ヤル気を連れてくるA4

2021/9/2 | 投稿者: Maysico


ペーパーレス&デジタルの時代だが、ペーパー愛はモアモアな日々。
この先も変わらないだろうことのひとつは、譜面媒体。
たぶん、、おそらく、、iPadにはしない。
譜面は譜面作成ソフトというものでデジタルで行うが、出力はA4の紙。

第5波という名前のコロナ禍。私も最大のカウンターパンチを喰らっている。
去年もオーマイゴッドだったが、今年はさらにオーマイスパゲティ。
しかーし。笑って落ち着いてこれからのことも考えてきた日々。
その日々のお供は、A4サイズの音楽教本、譜面、参考書や練習問題のあれこれ。
鉛筆、ラインマーカー、ノート。

勉強という行為は、実は大好き。
基本、好奇心旺盛の性分だし、何より計画力と持久力が素晴らしいので(笑)向いているかもしれない。
とはいえ、高校受験以来、何かに向かって猛烈に勉強をしたことは久しくなかったから、ゾーンに入るまではつらかった。
が、ゾーンに入れた今は日常となった。
楽器の練習も同じかもしれない。

ほんとうに、自分は計画力と持久力と実行力だけでできているのかも。
(自惚れにしかきこえないはずだが、自己分析にすぎない。)
しかし大事なことは、頑張ればいいというものではないこと。
その結果が成熟し、ひいてはやったことが世に出ることが望ましいこと。

そんな日々はまだまだ当分続くが、さっきふっと閃いた。
なぜ自分がiPadの譜面がニガテなのか。
iPadにおいては、A4が(自分にとっては)現実的でないから!!
高い!し何より重い。
ついでに、やっぱり液晶を通して紙面を見ることが脳みそにつながらない。
紙面サイズはA4。持ち歩くには大きいし重い。(同じやん...)
しかーし、
紙をめくって書いて書いて、線を引いて引いて引いてが、何より自分を高揚させ前進させることに気づいたのだ。
成果の前に、この気持ちの高揚、モチベーションを持ち続けることはとても大事なこと!
その環境の条件がA4なのだ。
A4万歳!!

タグ: A4サイズ



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ