VRMレイアウトを公開したことを周知するのは存外難しい

2007/9/4 | 投稿者: ghost

Tatsuo氏が、ボクの言いたかったことを平易に表現し直して下さったので、ログ流れに備えて保全引用。
誰かがレイアウトを公開した時のことですが、私はそのレイアウトが公開されたことが皆さんにうまく伝わっているのだろうかと考えたりします。

I.MAGICの会議室に公開したということを書き込んだりすれば別ですが、そうでないとその公開を知らないままでいたりすることがあります。

皆さんは そんなー レイアウトの公開なんてVRMユーザーであればブログを巡回してすぐに分かることじゃないか、 と言われるかもしれません。

でも人は千差万別ですから、VRMのユーザーだからといってVRM系のブログを、すべてを、毎日、見てる人ばかりではないのです。

私について言えば特定のブログ以外はそう頻繁には見ませんから、レイアウトが公開されていることを知らないでいることもあり、現に今回も代理公開の場で公開したレイアウトの存在に気が付かないでいました。

VRMへの想いあれこれ 9月1日付 より
※下線は引用者による
まさにコレ。コレこそがネットVRM界隈の、現時における克服すべき最大の課題なのですよ。で、この話をちょっと別の角度からもう少し。


Tatsuo氏は「I.MAGICの会議室に公開したということを書き込んだりすれば別」と書いておられますが、ボクはこれに異論があります。たしかに、会議室は、常識的に考えれば最も多くのVRMユーザーがアクセスするポイントであることは疑いようがありません。

が、そこを訪れる人の目的は、必ずしもダウンロード可能なレイアウト探しではないです。大抵の場合、会議室の訪問者は、誰かに教えてもらいたい問題を抱えているか、既に書き込んだ質問に回答があったか確認したいがために会議室にアクセスします。

意外に、人間の認知というのはいい加減なモノで、その時点で自分がフォーカスしている課題と関係がないものは、視界に入っていても認識されないことがしばしばあります。たとえば、何か意味を調べたい言葉があってYahooだとかgooを訪れたと思ってください。どちらも、トップページにはたくさんのニュースが掲載されています。が、それに関心が行くでしょうか。普通の人は、目下の問題である調べたい言葉で検索をかけて、それで終わりでしょう。

同様に、会議室に質問目的で訪れるユーザーは、自分が目下抱えている問題以外の話題に関しては、それが目に入っても悪意なく無視するものだ、と考えるのが妥当ではないか、とボクは思います。これについて、その人たちに「ちゃんと他の書き込みも読め」と求めることはナンセンス極まりない話です。なので、とりあえず会議室に何か書けばVRMユーザーに周知される、という発想は、実はあまり実効性がないんです。

では、どうすればいいか?

答えはその逆にあって、要するにVRMユーザーが「ダウンロード可能なレイアウトを探す目的で訪れる場所」を作ればいい、というだけの話。Tatsuo氏も「特定のブログ以外はそう頻繁には見ません」と書いておられますが、これも逆に言えば、大抵のVRMユーザーは1つか2つかは関心を持って継続的に読んでいるVRM系のWeb/blogがある、ということです。その1つに収まるべく、VRMレイアウトレビューサイトを作ればいい、ただそれだけの話なんです。ある一定数のレビューが集約されれば、確実に他のVRMユーザーの心を捉えることが出来ます。

以下余談になりますが、ボクの主張は「VRMレイアウトをネット上のどこか一箇所に集めろ、それ以外には置くな」ではない点に注意してください。

VRMの世界にはTRAINZのようなダウンロードセンターの文化がありません。これを不満に感じておいでの方もおられるようですが、ボクはむしろ、銘々のVRMユーザーが自分好みの、自分の適性と技術力に応じた表現/公開方法を選択できる文化がある、と好意的に捉えたいと思います。

その上で、ボクやTatsuo氏が欲するVRMレイアウトレビューサイトの役割は「面白そうなレイアウトがココにあるよ」と指し示すこと、ただ、それだけでいいんです。そして、それを義務感としてではなくて、それを続けること自体を楽しめる人、レビューサイトをやってるオレってばクール!!アクセスも増えてウハハ、と思える人に、是非やってもらいたいと思っておるワケです。

加えて、
レイアウトを公開する人を輩出し かつ育てていくという意味で、公開したレイアウトに関心を表しその作品に意見を述べてあげることは大切なことだと思います。

このWeblog(引用者註:VRMレイアウトレビューサイトのこと)は、公開されるレイアウトを網羅しレイアウトの存在を紹介するだけでなく、これらすべてのレイアウトに対してもコメントが行われるというものであり、この「評価をする」という意義はレイアウトの公開を発展させるということに繋がるものだとい私は思っています。

なおWeblogの管理者がレイアウトの評価コメントを述べるといっても、その方法としては必ずしも管理者だけが行うのでなく、多くの皆さんも意見を出して参加できるようにし、Weblog主催者の負担が少なくなるような方法も検討したらよいと思います。

同じく、VRMへの想いあれこれ 9月1日付 より
のTatsuo氏のお考えには、全面的に賛意を表明しておきたいと思います。こういう試みが、ちょっとパソコンを齧った人であれば誰にでも出来るんですから、良かれ悪かれ凄い時代になったモンです。

*     *     *

挑戦してみようと思うけれども、どこから手をつけて良いかわからない、という方がおられれば、個人的に連絡していただければ可能な限り立ち上げを支援しますので、お気軽にどうぞ。

まぁ、ボクに気軽に声をかける、ってコトの方がWeblogの立ち上げより難しいかも知れませんが。
0



コメントを書く

この記事にはコメントを投稿できません





AutoPage最新お知らせ