F'Trackの日記

今後、旧「F'Trackの日記」内に表示された概要の、詳細記事と写真をここに表示します。

 
<本文>
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:F'Track
早合点をしてすみません。

>ペンシーの猫ヒゲ塗色を決めたのがローウィ氏、とは知ってますが、

その部分をATSFのシガーバンドと、私は勝手に解釈してしまいました。どうしてそのように読み取ってしまったか、後で読み返してみて自分でも解りません。(あれはGG1の物だったと思います)
多分ATSFの事が話題に上ったために、有頂天になってしまったのだと思います。
私もATSF関連のデザイナーの事をずうっと探していました。今だに解りませんが、あの会社は社内でデザインをとても大切にしていた事、現代にも通じるような大変合理的な考えをしていた事がわかっています。

ブルーグースというのでしょうか、水色の有名な流線型の蒸気機関車がただ一台存在しましたが、あれは旧車両を同線列車イメージアップの為に改造してみて その点検性の悪さに、たった一両で製造を打ち切ってしまったそうです。

http://www.geocities.jp/yaya_ftrack/
投稿者:鈴木
いえ、そうではないです。
レイモンドローイは多分サンタフェのデザインをしてないと思います。

私の書き方がまずかったかも知れません。
ペンシーのデザイナーのレイモンドローイは良く知られているが、
サンタフェのデザイナーが誰だか解らない、無名の人だったのだろうか?
と書いたのです。

http://6620.teacup.com/kotaroooo/bbs
投稿者:F'Track
鈴木さん、コメントありがとうございました。

サンタフェのヘッドロゴマーク、シガーバンドのデザイナーがレイモンドローイだった事は知りませんでした。私の知る限りでは、彼はペンシーのGG1や流線型SLを多くデザインしていた事くらいです。

私もこのウォーボンネット塗装は大好きです。
名前のように、インディアン酋長の戦闘帽をかたどった物で、先頭の赤い部分が酋長の赤ら顔、後ろの銀色の部分がウォーボンネット(戦闘帽)と言う事だそうです。私もそのデザインした人物はわかりません。もしかするとATSFの社内デザインかもしれません。

http://www.geocities.jp/yaya_ftrack/
投稿者:鈴木
しかしサンタフェのこの塗色は本当にいいですね。
ペンシーの猫ヒゲ塗色を決めたのがローウィ氏、とは知ってますが、
この赤銀色を決めたデザイナーの名前は知りません。傑作だと思うのですが。

http://6620.teacup.com/kotaroooo/bbs

カレンダー

2020年
← February →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ