2011/11/26

ダブル ファンタジー  映画,読書

今日は昼から一年で一番つまらない講習会。
だけど、そのあとは河豚だ。。



ちょっと帯の文章がきついんだけれど・・・

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

村山由佳氏の「ダブル ファンタジー」を読みました。
この作品は第4回中央公論文芸賞、第22回柴田錬三郎賞、第16回島清恋愛文学賞の3賞を受賞しています。
女性作家による女性の官能小説。
自分の自由を追い求めるために、自分が傷つき苦しむ。
それを繰り返すことにより、相手を傷つけていることにも やっと気づく。
自由とは何と哀しいことか・・


解説の最後にジャン・ポール・サルトルの言葉が引用されています。
「人間は自由である。人間は自由そのものである。・・・・・
われわれは逃げ口上もなく孤独である。そのことを私は、人間は自由の刑に処せられていると表現したい。(伊吹武彦 訳)」


大人の本でした。


とらふぐ皮の湯引き

クリックすると元のサイズで表示します
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ