2008/9/12

答:パンタグラフを移設した  VRMナノ?
コチラの解答編。

短編成化に伴い、0系、100系共に編成中のパンタグラフの位置が変更されています。100系K編成の場合、新大阪側先頭車となる122形が5000番台となってパンタグラフ付電動車となった一方、パンタグラフをオミットされた126形3200番番台が新大阪側から数えて3両目(4号車)に配されています。

クリックすると元のサイズで表示します
<加工前のスクリーンショット>

ご覧の通り、オリジナルのスクリーンショットでは先頭の122形3000番台にパンタグラフはありませんし、2両後ろの126形にはパンタグラフがあります。これを…


<塗り絵直前のスクリーンショット>

こんな感じに加工してから、塗り絵の工程へと進んだワケです。さて、どうやって、パンタグラフを生やしたり取ったりしたのか?


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
<種明かし>

要するに、同じ位置に別の車両のパンタグラフ付(または無)屋根が来るようにスクリーンショットを取得し、赤枠で示した部分を切り取って、最初に示したスクリーンショットの同じ場所に貼り付けただけ。

まぁ、種明かししてしまえばバカみたいな話なんですけども、電車の短編成化によるパンタグラフの移設は新幹線に限った話ではないので、加工してでも実車に近いスクリーンショットを作りたい、とおっしゃる方(いるのか、そんなヤツ?)は参考にしてください。

*     *     *

結果的に、塗装変更前のK編成の世界征服クリップになったような気がするので、座標情報をば。

世界征服座標情報:http://maps.google.co.jp/maps?hl=ja&ie=UTF8&t=h&ll=34.753505,135.440408&spn=0.002746,0.003422&z=18
0

2008/9/12  9:02

投稿者:t.niwa
なるほど、パンタまでは気づきませんでした。

コメントを書く

この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ