2007/4/15

余部王選手権途中経過  電波ゆんゆん
おおいに盛り上がって(?)おります、VRM4第6号発売記念余部王選手権でありますが、その途中経過はここを見ると、わかりますね。

皮肉なことに、現在のところ最多ブックマークを獲得しているのは、最も余部鉄橋らしくない使い方をしている啓明氏のようです。いや、ご本人にとってはこういう取り上げ方が迷惑であろうことは百も承知なんですが。

*     *     *

今しばらく待って・・・う〜ん、4月いっぱいくらい?・・・余部王を勝手に登極させてしまおうと目論んでおるワケですが・・・え、一発ギャグじゃなかったのかって?・・・本日は余部王についてくる豪華特典を発表しておこうと思います。未参加の方も、挑戦したくなること間違い無し!みたいな。

特典その1:
「我こそは余部王である」と名乗ることが出来る!

う〜ん、格好いい!!

特典その2:
「恐れ多くも余部王であるぞ」と威張ることが出来る!

ははぁ〜 orz

特典その3:
一人称に「余は」を使うことが出来る!
(例:余は満足じゃ)

えぇ!そんなことが出来ちゃうんですか、いいんですか!?



ただし、余部王だけに「よは」ではなく、「あまるは」と、本人以外は読むんですけども。

豪華特典は以上です。








さぁ!(と、強引に気合を入れる)

余部王だけに、あまりに素晴らしい想像を絶する特典の数々。みなさん、益々やる気が出てきましたね?やる気が脳味噌から溢れて鼻から出てきそうですね!?え、耳からですか?

*     *     *

ボクは作りませんから、余部鉄橋。

余部王になんて、死んでもなりたくないので。
0

コメントを書く

この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ