F'Trackの日記

今後、旧「F'Trackの日記」内に表示された概要の、詳細記事と写真をここに表示します。

 
<本文>
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:F'Track
RAILTRUCKさん、ちっとも話題から脱線していませんよ。
私はFが好きでGゲージを始めたのかもしれません。LGBはほとんどおもちゃ状態ですが、その製品が持っている大きさによる存在感と、実在車のイメージを捕らえる設計感覚は一級だと感じていました。それゆえGゲージのFがかなり集まってしまいました。すると当然ですが、マルチサイズを一つのゲージに収めてしまったLGBに対する不満は高まるばかりでした。今までの鉄道模型メーカーの歩んだ道は、メーカー側から見れば至極当然の選択だと思っています。もちろんLGBの対応も気に入りませんがとても良くは理解できます。

私はGゲージのレイアウトを楽しんでいますから、特に製品ラインナップコンセプトが、ユニゲージ・マルチスケールの考えには苦労させられました。

今私にできる事は、現在の入手可能な模型メーカー、販売会社の中から自分のこだわりの範囲で 許せるぎりぎりの選択をするしかないと思っています。本来は自作や改造も含め本当に自分が納得できる環境を整える方向を目指すべきなのですが、私の実力と財力ではとうてい実現できそうもありません。

http://www.geocities.jp/yaya_ftrack/
投稿者:RAILTRUCK
まぁ、Gゲージのようなユニゲージ・マルチスケールでは、例えば3フィートゲージものとスタンダードゲージものを一緒に走らせようと思えば車両のサイズなど気にせずに割り切るしかないですね。
これに満足できぬならメーカーなんぞをアテにせずユニスケール・マルチゲージを採用するしかないでしょう。
GのFの話から脱線してすみません。
投稿者:F'Track
私もパチンコやPCゲームに代表される方面には昔からまったく興味がありませんでした。だから今のような状態になってしまったのだと思いますが、どこかでけりを付けないと何時も反省ばかりしています。
投稿者:NOSUKE
模型の縮尺って難しいですね。
特に既存のインフラ(レールやギヤシステム等)を使ってユニスケールって世界は過去なのものかな・・・。
確かに1/32にすればなんの問題も無かったのかもしれませんが・・・。でも、もともとLGBって縮尺はいろいろですよね。スイスのメーターゲージとドイツのナローでは縮尺が違っていたと思いますし・・・。
まあ、理由の如何はいろいろあるとは思いますが、ヨーロッパでもU.S.でも以前のように売れないようですね。
世界的に鉄道模型(いや模型全体)の売れ行きは以前に比べかなり減っているようですね。購買層の大半は世界的にみてももやはり30代後半以上が中心だそうです。やはり、ゲームの台頭はいかんともしがたいのでしょうか・・・。
あんなのやっても時間を無駄に浪費するだけで何の特にもならないんだけどなぁ〜。

http://blogs.yahoo.co.jp/trainfactory2006
投稿者:F'Track
> LGBのFが1/26位の一番の理由はメーターゲージの1/22.5の車両とのバランスを取るためではないですか?

私もあのスケールを採用した事情が上記の内容であったと聞いています。LGBもずいぶん余計な事へ考えをまわしたものだと思います。線路幅45mmならば最初から1/32の一番ゲージに揃えるべきでした。そうすれば現在のような混乱は起きず、LGBもつぶれなくて済んだかもしれません。LGB OA(LGB オブ アメリカ)の売り上げの全体に占める割合はそれなりだったのでしょから、結果は大きく違っていたと思っています。

http://www.geocities.jp/yaya_ftrack/
投稿者:RAILTRUCK
LGBのFが1/26位の一番の理由はメーターゲージの1/22.5の車両とのバランスを取るためではないですか?
同じ線路を走らす以上、少なくともFの方がメーターゲージの車両よりも小さくなるのは避けたかったでしょうから。

それにしてもF'Trackさんのコレクションとこだわりはスゴイですね。
あとSスケールが加われば、ZからGまで一揆通貫でロンというところですか。(笑)
投稿者:F'Track
NOSUKEさん、コメントありがとうございました。

私も当初は、その存在感に圧倒されました。東京駅構内にあるパッサージュという模型店でこのFの存在を始めて知り、その後現物も同じ場所で見る事ができました。ATSFのウォーボンネットを始めて箱から出した時、F A-Unitを真横から仰ぎ見る形となり、その時の印象が忘れられませんでした。あのLGB製(西ドイツ製)のモデルはFの雰囲気を大変うまくまとめてあると感じました。大まかにはこんなところでしたが、実際に手にしてみると、まずスケールが少し大ぶりにできており、Gゲージでアメリカ型は一般に1/29ですがこのFはたぶん1/26あたりを選んでいます。メーカーの姿勢として、大きい事はやはり大事だったのでしょう。
次に各ディテールで特に台車はおもちゃっぽく、かろうじて原形をとどめているといった雰囲気です。

手元でNOSUKEさんがご覧になったらとても耐えられるレベルではありません(おもちゃっぽい)。私も最初はたった一台で満足していたのですが、いつの間にかFの魅力に負けていました。あのメーカーのカタログ写真は大変よくできていましたから。・・・・・・・・

http://www.geocities.jp/yaya_ftrack/
投稿者:NOSUKE
Gスケールはすごい迫力でしょうね。
大きさからくる絶対的な存在感は何物にも変えがたいものがありますからね。
Gだとパッセンジャーもあるんですよね。
Santa Feもいいですが、Black Widowもたまりませんね。
私もGゲージに憧れますが、さすがにOゲージあたりの大きさが限界かな・・・。パッセンジャーにこだわらなければ機関車と貨車ををプラキットで・・・。
その前にHOを作らないと。
では

http://www.atsfrr.com/resources/funits/index.htm

カレンダー

2019年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ