F'Trackの日記

今後、旧「F'Trackの日記」内に表示された概要の、詳細記事と写真をここに表示します。

 
<本文>
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:F'Track
NOSUKEさん、早速のレスありがとうございました。

F'Trackサイトを以前からご覧になっていればお分かりと思いますが、私は皆様のように高度な情報や工作技術はまったく持ち合わせていません。
ただアメリカの鉄道が好きで、中でもF−Unitには子供の頃からずうっとあこがれていました。

私は模型以外にこの所 写真撮影が趣味になってきました。これは必要に迫られての事で、その画面上に記録を残したりして 単にニュアンスを楽しんでいるだけの初心者です。むしろ細かい事よりも、Fの存在していた時代を懐かしみ、ニュアンスを楽しんでいるだけです。

Fの模型だったら、ZゲージからGゲージ迄ほとんどのゲージ物を幅広く集めました。このことからも解るように、私の趣味レベルは広く、浅くです。まずその事をご理解くださり今後お付き合いをお願いします。

NOSUKEさんはホームページ又はブログはお持ちではないでしょうか。もしお持ちでしたらぜひともそのURLを教えてください。私の所はごらんの通りごちゃごちゃしていますが、F'Track宛のメールを下さる事も大歓迎です。アドレスはF'Trackトップページを下にスクロールすると封筒アイコンが出てきます。

http://www.geocities.jp/yaya_ftrack/
投稿者:NOSUKE
F'Trackさん(お言葉に甘えて・・・)、こちらこそよろしくお願いいたします。

私も、F-Unit好きの方とこうしてコミュニケーションが取れることをうれしく思います。
ネットでも"F"のページって以外に少ないですね・・・。
私もHighlinersの存在を知ったのは、ごく最近のことで、購入もここ1〜2ヶ月なんです。
F-Unitが我が家に増備され始めたのはここ3〜4ヶ月のことで、ブランクの分?一気に増殖しています。
子供の頃に見た模型や絵本で魅せられて以来、サラリーマン時代にちょっとかじりかけたのですが、独立を機に模型の大半を処分し、10年ほど模型から遠ざかっていました。
そのため、本格的に資料を集め始めたのは最近のことで、バリバリの初心者で、目から鱗の状態です。

ヤードのわきに1両ぽつんと・・・これはそそられますね。

これまで全盛期のF-Unitのイメージが強くありましたが、資料を集めだしてからは、末期のFにも惹かれ始めています。
これまでのアメリカ型の資料って、とれいん位しかありませんでしたので・・・。

私も、近々に組立過程を少しずつ始めててみたいと思っていますので、その節はよろしくお願いいたします。

http://nosuke.way-nifty.com/
投稿者:F'Track
NOSUKEさん、始めまして。まずF'Trackサイトではすべての方を「さん」付けで呼ばせていただいています。

ようこそ この場所に来てくださいました。F-Unitが大好な方とこうしてお話ができる事、心より嬉しく思います。この広いウエッブの世界でもそのような方になかなかめぐり合う事ができませんでした。

さてF-Unitに関し、なかなかの情報をお持ちのようで素晴らしく思います。私のレベルではHighlinersのキットの存在をやっと知った程度です。今回ローズビルの模型屋で、以前から心に温めていたこのパッケージをやっと見つけ持ち帰りました。そのような事情で、写真のように未だビニールの中袋さえ開けていません。実はその後に行ったサンノゼの模型屋でも、これと同じ物と、Bユニットを見つけました。喉から手が出るほどほしかったのですが、旅に出る前 何も自分の土産は買わないと心に決めていたので思いとどまりました。
今はこの1輌が私の宝です。

もしかするとこの一輌のパッケージの封を切り、たった1輌ヤードのわきにぽつんとたたずむ 朽ちたF-Unitを作ってしまうかもしれません。その時は又この場に発表させていただくかもしれませんので 再度遊びに来てくださる事を心よりお待ちいたします。
今後ともお付き合いのほどぜひよろしくお願いします。

http://www.geocities.jp/yaya_ftrack/
投稿者:NOSUKE
F'Track様はじめまして、NOSUKEと申します。
私もF-Unitが大好きで、いつもHPを拝見させていただいておりました。
Highlinersのキット・・・の見出しを見てついつい書き込みを、してしまいました。
しばらくアメリカ型をお休みしていたのですが、仕事でDCCの情報を集めているうちに、すっかりはまり、特にHighlinersの存在を知ってからは、あちこち探してやっと8両ほど見つけることができました。
キットを手にしてみて、U.S.らしさがにじみ出たこだわりのキットであることがわかり、すっかり魅了されています。
動力は、U.S.で評価の高いStewert製(Made in USA)の物を使ってみようと思っています。
別売りのサイドグリルですが、Walthersのページでは7/15以降に再販になるとのことですので、少しは入手が楽になるかもしれませんね。
では、またよろしくお願いいたします。

カレンダー

2019年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ