2005/6/15

梅雨入りする前に・・・  なんちゃって欧州鉄模
塗装は終えとかないとなぁ・・・思い立って一気にやりました。
こんな感じ。

クリックすると元のサイズで表示します
<塗装を終えたなんちゃってBLS客車>

ちなみに主塗色となったクリームと青はそれぞれGM鉄道スプレーの「クリーム1号」と「近鉄ダークブルー」で、これについてはいろいろと参考にさせていただいているSPECIALSTAGEこの記事に倣いました。
さて、ABtの顔がどうなったかが気になりますね、なりますよね、そうですよね、気になりますね、ご賛同いただけて嬉しいです。と、強引に読者を操作しておいて、実はこの程度です、どうぞ。

クリックすると元のサイズで表示します
<塗装を終えたなんちゃってABtの顔>

屋根上の謎の突起部(が実のところ何なのか、ご存知の方がおられたらご教示ください)については、すっかり部品を取り尽くしたTOMIX E231系(2003年レイコンの賞品)の屋根上クーラーの両端を切り取り、パテを詰めて再現。ま、異形感は十二分に出せたので、自分的には納得。
なんというか、拙者の腕前ではこのくらいが限界で御座る。元より、手のひらにのせてじっくり鑑賞するなんてことは想定していなくて、自慢(?)のスイス風レイアウトでAe4/4に牽かれてガーッと走るのを遠めに眺めれれば本望ですから、まぁ、これでいいんですよね、そうですよね、これでいいんです、ハイ。

足回りと組み合わせて、嬉しくなったのでレイアウトに並べてみました。
http://www.nodus.ne.jp/ghost/vrm-n/20050614.html

ちなみに誰かから突っ込みが入る前に自分で突っ込んどきますが、スイスの制御客車は普通パートナーとなる動力車が決まっているもので、この形状のABtとパートナーになるのはRBDe565(2等荷物合造動力車、日本でいうところのクモハニな感じ)であって、Ae4/4(現在では後継機のRe425)じゃないみたいです、ハイ。わかった上で確信犯的にやってますので、まー、そっとしといてください、切腹ッ!!
0

コメントを書く

この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ