インストミュージカル燃えがら姫制作日記-4 曲作りに励む

2021/5/16 | 投稿者: Maysico


2021年5月5日より配信スタートした、
インストミュージカル 燃えがら姫 2021年3月21日初演版には、
最終的に42曲のオリジナル曲を配した。
訳あって1曲落としたが、収録は43曲。
うち2曲はフリー演奏だから、実質41曲。
作曲期間は、2020年11月と12月のおおよそふた月。作ったのは60曲ほど。
当初は、既成曲を自分でアレンジしたものも用意したが、結局は没にして、結果全曲オリジナルとなった。
自惚れは承知で敢えて書くと、既成曲を落とした理由は、必要がないから。
ただそれだけ。

全体は
●ストーリーボード(昔々あるところに、おじいさんとおばあさんが住んでいました 的な部分)
●その中にある登場人物の会話、独り言など
●さらに続くストーリーボード

これらで構成する『シーン』が43。
シーンごとに1曲ずつ曲を作ればいいのだな、とプランニングしたのは2020年10月末。
途方もない曲数の多さにたじろいだ。
誰にも頼まれてないことなのに(笑)果たしてできるのかと一瞬天を仰ぐ。

締め切りは2020年内。あとふた月で作らないと、来年3月21日のライブには絶対に間に合わない。
曲作りは創作なので、思いつかなければ予定通り進まない。
が、それでも予定通りやるしかない。
これは誰にも頼まれていないだけの仕事。
仕事なら書ける。
曲作りなら自分にはできるはず。
唯一の不安点は、しばらくまとまった曲作りをしてこなかったこと。

開始!
コロナ禍で毎日たくさんの時間だけがあった。
朝起きて、習慣の毎日掃除機かけ&拭き掃除の後は、9時頃からひたすらキーボードとコンピュータの前。
午前中に最初の1曲とデモ用のオケ、譜面の3点セットができるというペースで1日3曲。
作曲はともかく、あとふたつの作業付きが辛い。
これを1日3曲のペースで進める。
それでも日が足りないが、4曲目になると脳みそが火を噴く。
実際頭部だけやたら発熱という症状も出て、コロナに罹患したかと思ったことも。

1日の終わりには、スマホのボイスメモに明日作るシーンのアイデアを吹き込む。
メロディの断片、リズムのパターン、雰囲気とか。
ボイスメモの内容が良ければ、次の日の1曲目は必ず作れ、その後の2曲も行ける。
そう、曲を書くことが予定通り実現できたのは、寝る前の執念のボイスメモの力かもしれない。

Facebookで公開したが、私は曲をコードパターンでは作ることはあまりない。
とりわけ、今回は既にセリフというものがある。
歌の歌詞とも違うセリフ。
これをうまくサイコーの(笑)メロディに載せなきゃならない。
鼻唄と、唯一弾けるコード楽器である下手なキーボード相手に、最初のセリフにメロディを載せる。
曲の調さえ知ったこっちゃないし、コードも適当。

一番最初のセリフは、シーン1の

『今度お母様が、いらっしゃることになったよ』
こーんど
おかあさまが
いらっしゃることに
なったよ

開始10分くらいでこの一節ができた。
それに対して

シンデレラ
『まあ嬉しい!お父様ありがとう』
まあうーれしーぃ
おとうさま
ありがとう
ありがとう
ありがとう
(ありがとうは3回。これが音楽!)

できた‼

あとはその後のストーリーボード
『シンデレラは嬉しくて、お父様に抱きつきました』が
映像に流れている時間はだいたい8小節。
イントロは8小節。

テンポはミディアムの8ビート。
ウッドベースのアルコを配したらいいだろう。

1,2分の小品が多かったからできたとも言うが、後半に向かうほどセリフは増え、簡単でないことはすぐにわかった。
しかしこの日々はひたすら楽しかった。
何もない砂漠に、ゼロから何かを作っていくこと。
しかも、おおよそ頭に浮かんだものが形になっていく喜びはこの上ない。
この世にこんなに楽しいことが他にあるだろうか?
ない!

リンクは、魔女のおばあさんのセリフにメロディをつけているところ。

セリフメロディ模索中(燃えがら姫 )


燃えがら姫 Cinder Princess(Trailer)


有料配信窓口↓
アレイアミュージックショップ





コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ