
That Lovely Weenend
You Are My Sunshine
Troublesome Trumpet
Struttin' In The Strand
The Tuscana
She Had To Go And Lose It At The Astor
Better Think Twice
Okay Toots




タグ: Harry Dance Stanley



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ