2020/12/2

誰にも頼まれてなくて、ただ好きでやってます。  音楽


12月になった。
アイデアが浮かんだらスマホに録音し、それをキーボードで弾いて確認して簡単な譜面にし、簡単なデモを作る。
この繰り返しを四六時中やっている。
働いていないように見えるけれど、(笑)それなりに働きつつ!!です!!
寝ても覚めても、ずっと音楽のことを考えている。
曲を作る人は、誰しも、もしかしてアイデアが出てこなかったらどうしよう!という恐怖を持っているだろう。
私もその端くれなのだが、恐怖よりとりあえず作らなくてはいけない状況なので頑張っている。
頑張っているといっても、誰に頼まれたわけでもないし、こんなことをやらなくても、世界中の誰一人困らない。
まさに勝手に好きでやっているだけ。
そのことに、協力してくれる人たちがたくさんいて、私はいつもどんなときも何とも幸せ者。
以下説明引用-----------
作っているものは、インストミュージカル。世界初‼️かも‼️
ストーリーは動画。セリフは楽器で吹くフレーズ、同時に字幕。
ただ言葉をフレーズに置きかえても飛び道具にしかならないから、フレーズのやりとりをつなげたらシーンごとに曲になり得る展開。
その動画を秒数を管理しながらBGM、シーンの展開、締めの音楽を生演奏で。
おおよそこういった感じです。
劇伴音楽のプロにとっては、この程度のことは当たり前でしょうが、私は初めて。だって誰に頼まれもしたことがないから(笑)
演奏する曲は数秒程度のものから、まるっと1曲モノまで50近いアイテムになりそうで、またセリフフレーズを入れたら、、あといくつでしょうか。全部自作編曲なのでこの数週間、一日中曲のことを考え、書き続けています。
ふっと思いつくことが多いのは、電車移動中。マスク越しに周りに聞こえないように小声でフレーズを反芻し続け、スマホに録音しています。
ライブ演奏ではありますが、演奏者はほぼ黒子。パフォーマンス姿は見えましぇーん。
その分音を聞いたら、『あ、これは○ちゃん?』『こっちはもしかして△ちゃん?』
小さなチャレンジですが、サウンドパフォーマンスです。
10数人のチームで実施、当日はライブ配信します。是非ご覧ください。
-------------------
ということで、シーンごとの演奏曲は7割くらいできたが、セリフをフレーズにし、1曲にまとめていく段階に入り、なかなかウホウホになってきた。
年内に作り上げるには、1日4曲ずつでもギリギリ。
誰に頼まれてもないのに(笑)
さて、次のフレーズ、行ってみよ〜!!




コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ