2008/2/27

双子ポイント  VRM4魔法書庫
たまには遍くVRM4ユーザー全員の役に立ちそうなスクロールを書いてみたいな、と思って作ってみました。本当に?

[Download] 双子ポイント

つらつら思うに、ほとんどのVRM4ユーザーは、ポイントの切り替えにスクリプトなんか使わずに、ビュワー画面のポイントマーカーをクリックして対応しているんじゃないか、と思うワケで。いや、実際にそれでも十分だし。

が、それでは不十分なシーンもあって、たとえば待避線であるとか渡り線のように、2つポイントの位が揃わないと編成が通過できないケースでは、これをマウス操作で切り替えるのは面倒臭かろう、と思ったワケです。で、面倒臭いものは自動化しちまえ、ってのが今回リリースする“双子ポイント”です。

組み込み方は簡単。「双子関係」にしたいポイント2つにレイアウト内でユニークな名前を付けた上で、SCRIPTウィザードの“線路”カテゴリから“双子ポイント”を選び、あとは2つのポイントを順に選択するだけ、以上、おわり(その他諸々は付属のreadme.txtを参照のこと)。で、以下のような感じの動作になります。

クリックすると元のサイズで表示します
<VRMビュワーのポイント切り替え画面で・・・>

クリックすると元のサイズで表示します
<双子の一方のポイントを切り替えると・・・>

クリックすると元のサイズで表示します
<もう一方のポイントも勝手に切り替わる>

クリックすると元のサイズで表示します
<逆もまた・・・>

クリックすると元のサイズで表示します
<然り>

とまぁ、これだけのことです。が、使ってみると意外に便利だと思います。例によって、片方を切り替えた際に、相方の双子ポイント上に編成が存在して切り替えられなかった場合も、編成の通過を待って切り替えが完結されます。

なお、オマケ機能として、自動トグルポイントのアドオン三種(連動ポイント/信号機/転轍機)を、双子ポイントのどちらにも組み込むことが出来ます。つまり、双子ポイントに連動して、さらに3つ目のポイントを連動させたり、信号機を切り替えたりも出来るってこと。

さらに、信号換呼編成/センサーを併用すれば、あなたがビュワーの画面でポイントを切り替えると、それが信号に反映され、編成がそれに従って自動運転される、なんてことも出来ちゃいます・・・あー、ハイハイ、誰もそこまでは要求してませんね、っつーか、そもそも双子ポイントスクロールすら別に要りませんか、そうですか。
0

2008/3/2  0:15

投稿者:〇〇な初心者
余りの早業に言葉もございません。

>ヤード奥のポイント切替に連動してパパパッと信号が遷移する様は中々壮観ですぞよ。

それは、是非公開の時に、サンプルムービを。ヤード好きの方々の心を掴み取ることでしょう。

公開の時を楽しみにしております。有難うございました。それでは、失礼いたします。

2008/3/1  23:36

投稿者:ghost
意外と簡単に出来ちゃった。もちろん、アドオン連動付き。ヤード奥のポイント切替に連動してパパパッと信号が遷移する様は中々壮観ですぞよ。>親子ポイント

readme.txtとか書くことの方が、実は毎回時間がかかっていたりしますので、公開はもう少しお待ちくださいまし。

2008/3/1  20:34

投稿者:〇〇な初心者
早速のご対応有難うございます。第一の点ですが、仰るとおりです。不用意に不適切な表現を用いました。失礼しました。

第二に関しましても承りました。ご都合の宜しい時で結構です。(私には実現の可否も判然としませんでしたし。)

他の案は、一旦置きまして操作の問題ですが、私も(ヤード等は特にポイントが密集しますし),a案-メニューの操作、b案-キー操作と思っておりました。(注3)

さて、c案ですが、こちらはセンサーも必要で(注4)、双子ポイントとも関連がないので折角のご興味を削ぐのではと思いつつ。要は留置車輌もとい予備編成を選択(アクティヴにする、でよろしいのでしょうか)した時点で経路を開通という事です。別段目新しい手法ではないと思われますが、ヤードに初期配置という点を活かして(ヤードに編成が在/不在を検知して)本線走行中に選択(キー操作を想定)しても意図しないポイント転位が防げる(注5)と思い(退避線配置の編成にも使えますね。)書き込ませていただきました。今回はこの辺りが適当でしょうか。一旦、失礼いたします。

以下、余談の注釈
(注3)デフォルトのスクロール・線路の「キー操作で転轍機標識〜」が腕木式のみならず色燈式信号機にも対応していた事を知らなかったのは私ぐらいでしょうか。
(注4)私も含め、ろくにセンサーも配置した事が無い、といった層がどの程度いることやら。そういった点からも「双子ポイント」は「新機軸」なのかと今頃気づく次第。
(注5)以前、遊ばせていただいた作品で、キー操作で編成を選択した時ポイントが転位するのを忘れていてうっかり走行中に意図せぬポイント転位を起こして衝突事故を引き起こした事があります。

2008/3/1  18:58

投稿者:ghost
第一に、双子ポイントが「ヤードに些か不向き」とのことですが、それは当たり前です、用途が違いますので。

第二に、ご提案の仮称“親子ポイント”をスクロール化するのは、難しくはないです。ただし、少し使い方が特殊なものになりますが。公開待ちのネタが他にあるので、早くても木曜日以降のリリースになると思っておいてください。

> 「留置車輌を楽して本線に入れる方法」には他の案もあります

にはとても興味があるので、気が向けば追って書き込んでおいてください。

以下、他の方の見解も伺いたいところですが、ヤードに対する経路の開通は、ビュワーメニューの操作を前提とするよりは、むしろ特定のキー操作と紐付ける方が直感的なのではないか、という気もします。

ボク自身がVRMレイアウトに(運転目的の)ヤードを作ることがないので、どうにも「どのような遊び方が一般的か」イメージが乏しいです。何か一家言ある方は、適当にコメントよろしくです。

2008/3/1  18:45

投稿者:〇〇な初心者
「双子ポイント」を試用していました折、「ヤードに些か不向きかな」と思いまして。と申しますのは、(VRMで)一般的なヤードの場合 本線進入点(注1)、各番線の合流点(多くの場合ヤード1番線のポイント)-仮に「親ポイント」とします。ヤード各番線への分岐点-こちらは「子ポイント」とします。といったポイント配置の様ですが、具体例で説明しますと2番線の編成出発時には「子ポイント」-2と「親ポイント」が連動して問題ありませんが、さて3番線、4番線と続く場合、どうしましょう(注2)、といったところで仮称「片連動ポイント」といったものを考えてみました。ご想像はつくと思われますが、先程の「親ポ(略)」「子ポ」で説明しますと、「親ポ」はこちらからは連動せず、複数の「子ポ」に対して連動する。「子ポ」は例えば[子ポ」aを選択後、「子ポ」bを選択すると、(「子ポ」aを定位に戻して)「親ポ」は反位のまま、「子ポ」b〜「親ポ」間の進路が構成される、といったところです。非常にわかり難い説明になってしまいましたが、取りあえず、この辺りで。
尚、「留置車輌を楽して本線に入れる方法」には他の案もありますので、宜しければそちらも後に述べさせていただければと思います。蛇足ながらポイントの区別用の仮称はより適切なものに差し替えていただければと。前置きと脚注も後ほど必要に応じてということで。それでは、失礼します。

※このコメントはVRMovies BBSからghostが移設したものです

2008/2/28  9:07

投稿者:ghost
ご明察。>ちーずぴざ殿

カントレールはいいんじゃないですか、ボクは単に喜んで使うだけで、別に意見なんてないです。っつーか、実物を見ずにゴニョゴニョ言ってもしかたがないですし。

ちなみに“メッセンジャーボーイ”と書いたのは字義通りの意味で、要するに「伝令を寄こせ」とボケたつもりでした、ペロタンください。

2008/2/28  2:37

投稿者:ちーずぴざ
普段、「おいらにゃスクリプトなんて必要ねぇだ」
的なアナログVRMユーザーも
「こりゃぁ便利かもしんねぇだ、いっちょ使ってみんべ」
というような「スクロール世界への誘い」の匂いがするのでございますねぇ。
それを狙っておられますか?

それより、カントレール出るらしいですねぇ。
ghost殿のご意見が気になります。
メッセンジャーボーイは知らないので
昔なつかしICQで送ります。

2008/2/27  23:38

投稿者:ghost
うーむ、それは一理あるかも。っつーか、大いにあるような。

少なくとも本人は(具現化するには)不明確な要望を明確にするためにいろいろと追加で質問のやりとりをしたことはあっても、

> 「詰めが甘い」と容赦ないツッコミを受けて再起不能

はしたことがない、と思っているのですが・・・嘘臭いですか、そうですか。

確かに、ボクは、自分の不勉強を棚上げして偉そうに他人(それはI.MAGiCだったり、他のVRMユーザーだったり、果ては世の中全般だったりいろいろですが)の成果物にケチをつける人に対しては容赦のない面があります。

なので、区別がつかない人から見れば、気軽に要望(厳密には、お願いして欲しい、のではなく、ボクに思いつかないスクロールで実現したいアイデアを“教えて欲しい”んですが)を出しにくいってのは、そうかも知れないです。

まぁ、既に未公開テスト中のものがいくつか溜まっているので、特にご要望がなくても、垂れ流しは続けます。下手な鉄砲数撃ちゃ当たる、みたいな。ことごとく外してるってのも、確率論的にどーよな気はしますが。

2008/2/27  22:36

投稿者:45-50s
> 誰もそこまでは要求してませんね

「こういうスクロールほしい」という意見を提案するにも、それなりに細かいところまで詰めてから提案しなければいけない(ことはないのですけど、そういう空気がネットVRM界隈にある)。
もし詰めが十分でないのにghostさんに提案すると「詰めが甘い」と容赦ないツッコミを受けて再起不能になるかもしれない。
逆にそれなりに詰められる程度にこの手の作業に向いている人は、スクロールを待つより、頭の中の過程をスクリプトエディタに書き起こしたほうが話が早い。

なので結局、ghostさんまでは、本当にスクロールを欲する人の要望や意見があまり届かないのではないか、とかいう気がしました。

コメントを書く

この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ