BLSで妙な台車を見かけた件

2007/7/22 | 投稿者: ghost

まぁ、有り体に言えば、ボクの知識不足で何だかわからない、ってだけの話なんですけども。

クリックすると元のサイズで表示します
<牽引機はRe 485>

機関車は別に妙でもなんでもなくて、見た感じがスイスっぽくないのは、ドイツの185形電気機関車の輸入機だからですね。SBBだとRe 482と呼称するようです。

問題は、コイツに引っ張られていたヤツの方です。

クリックすると元のサイズで表示します
<ピギーバック貨車がズラーッと>

トラックをそのまんま載せた、いわゆるピギーバック輸送で、機関車次位のボロっちい客車は、おそらくはトラック運転手を収容するためのものと思われます。レチュベルク越えを列車に頼るんだったら、いっそのこと全部列車で運んじまえ、みたいな感じなんでしょうか。

で、この貨車の台車が?なんですが。

クリックすると元のサイズで表示します
<4軸ボギー台車>

ボクが無知なだけかも知れませんが(長物車のような大特貨車以外では)初めて見ました。しかも、トラックのタイヤとの比較でおわかりいただけるかと思いますが、やたらと車高が低く、かつ、車輪の径が小さいです。

手持ちの資料では、コイツが何者で、なんで4軸でやたら車輪径が小さいのかわかりませんでした。詳しいことをご存知の方がおられたら、ご教示いただけるとありがたいです。
3



2007/7/22  18:17

投稿者:ghost

それ、当たりっぽいですぜ。>車両限界

以下、http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%81%E3%83%A5%E3%83%99%E3%83%AB%E3%82%B0%E3%83%88%E3%83%B3%E3%83%8D%E3%83%AB の記述ですが・・・

> レッチベルクトンネルでは(中略)車両限界が狭いため貨物輸送に不利なことから、アルプス縦断鉄道の一環としてこのトンネルの下400mをレッチベルクベーストンネルが建設されている。

だそうで。なんか、すごく納得してしまいました。

しかし、よくこの写真でボルボだとベンツだのが判別できますね。流石は本職。

2007/7/22  17:23

投稿者:はやぶさ

もしかして・・・・呼んだ?
えっ?呼んでない???
いやいや、トレーラーがズラッと並んでるのは壮観ですね。しかもボルボ(赤いヤツ)とかベンツ(その後ろ)とかいかにもヨーロッパ!!
>で、この貨車の台車が?なんですが
うーん・・・僕の憶測だけで述べるのはちょっと違う気もするのですが、台車の車輪が異様に小さいのとシャーシが妙に低いですよね。
僕が思い当たるフシとしては多分車両限界の兼ね合いなんじゃないかと。トレーラーの車高って大体3.8Mなんですよ(これは万国共通です。勿論例外もありますが)。海上コンテナで4.2Mです(シャーシ含む)。なので貨車の高さも当然低くしないとトンネルを抜けれないと思うんですよね。日本でもかつてはピギーバックが流行った時期があってトラックの箱の屋根をわざわざ鉄道の車両限界に合わせて丸く蒲鉾上にしていたぐらいですから。その姿態たるや何とも間抜けでしたが(笑。
で、台車の車輪径に付いてですがこれもシャーシが超低床な為に敢えて小さくしてると思うんですよね。でも、通常の2軸ボギーでは軸重が大きくなるので支え切れなくて具合が悪いんでしょう。で、極力軸重を分散させるために4軸ボギーにしてみたってところかなぁ。でもマジで小さいですよね。見た感じバネとか入ってないみたいだし殆どダイレクトマウント状態ですね。これでは相当跳ねるでしょうね。制動装置とかどうなってるのか見てみたいなぁ。
僕のトラックも床が低い分通常の大型より軸数が多いでしょう?あれは軸重の兼ね合いでそうなっているのでおそらく鉄道も似たような理由があるんじゃないかな?
以上、「当たらずとも遠からじ」なコメントでした(笑。

以下予断。
ボルボは良いよぉ!!もうトラックの粋を越えたトラックです。写真に写ってる赤いやつ、グローブトロッターっていうクルマなんだけど国産とは雲泥の差です。最近日本でもよく見かけるよ。

コメントを書く

この記事にはコメントを投稿できません





AutoPage最新お知らせ