インストミュージカル燃えがら姫制作日記-6 配役、事前録音と思いついた演奏形態

2021/5/21 | 投稿者: Maysico


誰もが知っている童話、シンデレラの物語をベースに制作した本作。
登場する人物は、皆さんがご存じの通り...だが、
原作には”具体的に”は登場しない設定もした結果、、

燃えがら姫(シンデレラ)
お父さま
お母さま(実母)
継母
義姉-1
義姉-2
魔女のお婆さん

王子様
家来-1
家来-2


合計10人。
彼らがセリフをしゃべるのだ。
ついでに、”ざわめき”という瞬間役?もあったっけ。(笑)

つまり、10役の配役が必要で、しゃべるのは楽器! というわけだ。

サックス教室を縁とした制作でもあり、まず初演の役は管楽器でいくことにした。

さて、ブログタイトルにある事前録音とは何か。

映像内の字幕とセリフと演奏を同期させるには、テンポが決まっている必要がある。
どうしよう?

考えた末、あらかじめ各映像分数にあわせ、テンポクリックを活かした演奏デモ音源を作成。
それを使って、セリフにあたるメロディを事前に録音。
役柄にあわせて多少のエフェクト処理をした後、
方チャンネルのテンポクリックを
方チャンネルのメロディを映像に仕込む。
ライブでは、ドラマーにだけにテンポクリックを送り演奏する。
この方法を、音響担当のかっちゃんと練り上げた。
と言っても、私は言いっぱなしに近いのは推して知るべし。

そんなわけで、配役=事前録音ミッションとなった。

このチームは、ほぼアマチュアで活動しているメンバーが多い。
アマチュアだからどうのこうのはナンセンスだが、やはりレコーディング等の経験がない。
そういった経緯もあり、先の10役を5人で実施することにした。
コロナ禍で、飛沫防止カーテンのコックピット内。
限られた時間。
いつもに増して、楽器の鳴らし方、しゃべり方が必要だった演奏。
みんな本当に頑張りました。

本編見てくださ〜い。

しゃべるのは楽器!


さつきちゃん作予告編


有料配信窓口↓
アレイアミュージックショップ




コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ