2008/8/12

ghost流塗り絵術  VRMナノ?
このところ何気に面白いので取り組んでいる“塗り絵系スクリーンショット”について、淡々とghost流手順を書いてみます。こうでもしておかないと、後日自分で今やっていることを忘れてしまいそうなので。

題材は昨日のコレ。使うのは、Windows付属の“ペイント”と、VRMユーザー御用達の感もあるフリーウェアJTrim、及び、大抵のOSプリインストールPCにはついているMicrosoft Office(という認識はちょっと古いですか?)のオートシェイプ機能です。言わんとすることは、特殊な道具(ソフトウェア)は、すくなくともボクがやる程度の塗り絵には必要ありません、というお話。

クリックすると元のサイズで表示します
<元絵/VRM3第4号所収52系電車を使用>

いきなり脱線しますけども、今回こだわったのは、車体色の塗替えよりは、むしろ、元ネタ写真の雰囲気に近づけるべく試みた「レール部品を敢えて埋めた上での枕木の敷設」です、と言ってみたかっただけ。


クリックすると元のサイズで表示します
<車両の部分を白抜きする>

“ペイント”で元絵の車両の部分を白(厳密には、設定されている背景色)で塗りつぶします。これは、最後に車体塗替えを終えた画像に上被せするために用意します。白抜きした部分を覗き窓にすることで、車両以外の部分は元絵そのままを維持しよう、という作戦です。とりあえず、これは適当な名前をつけて保存しておきます。

クリックすると元のサイズで表示します
<元絵をグレースケールに変換する>

再び元絵を、今度は“JTrim”で開き、〔グレースケール変換〕をおこないます。上掲画像は、更に〔明るさ/コントラスト〕をより車体色が白くなるように調整したものです。

ここで目指しているのは、類稀なるトレインバナー職人であられるmoko氏“ホワイトベースと呼んでいたこともある”と仰せであったものです。今般ボクがやっている手法は、このときにmoko氏が示してくれたやり方の(詳細は異なるけれども、考え方は共通している)応用になっています。

さて、素材となる車体の明るさが全体として均一であればこのまま次工程にいけるのですが、52系はクリーム色と紺のツートンで、この二色の明度があからさまに異なります。で、これを揃えるべく、もう一手間かけます。

クリックすると元のサイズで表示します
<元絵を、クリーム色の部分だけを残して白塗りする>

再び“ペイント”で、最初に背景を残したのと真逆のことをします。ここではクリーム色の部分を残していますが、逆に、紺の方でも構いません。ただ、一般的にはより明るい色の方を残した方が、合成したときに均一になりやすいとは思います。

再び“JTrim”の出番ですが、ここでは、元クリーム色部が、さきほど全体をグレースケール変換したときの紺色部と同じくらいの明るさになるように調整します。これを一旦保存し、“ペイント”で最初のグレースケールを開いた上に〔透明な背景オプション〕を設定してから〔ファイルから貼り付け〕で合成します。すると…

クリックすると元のサイズで表示します
<概ね、明るさの揃った“ホワイトベース”の出来上がり>

次に、Microsoft Office(ボクはPowerPointでやってますが、WordでもExcelでもいいです)に“ホワイトベース”を貼り付けて、この上にオートシェイプで彩色していきます。本作では赤い帯の部分です。

クリックすると元のサイズで表示します
<オートシェイプで彩色する>

このとき、オートシェイプの塗りつぶし設定を〔半透明〕にしておくのが味噌です。これで、元絵の明暗を反映したまま彩色することができます。“ホワイトベース”の明るさにもよりますが、彩色したい原色よりもやや暗めの色で塗っていくと良さげです。

あとは、ここに最初に作った車両の部分を白抜きにした元絵を、やはり“ペイント”を使って合成します。白抜きした部分から、Officeで色塗りした車体だけが覗き見えるので、

クリックすると元のサイズで表示します
<こんな風に仕上がる>

と言うお話。

実際には、最後の仕上げに、ヘッドライトの部分を背景の樹木のテクスチャを適当に切り貼りして消したりとか、その他の細かい部分を修正したりとか、窓部分を元絵から切り抜いて上重ねしていたりします。窓については、仕上がりからすると別にそんなことをしなくても気にならなかったかも知れません。

正直、おいちゃん氏十八番の“塗り絵”を拝見している折は、凄いなぁ、とは思いつつも、一方で「何が面白くてそんなことしてるんだろ?」な感がなきにしもあらずだったんですが、いざ自分でやってみると、こりゃ面白いです、理屈抜きで。いや、十分に理屈っぽいですか、そうですか。とにかく、自身の食わず嫌いの不明を恥じる次第です。
0

2008/8/13  20:23

投稿者:KSMaster
 レイヤー系の機能を使うときは、白黒のグラデーションで明暗がついた半透明のものを用意しておくと、塗装の塗り替えが楽ですね。影を意識して描かなくても、勝手に明暗がつきますから。

2008/8/12  13:59

投稿者:moko
3年くらい前、HDDが飛んでしまったときにバックアップし損ねた分の白ベースを、色を乗せた後の絵から復活できないかなと似た手法を試したことを思い出しました。
結局、描き直したんですけど(笑

それ以降は、白ベースは予め決めた色だけで描くようにしてます。

2008/8/12  13:55

投稿者:AKAGI
下から3番目が戦時中仕様みたいっすね。
うーん。なるほど。今度参考にさせて頂きます。

コメントを書く

この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ