F'Trackの日記

今後、旧「F'Trackの日記」内に表示された概要の、詳細記事と写真をここに表示します。

 
<本文>
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:F'Track
NOSUKEさん、まったくお気遣い無く。ただ私にはNOSUKEさんの求めるような情報はほとんど持っていないと思います。その事をお伝えしたかっただけです。

好きこそ物の上手なれ、とよく言いますが私に付いては? です。
どうぞ差し支えなければ、色々と教えてください。もちろん熱くなる事は大いに歓迎します。

BLIやPCMはDCC関連の老舗なのでしょうか?私はDCCを経験した事がありませんからその方面はまったくわかりません。毛嫌いをしているわけではなく単に未経験なだけです。

ところでサウンド搭載というのは大変魅力的ですね。私もGゲージなら音が出る物を沢山持っていますが、一度その道にはまるともう二度と抜け出せないようです。
気長にその方面の事も教えてくださいませんか。

>再生産されることを期待したいですね。再生産はかなり利益を生みやすいですし、私ももう少し増やしたいので・・・。

私もまったく同感です。


http://www.geocities.jp/yaya_ftrack/
投稿者:NOSUKE
F'Trackさん、ついつい熱くなくなりがちですが、F-Unitが大好きで手元におもちゃとして残しておきたい、同じお気楽モデラーです。
ただし、たまにちょっとだけやんちゃをしてしまいます。
レイアウトが無いので、本棚に並べちゃうのがよくないかもしれませんね。(この辺は典型的な日本のモデラーかな・・・)
また、本物をまだ見たことがありませんので、却って余計にいろんなことを調べすぎて頭でっかちになるのも要因かもしれません。
私の場合、しばらくアメリカ型模型から遠ざかっていて、音から復帰してF-Unitに再会したので、BLIやPCMの方を先に知り、後からGenesisを知りました。
復帰までは、Athearnの青い箱か韓国製のブラス(あとは昔の天*堂)しかないと思い込んでいましたが、プラ製のすごいやつがあちこちから出ていてびっくりでした。
音が出ると、細かなディティールなんてどうでもよくなるんですが・・・、仕事柄も手伝ってか、ついつい悪い虫が動き出してしまいます。
日本型の製品の場合、レイアウトを走らせるより、飾ることが多いために、製品を作るときにディティ-ル用の膨大な資料が必要になっちゃうんです・・・。
ついつい癖が出て、Fの方も資料を集めすぎかもしれません。

Highlinersのキットそういう経緯があったんですね。
B-Unitを出した後いろいろ憶測が飛び交っていたことをどこかの記事で読んだような気がします。
キットをみると金型にかなりのこだわりが見えますので、かなりの腕の持ち主とは思いますが、さすがにあそこまでこだわって作るとかなりのお金と時間がかかりますからね。
私も同じ側に立ってみて良くわかりますが、この業界は本当にお金の廻りが遅いんですよね。こだわると余計に遅くなる。
ぜひとも、再生産されることを期待したいですね。再生産はかなり利益を生みやすいですし、私ももう少し増やしたいので・・・。

ではでは

http://nosuke.way-nifty.com/
投稿者:F'Track
> GenesisのShellはハイライナーのShellを使用していますね。

やはりそうだったのですか。私もその事は聞いていましたが半信半疑でした。私の持っている情報では、金型製作者の名前は今覚えていませんが、ガレージキットに毛の生えたようなメーカがB−Unitの金型を起こしました。ちょうどNOSUKEさんのように、かなりFに打ち込んだ方だったそうです。さてA−Unitの金型に取り掛かろうとする時点で資金が底をついてしまいました。そのような訳でこのA-Unit製作の話がアザーン ジェニシスへ持ち込まれました。
結果は現在ご覧の通りで、そこからの資金が得られたのですが、条件として完成品販売はジェニシスのみ、キット販売の権利だけを彼は残しました。
何処までが本当の話かはわかりませんが、さも在りなむといった所でしょうか。

飢餓は優れた製品を生み出すと思います。あのハイライナーのキットもすべてこれで由と言う訳には行きませんが、現在の思い入れの可能な限りがつぎ込まれていると思っています。

ところで、今回のコメントありがとうございました。内容を読ませていただいて、私には到底太刀打ちのできない知識レベルである事がわかりました。第一私はBLIのF7の製品すら知りません。私はそのようなレベルです。
何処で書いたか忘れてしまいましたが、私がFにぞっこんはまった過程を書いた事がありますが、それを読んでいただければわかるように、最初は1冊の絵本から始まり、天賞堂のFシリーズにほれ込み、あとはどのような遍歴をたどったか忘れてしまうくらいの迷い道をしましたが、皆おもちゃから得た知識のレベルです。
実は今回初めてサクラメントの鉄道博物館でFの実物を見ました。そしてまたまたFに対する思いが再燃したという事情です。皆さん方はインターネットを始めとした大変優れた情報を沢山お持ちですが、私の場合はおもちゃの中にその憧れを閉じ込めているレベルなのです。

今後共楽しいお話を沢山聞かせていただきたいのですが、どうかお手柔らかにお願いいたします。

私はFに出会った数だけはこなしてきたつもりですが、それに向けた憧れの知識しか持ち合わせていません。



http://www.geocities.jp/yaya_ftrack/
投稿者:NOSUKE
F'Trackさん、こん**は。
私もAthearn GenesisのF3を所有しています。
16シリーズの後期の32LABC(メッキサイド)です。
デフォルトのMRCのサウンド付デコーダーが個人的に嫌いなため、Loksoundを後付予定ですのでサウンドなしです。
F7も37シリーズが欲しいのですが、BLIのを入手してしまった後でしたので、とりあえず我慢しています。
(今LABCで揃うのは48ですよね、個人的には連結面のツバ付が好きですので・・・)
さて、このGenesisのShellはハイライナーのShellを使用していますね。
メッキをかけるためかかなり磨きをかけているようで、仕上げは残念ながらBLIよりはましですが、やはり量産品の限界かな・・・。
ちなみに、車体内側のMade in U.S.A.の刻印は焼きつぶされていました。
私の入手したやつはAthearnらしい?仕上がりで、前面のレタリングが大きくずれていたのことや、MUホースの蓋が張り付いていたので、ついつい、塗装をはがしちゃいました・・・。
54年〜57年あたりのSuper ChiefやEl Capitanを牽かせたいので、そうするとボンネットにはなにも無い・・・ようですので。
幸いにもメッキ車体のため、後付パーツは簡単にぺりぺりとはがれました。
あのステンレス磨きだしの部分が無ければ自分で1から作ったほうが早くてきれいに出来るのでしょうが、さすがに塗装で表現するにはハードルが高いですからね。
BLIのF7ですが、いいところはナンバーボードが点灯することぐらいでしょうか・・・。
ATSFの赤もおかしいですし、お顔の特徴であるヘッドライトが大型ではないこと、正面の黄色が小さいこと、サイドグリルが水平タイプが付いていること、Aユニットのウォーターハッチの位置がおかしく、Phase1earlyタイプなのに乗務員扉の上の水きり形状が、そしてなにより運転席の窓形状が・・・と結構不満なのですが、音と走りはまずまずです。
また、バーゲンで破格値で購入できているのでいいですが、定価だとすごいことになりますよね。
実は、こいつが気に入らなかったのでGenesisを購入しちゃっいました。
どちらもシンナープール行きとなりそうです。

http://nosuke.way-nifty.com/

カレンダー

2019年
← October →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ