2008/9/30

2008年9月のまとめ  月刊まとめ
VRM ONLINE一色で推移するかと思いきや、ネットVRM界隈的には意外に冷静な反応だった2008年9月のまとめ。

●VRM入道的ネットVRM界隈今月のピックアップ

VRM2と3と4の車両の差 @ t.niwaの鉄道ブログ(とれいん・とれいん)

VRMの歴史を同形車両のディテールの変遷で見える化した良エントリ。不意に脳裏に「思えば遠くへ来たもんだ♪」とのフレーズが浮かんだ。

VRM oNLINE 不具合まとめ 9/19更新 @ うどん屋別館[VRM]

VRM ONLINEオープンβフェーズ1における、ユーザー側から見たトラブルの一覧をまとめたものとしては、もっとも網羅的かつ整理されたもの。結局、開発運営側からは(いい、悪いは別にして)これに相当するアウトプットがなかった。

「背景」で雨を降らすと、地下も降ってます。 @ VRM ONLINE Q&A掲示板

ネットVRM界隈における常識が、必ずしもVRM ONLINEユーザー予備軍に通じないであろうことを実感させられた“不具合”の報告。

ヤクーザ、襲来。 @ t.niwaの鉄道ブログ

ゴデンシャィロボの歴史にまた新たな1ページ。脈々と受け継がれ続けるネタの遺伝子というか。

●今月の注目ニュース

・VRM ONLINEオープンβフェーズ1開始
 関連:VRM ONLINE デバッグ情報 @ I.MAGIC Blog

この話題を振り返る上で難しいのは、前段でも少し触れたが、開発運営側の情報集積点が今のところ見当たらない点だと思う。そういうものがなければならない、とまでは思わない。

が、たとえば上リンク先はオープンβ開始直後の開発元からのアナウンスだが、文中の「ログイン時の共有メモリーの生成失敗が原因で接続できないケースです」の意図が、(1)サーバー側でクライアント毎に起動される通信プログラムが“共有しているメモリーの生成に失敗する”ことが原因でオープンβ参加者にご迷惑をかけております(2)ゆえに、ご迷惑をおかけしているのはクライアントプログラムを担当しているI.MAGICではなく、サーバープログラムを担当しているアシアルです、にあることに気づいた人が、ユーザー側にどれほどいただろうか?と思うと妙な心境になる。何人かのユーザーはOSの再インストールまで試みたのに(それはそれでアホな話だが)。

このエピソードに最も端的に象徴されているが、総じてオープンβフェーズ1は、開発運営側の意図の周知徹底不足、と、ユーザー側の致命的なまでの知識不足(これはどうしようもない話ではあるが)があいまって、何を目的として何が進んでいるのかさっぱりわからなかった。フェーズ2で、そのへんが改善されることに期待したい。

・VRM4第10号とホキ9500のご予約受け付け開始 @ IMAGIC Blog

そういう混乱(と思っている人がすべてではないのは承知しているが、敢えてこうしておこう)の中、来月にはVRM4最後のシステムパッケージとなるらしい第10号と、同じく最後の追加キットとなるであろうホッキホキがリリースされるようです。

ところで、イチ早く10号収録の車両・部品、ホッキホキで遊びたい、という人はまぁいいとして、VRM ONLINE正規サービス参加を既に決断している人にとって、これらのVRM4製品を購入するのと、VRM ONLINEのポイントを使ってActivateするのは、どっちが得なんでしょうか。これも、そうでないといけない、とは思いませんが、開発運営側が自主的に明らかにした方が誠意が感じられる疑問のように思います。

●自薦論考&ネタ

誤算に悲喜交々
VRM Onlineにはビギナーズブースターパックみたいなのが必要になるんじゃないかと
もとに戻す祭三度
VRM ONLINEが購入した車両・部品しかビュワーで見れない仕様のままでいくとは到底思えない

以上、何だかよくわからないままに終わった2008年9月のまとめでした。
0

コメントを書く

この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ