果てしなき日々のつれづれ。

ゲームと、映画と、読書と、もろもろのヲタクな趣味と、果てしなく続く日常と。

 

    .

プロフィール

demi-lune(でみるーん)
好きなものについて好き放題語り散らすのが大好きです。主にゲーム、時々映画、たまにアニメや漫画や小説なんかも。ファミコンは小学生の頃に買ってもらった、ぐらいの世代です。

 【Twitter
 @dee_luneツィートまとめ
ゲームプレイの記録用アカウントと、そのつぶやきをまとめたブログ。おおむねゲームやってる時だけ動きます。どちらもネタバレ強。

 【本家サイト
 
ゲーム語りとか、黒猫語りとか、絵とか、いろいろ。

→メールはこちらから

お気に入り TB People






このサイトを登録する
by BlogPeople

Twitter(プレイ記録用)

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:demi-lune
>NKさま
はじめまして。熱のこもったコメント、ありがとうございます。
最終回についてですが、ワタクシはアニメ版と原作版、どちらもありかな? と思っております。
どちらもあり、というか、「どちらもそれぞれに物足りない」というのが、実は一番近いんですけれども(笑)

原作は、本当に容赦なく月が裁かれたことに作品としての潔さを感じたんですが、月や魅上(特に魅上!)が必要以上に醜い人間に成り下がってしまった感がありますし。
アニメはその点うまくフォローしていましたが、でもそれが逆に、原作が持っていた硬派な部分を削ぎ落としてしまったなぁという感があり…

そんなわけで、まあありがちな結論ではありますが、ワタクシは原作とアニメは互いを補完しあっているものとしてとらえております。両方があってひとつの作品になっている、という感じで。

私は月のファンでもなく、Lのファンでもなかったので、余計にそう思うのかもしれません。
まあ、強いて言うなら魅上スキーなので、アニメで見せてくれた潔さはちょっと嬉しかったりはしたのですが(笑)


いやはや、久しぶりのデスノートトークでした。
どうも、コメントありがとうございましたー。

http://www.geocities.jp/demi1373/
投稿者:NK
はじめましてNKと申します。そして、いきなり長文で失礼します。
私もデスノ好きです!リュークにつられてリンゴを食べたり、月のような冷たい笑みの練習をしたり、アニメの月とLに刺激されてヘアカラースプレー(大丈夫、シャンプーで落とせます)で髪を赤くしたり青くしたりしてしまうくらい・・・。

この回は最終回だけあってかなり過激でした。月もですが、魅上も表情が目茶苦茶ヤバイ事やバイ事。見て思わず顔を背けそうになりました(汗)。
ショックで座り込む松田、と思ったらやってくれましたね・・・。もし、この時松田と同じ立場に立たされていたらどうしていましたか?私ならやっぱり月を撃っていたか、もしくはショックのあまりに何もできなかったと思います。

そして、突然力なく立ち上がり逃げ出す月、魅上のおびただしい量の出血!原作とは違う展開に一瞬切なさを忘れ、思わず唖然としてしまいました。
死に場所を求めていたのでしょうか。傷口を押さえて歩く月が何とも痛々しかったですね。

原作とは違って月も魅上もいさぎよかった(?)ですね。
リュークも月に感謝しているのでしょうか。

このアニメの最終回賛否両論あるみたいですよ。Lファンに多い意見では「原作の通りにして欲しかった」とか、勿論「月がキレイな最期を迎えられたからいいんじゃない?」という意見もあります。また中には、「原作とアニメ、どちらもありかな?」とか「私はL派だけどさぁ、原作での月の最期はいくらなんでもあんまりだよ・・・。だからアニメの方がいい」と言うような事を言っている方もいます。
原作とアニメの最終回、どちらがいいと思いますか。私はどちらかと言うとアニメの方が好きですね。今回のアニメでますます月が好きになりそうです。

ところで、最期の最期にLが登場しましたね。あれは月が死ぬ間際に見た幻なのでしょうか、それとも、唯一の友だちである月を迎えに来たのでしょうか。
月は特にLを殺した事を後悔しているみたいですね(私としてはそう見えました)。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ