2007/12/13

レイアウトコンテスト2007総括(その3)  霊魂補完計画
どーでもいい話ですが、夕べの職場からの帰り道、初めてN700に乗りました。っつーか、その車中でこの原稿を書いていたりするワケですけども、なんか、室内灯の色がノーマル700系と違って黄色がかってて落ち着きません。

それはさておき。

主催者による講評中でも触れられていましたが、リアル鉄道模型レイアウトとして施工してもおかしくないコンセプトの作品が、VRM3/4を問わず多数寄せられたことも、今回のレイアウトコンテストの特徴と言えるでしょう。

思えば、そもそも商品名が「鉄道模型シミュレーター」であるにもかからわず、VRMは必ずしも名前通りの使われ方を(表立っては)してこなかった不遇(?)の製品です。とりあえず目の届く範囲でネットVRM界隈を見渡しても、リアル鉄道模型レイアウトの設計ツールとしてVRMを利用している方はごく僅かで、また、いたとしても“ネタ”的な扱いを受けていることがままあります。

昨日、I.MAGiC HOBBY WORLDのお知らせにも紹介されていましたが、成り行きで書いた拙新刊『鉄道模型シミュレーターレイアウト設計入門』が、去る10日に皆様お馴染みの工学社から出版されました。これとの絡みで一言申し上げよう、というのが本稿の趣旨です。

ああいう本を二冊も書いておいて言うのもアレゲですが、ボク自身は、リアル鉄道模型レイアウト風のVRMレイアウトがVRMの王道である、とは毛頭考えていません。VRMをリアル鉄道模型レイアウト設計に利用するのは、あくまでもVRMの使い方の一例に過ぎない(でありながら、広く鉄道ファンに対して訴求力のある例であるとは思いますが)のであって、VRMユーザーすべてがそのようなVRMレイアウト作りに挑戦しなければならない法はありません。

それでも敢えてネットVRMユーザー読者諸兄に訴えたいのは、腕に覚えのあるVRMユーザーは、是非ともリアル鉄道模型レイアウト風の、つまり、やろうと思えば物理的に施工することができるVRMレイアウト作りに挑戦し、さらにはその力作をネット上でスクリーンショットや動画を交えて公開していただきたい、ということです。

必ずしも、貴兄自身がリアル鉄道模型レイアウトの施工までをおこなう必要はありません。VRMレイアウトを何らかの形で然るべく公開すれば、ときにリアル鉄道模型レイアウトとして作ってしまう方が現れることは既にボクが証明済みで、『鉄道模型シミュレーターレイアウト設計入門』でも3つの事例を紹介しています。

が、ボクが皆さんにリアル鉄道模型風のVRMレイアウトをお奨めするのは、「誰かがそれを施工してくれるかも知れないから」ではありません。それはそれで面白いですが、あくまでもそれは嬉しい副産物です。

鉄道模型レイアウト作りにあっては、我々VRMユーザーはリアル鉄道模型のみ手がける方々に対して、一方的に有利な立場にあります。そのココロは、鉄道模型レイアウトは、そんなにいくつもポンポンと作るものではない(もちろん、例外はあるでしょうが、あくまでも例外です)ので、鉄道模型愛好家のレイアウト設計・施工経験というものは、個人単位で見るとたかが知れている、という点です。

これに対し、VRMユーザーは、時間の許す限り、原理上は無限のバリエーションの鉄道模型レイアウトを設計できます。極端な言い方をすれば、仮にVRMなんぞに引っかかった我々が、まっとうな鉄道模型愛好家に対して知性で50%劣っていた(苦笑)としても、数にして10倍のレイアウト設計を自ら試行錯誤して経験すれば、その設計センスにおいては、引き分けることはあっても決して負けることはないし、負けてはならない、という話です。

クリックすると元のサイズで表示します
<リアル鉄道模型風の秀作「山麓温泉/十衛門氏」より>

で、そういうモノをインターネット等の手段でバンバン世の中に公開しまくってですね、世の人をして「鉄道模型と言えば、NとHOとVRMだよね」と言われるまで持っていきましょう、というのがボクの意図です。VRM世界征服計画以上に無茶な話に聞こえるかとは思いますが、その世界征服計画も、日本全国四十七都道府県制覇は既に達成され、通算1,000作例も2008年中にはほぼ確実に手が届くのが見えています。どんな無茶な目標であっても、地道に日々積み重ねていけば、決して手が届かないことはないことを、ボクらは既に自ら経験しているんですね、実は。

そういう観点で今回のレイアウトコンテスト参加作品を見ると、部門賞作“ローカルプラン/junichi氏”は当然として、上掲の“山麓温泉/十衛門氏”“車両基地のある都市/仙コリ氏”などのVRMレイアウトは、一見リアル鉄道模型レイアウト風でありながら、VRMレイアウトとしてでなければなかなか思いつかないアイデアを多数含んでいるという点において、まさにボクが本稿で言わんとするところを先取りした作品であると言うことが出来ます。やや我田引水に過ぎる感もありますが、少なくともボクはそう信じています。

『鉄道模型シミュレーターレイアウト設計入門』の執筆意図もそこにあります。あれは、本屋の棚でリアル鉄道模型愛好家を釣り、その視線をVRM入道の読者諸兄たるネットVRMユーザーの活動へと誘導する目的で書かれました(アレを既に読んだ方は、これが極めて手の込んだ“ギャグ”であることに気付くことでしょう)。あとは、鉄道模型愛好家を驚かせるような作例を作って、とれたてVRMのホットエントリにでもしてしまえば、千客万来とまでは申しませんが、拙著を手にとってくださった方々の視線が皆さんに届くはずです。

なぜなら、VRMに関心を持った彼らの次なる関心は「これは著者・鷲尾宣明=ghostの極端な個性によるものなのか、それともVRMユーザーであれば大なり小なり共通して実現可能なものなのか=VRMユーザーになれば自分にも出来るのか?」に向かうはずだからです。VRMを鉄道模型界の一角を占める存在に押し上げるべく、それを証明して見せるのは、ボクももちろん努力を続けますが、本質的には皆さんの仕事です。大袈裟に言えば、皆さんのうちの誰かが、山崎喜陽先生、とまではいかなくとも、日本の鉄道模型、果ては鉄道趣味の世界にその名を残すチャンスなんです、これは。

そういう(いささかキチガイっぽい)観点に立ったとき、junichi氏の“ローカルプラン”をはじめとする、今回のレイアウトコンテストのリアル鉄道模型風の作品群は、たちまちに目に見える目標です。そういうワケで、かの作品群でもって応募された諸兄の“古くて新しい”先見性に改めて表敬するとともに、読者諸兄の中から「我こそは!」と名乗りを挙げる方が現れることを期待します。

っつーか、いつまでもボクが独りで暴れてたらつまらんでしょ、いろんな意味で?
0

コメントを書く

この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ