2005/11/9

人の振りみて我が振り直せ、とか  電波ゆんゆん
そういう感じの自爆話。

VRMテンプレート構想は、現行VRMレイアウターのインターフェイスがビギナーにとってあまりに敷居が高いのではないか、という問題設定を起点とし、ここにテンプレートという結果指向的な要素を付加することでその敷居を緩和し、VRMビギナーのVRM界隈への定着率向上を目指し、その結果I.MAGiC社の収益が増えて、ボクらもウハウハ、という風が拭けば桶屋が儲かる的な極めて迂遠な試みなんですよ、本当なんですよ。信用できませんか、そうですか。

それはさておき。
職場の友人から聞いた話なんですが。ある日、彼が職場でVRM侍を読んでたそうなんです。読むなよ、という気もしますが。それもさておき。そしたら別の同僚が背後からPC画面を覗き込んで一言。


 「どうしたんですか、自殺サイトなんか見てッ!!」



自・殺・サ・イ・ト・・・・!?

あひゃ!!(意味不明)




まぁ、そんな感じで。
VRMのインターフェイスの敷居の高さがどうのこうのと言う前に、テメェのblogのユーザーインターフェイスの悪趣味加減をどうにかしろ、というお話です。ありがとうございました。



すいません、隊長。気分でネタにさせていただきました。>きっとこのエントリをまた職場で読む友人へ
0

コメントを書く

この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ