ちから

2022/1/10 | 投稿者: Maysico


一昨年の2020年の秋から年末は、インストミュージカル1作目の制作真っ最中だった。
録音、練習、実演奏に際しては、メンバーに、音響、映像に関してもおふたりに。
とてもお世話になった。
そして昨年の実施を経て、また第2作を制作中。
作業に夢中で、2022年の年越しには気づかなかったくらい。
今日は、ボーカルガイド版という、主に演奏者への資料を兼ねてのかたちが完成した。
2作目は、日本の童話作家の静かな短編。
1作目は、アップダウンの多い物語だった(シンデレラをベースに脚色)から、作りやすくもあっただけに、違うチャレンジをしてみた。
盛り上がらない静かな物語。
最初の2,3曲までは順調にできたが、その後は難産の日々。いったん保留にして3か月ほど。
ようやく再開したのは11月だった。
不思議とその後はエンジンがかかり、15シーン(15曲)を書きあげ、音源を作り、インストで奏でるメロディラインを歌い、それにあった字幕つきの映像を作る作業までを終えることができた。

仕事としての作品づくりではない。
思いついてやっているだけ。
作ることでお金持ちになるとか(笑)何かいいことがあるわけではないだろう。
現実逃避と言ってしまえばそれまで。だが。
作曲は本当に楽しい。作ることはものすごく楽しい。
できないときもあるができてしまうから、向いているのだろう。
普通の作曲とは違い、インストミュージカルというかたちにおいては、ものがたりという素材を利用する。
それは言葉たち。
歌詞と違い、膨大な量の言葉たちをメロディ化していくのはなかなか難しい。
だが、インストミュージックというフィールだけにメロディラインはとても自由。コードとメロディ。縦横無尽的な。

この長きにわたるコロナ禍。私も人生最大の艱難辛苦と闘っているひとりだ。
神棚にも祈る。
つらいけれど、気づけば私にも神様から最大のちからを与えられたようだ。
自己満足かもしれないが、それでもいい。

映画の世界では、日本映画がハリウッドで評価されたようだ。
私も、世界の人々にきいてもらいたい!日々そう思っている。




コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ