2005/8/15

箱組みしてみた  なんちゃって欧州鉄模
エイヤッ、とやってみた。
こんな感じ。

クリックすると元のサイズで表示します
<意外にいい感じ>

心配していた本体部と前面部の合いもほとんど問題なし。まぁ、まったくピッタリというワケではないのだが、そこはハンダ付けの強みで適当に埋めてしまう。いいんか、そんなんで?
顔の部分のウィンドウヘッダ/シルなんかその権化。顔面に合わせて適当にUの字に曲げた真鍮棒をあてがって、もちろんその時点では顔との間は隙間だらけなのだが、コテでよく熱して一気にハンダを流し込む。一瞬にして、2つの異なる部材であったことがわからなくなるほどに一体化する。この快感は、やらないとわからないだろう。

クリックすると元のサイズで表示します
<Bトレ台車に仮載せしてみる>

窓や乗降口で開口部が多いため、内部のモーターが丸見えになるのが格好悪いんじゃないか、と心配していたが、存外気にならない。ただ、本体が真鍮製なのでプラ製のBトレ車体を載せる場合よりはマシかとは思うが、走行性能を考えるとなんらかの補重は必要かと。

クリックすると元のサイズで表示します
<正面から見てみる>

とりあえず及第点、と自分で勝手に思う。顔面窓5枚抜きを断念したのは正解だったみたい。ライトはまだパイプのままだけど、後で裏側をハンダで埋める予定。

どうでもいいけど、写真取る寸前にクレンザーまぶして古歯ブラシで磨きまくったせいか・・・テカテカだな、特に屋根。
0

2005/8/14  20:20

投稿者:ちびて
かなり進みましたねー。
Bトレ動力ですが、単行ならそれほどの補重は
必要ないと、とある知り合いから聞きましたが。
自分もBトレ動力で路面電車作ってます。
流石に真鍮板などからのスクラッチじゃないです。

コメントを書く

この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ