2007/11/29

車両基地のある都市 & 二両の気動車/仙コリ氏  霊魂補完計画

以下はI.MAGiCレイアウトコンテスト2007参加作品のレビューです。作品は結果発表のページからダウンロード可能です。

主催者による講評文中でも「鉄道模型のプランとしてボード上に構築できそうな作品」という表現があったが、そこで例に挙げられていたローカルプラン/junichi氏山麓温泉/十衛門氏と並んで、鉄道模型レイアウト風のコンセプトを採用しているのが仙コリ氏の手になるこの二作である。

クリックすると元のサイズで表示します
<車両基地のある都市 by 仙コリ氏>

クリックすると元のサイズで表示します
<二両の気動車 by 仙コリ氏>

好みの問題かも知れないが、とお断りしつつ。

VRMで設計したリアル鉄道模型レイアウト作りを何度となくやってきて実感しているのは、VRMで見栄え良く感じる設計は、鉄道模型レイアウトの実装としてはやや五月蝿い、という印象である。逆に言うと、鉄道模型レイアウトとして丁度良い感じの実装密度は、VRMレイアウトとしてはやや間延びを感じる。

この観点からすると、忠実に鉄道模型レイアウトの定石に沿った十衛門氏の作品に対し、仙コリ氏の作品はよりVRM寄りの手法で手がけられた作品であると言えるだろう。これは、両作ともに長遠景を意識した背景テクスチャが採用されていることにも現れていると思う。一方で、junichi氏の作品と比べると(junichi氏があまりに突出しているがゆえに)VRMであるがゆえのインパクトにやや欠ける、という感はある。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

前年のレイコン覇者である櫻隼氏も絶賛した博物館をはじめとして、仙コリ氏のVRMスキルは極めて高い。特に上にも示した「二両の気動車」の駅と駅前構造は、余人には容易に真似の出来ないセンスを感じた。

惜しむらくは、これを無理に鉄道模型レイアウト準拠の世界に押し込んでしまったがゆえに、その魅力を引き出しきれていないのではないか、という点である。ここが、結果的に鉄道模型レイアウトでも再現できそうなモノになったが、方向性としてはVRM表現の極北を目指して至ったjunichi氏の境地との、些細ではあるが、同時に決定的な断絶なのではないだろうか。

一方で、仙コリ氏の作品は、VRMのノウハウをリアル鉄道模型レイアウト作りにフィードバックする、という視点で見ると、レイアウトコンテストとは違った意味での示唆を含んでいるように思える。これについては、ボクのライフワーク(?)との関わりもあるので後日稿を改めよう。
0

2007/11/29  8:28

投稿者:ghost

コメントを書く

この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ