2008/7/17

重松清 「送り火」  映画,読書

最近 本を読む時間が無かったのですが、ようやく一冊読み終えました。
重松 清氏の「送り火」です。
9編の短編小説ですが、舞台はすべて鉄道の「富士見線」。
これらの小説の主人公は若い人から老人まで幅広い年齢層です。
描かれているのは それぞれの「人生」。
重松氏が私と年齢が近いので、どの作品も非常に共感を持てます。
何箇所か蛍光ペンで線を引きたくなりました。

文章も非常に丁寧で すごく素直に話に入れます。
この本もずっと手元に置いていたい一冊です。

クリックすると元のサイズで表示します
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ