2009/1/30

定年ゴジラ  映画,読書

体調はいまいち・・。
体がだるく、声がでない・・。
しかし 今日と明日。
なんとかふんばれそうです。
がんばらなければ。。

クリックすると元のサイズで表示します

重松 清氏の「定年ゴジラ」を読みました。
短編の連作です。
重松氏が親父の世代を書きたかったという作品です。
ニュータウンが舞台で、定年後の生活が描かれています。
テーマは「家族」。
短編集ですが、物語がつながっていくので、長編のようなしっかりとした本です。
とても面白く、あっという間に読めました。

きっと これを読んだあとは父親に対して理解ができ、優しく接することができるような作品です。。

これも手元においておきたい作品です。


「鯨の鹿の子」
クリックすると元のサイズで表示します
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ