2008/9/23

ララピポ  映画,読書

奥田英朗氏の「ララピポ」を読みました。
奥田氏は 伊良部先生シリーズの「空中ブランコ」や「イン・ザ・プール」や映画化された「サウス バウンド」の作者でもあります。
「空中ブランコ」・「イン・ザ・プール」は無茶苦茶な精神科医 伊良部先生のとんでもない話の連続ですが、読み終えると 小さなことでクヨクヨするのが馬鹿らしくなって元気になれます。
どちらかは直木賞作品です。
「サウス バウンド」は元 過激派の両親と子供の話で、これもおとぎ話のような馬鹿げた話でしたが、元気になれる本でした。

その奥田氏の しかも映画化される本ということで読んだ「ララピポ」。
舞台は風俗社会でした。
短編連作で構成は面白かったのですが、結局どうなのか よくわかりませんでした。
タイトルも途中にでてくるのですが、それも作品の中の どのような意味を持っているのかも読みきれませんでした。
内容が内容だけに、特に女性にはおすすめできないものでした。
奥田氏の伊良部先生シリーズは面白かったので、そのシリーズの「町長選挙」を買ってきています。
こちらは期待しているので、もうすぐ読みたいと思います。

クリックすると元のサイズで表示します
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ