2007/8/19

モジュールレイアウト周回フライスルーカメラ  VRM4魔法書庫
そろそろ要るかな、と思って作ってみました。

[Download]

モジュールレイアウト周回カメラ(VRM4用スクロール)
モジュールレイアウト周回カメラデモ(要VRM4第2号)

どうぞ・・・と言っても何のこっちゃわからんでしょうから、効果を動画でご覧ください。


ご理解いただけましたでしょうか?

言うまでもなく、開発に当たって念頭にあったのはVRM4-comVignetteプロジェクトですが、中/小型のレイアウトを楽しむのにも好適かと思われます。

以下、余話。


その1。意味がわからない人はスルーしてください。

このスクロールでは、直線区間のカメラ速度(mm/s)とカメラと視点の距離=コーナーにおけるカメラ軌道のカーブ半径(mm)から、コーナーにおける角速度を算出しています。意図したところとしては、見た目のカメラの飛翔速度を直線区間とコーナーで揃えたかったのですが、元来数学の苦手なボクは、途中で頭がこんがらがってきて、結局適当な算出式で逃げてます。従って、カメラ速度やカメラ−視点距離の設定値によっては、コーナー通過時のカメラ速度が不自然になる可能性があります。

どなたか数学の得意な方。直線区間速度とカーブ半径から然るべき角速度(rad./s)を算出する式を教えてください。

その2。

デモレイアウトを作るにあたり、既にネット上に公開されているいくつかのVRM4-comVignetteを当たってみたのですが、デモへの採用を断念しました。理由は2つ。

第一には、何と言っても重かったこと。連結して楽しむことが前提だったのではないか、と思うのですが、モジュール単体での作品としての完成度を追求した結果、実運用に耐えないものになっているのではないか、と危惧します。ボクの環境で重いということは、大半のVRMユーザーの環境では悲劇的な状態なのではないかと。ちょっと、これはプロジェクトを進める上で懸念点のような気がします。

第二に、誰のモジュールに問題があるのか、面倒だったので追いかけていないのですが、VRM4-comVignette準拠を謳ったモジュール同士を連結したら、レールに段差があると言われてビュワーが起動できませんでした。これも、ちょっとプロジェクトの趣旨からすると致命傷です。プロジェクト参加者諸兄に注意喚起しておきます。問題解決には、ひょっとするとこちらの拙稿が参考になるかも知れませんし、ならないかも知れません。

もう1つ気づいた点としては、モジュールの連結面にレール以外のジョイントを有する部品が高密度に存在すると、レール以外の部品間に吸着が発生し、結果的にレールがつながらない、という現象が発生します。もちろん、何度かリトライを繰り返せばつながるのですが、この現象が発生するモジュールは必然的に部品密度の高い“重い”モジュールになりますから、利用者に接続に際しての過度な負担を強いることになりそうです。これも、プロジェクト参加者諸兄にはご賢察を賜りたく。

*     *     *

今回リリースしたスクロールはβ版です。「〜な機能も追加しやがれ」といったお話は、とりあえず聞くだけ聞きますのでお気軽にどうぞ。
0

2007/8/24  10:07

投稿者:ghost
コーナー通過時の角速度算出式を、45-50s氏、Zio氏からそれぞれ独立にご指摘いただいたものに改めた版をリリースしました。

http://www.nodus.ne.jp/ghost/vrm/download.html#vrm4

からどうぞ。

コメントを書く

この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ