2006/3/21

最果ての地  誉め殺し
moko氏がリリースしたVRM4用編成ファイル103系鶴見線海芝浦行が気に入った。となると、やることはひとつです。

クリックすると元のサイズで表示します
VRMovies No.77 Farthest Land>

どうみても海芝浦です。
本当にありがとうございました。
>moko氏


以下余談。

しばしば書いているように、ボクはVRM用PCにスピーカーをつないでいないので、これまでVRMのサウンド機能にはほとんど関心を払ってきませんでした。

厳密に言うと、このマシンが作曲用のワークステーションを兼ねているので音が出ないワケではないんですが、ヘッドホンを付けてVRMをする気にならない、って話。

で。
moko氏の今回の作例や、toukaidou211氏の作例を通じて、これって思っていたより面白いのかも、と再発見しておる次第です。特に、今回素材として使わせてもらったmoko氏の103系編成は、ちゃんと電動車と付随車で走行音が分けてあって、付随車(クハ)の車内に視点をもっていって耳を澄ますと、ちゃんとその時点での電動車のある方向から(ヘッドホンで聴いているので方向遷移がよりわかりやすい)モーターの唸る音が聴こえてきて、なかなか臨場感があります。
VRMのサウンド機能自体は、たとえば走行音が高速時用/低速時用の2種類しか定義できないので、ある速度のところで唐突に音質が変わる等、本当に音鉄に拘っておられる筋の方からすればオマケ機能的な一面もあると思いますが、それでも流麗なCGに連動する3Dサウンドは、これはこれで趣のあるアレなのではないかと。

ボク自身が本格的にこの機能を使った作品をリリースすることはないと思いますが(他にもやることがいっぱいあるので)読者諸兄におかれては、まだまだ未開拓感の強いこの分野のさらなる活用事例発表を、よろしくお願いします。
0

2006/3/21  16:31

投稿者:ユキト
横槍失礼。
>キサロハさん
VRM3が最新のシステムになっていないのでは?
「readme」にも24bitテクスチャーで制作されているために3.0.3.1以降のシステムじゃないと動かないって書いてありますし。

見当違いでしたらスマソ。

http://blue-impul.cocolog-nifty.com/blog/

2006/3/21  13:53

投稿者:ghost
御礼を申し上げるのはこちらの方で。> moko殿

海芝浦は以前から作りたいなー、と思っていたワケですが、鶴見線の103系の資料に当たるのが面倒臭くてペンディングになっていたものです。で、相乗りさせていただいた次第で。

時効だと思うから書いとくか。> キサロハ殿
実はそのレイアウトのVRMデータを作ったとき(件の雑誌の発行直後)RMM編集部にメールで「VRM化したデータの公開は差し支えないか」と問い合わせたことがあります。結果は黙殺でした(笑)。
何が言いたいか、というと、私の知る限り鉄道模型レイアウトの意匠権に関する係争というのは聞いたことがないんだけれども、来歴を明らかにせずに他者の作品の模倣をする場合は、それなりに覚悟しておきなさいよ、ってコト。権利者本人でなくとも、出典明示していないことをもって攻撃的に絡んでくる人はいるかも知れませんよ。

113系とビュワーの件は知らね。それこそI.MAGiCに訊いてくれ。で、何かわかったらみんなに知らせること。よろしい?

2006/3/21  12:53

投稿者:キサロハ
もひとつ。
113系あんがと編成置くと
ビュアーガ動かないのはなぜ?

2006/3/21  12:50

投稿者:キサロハ
やはりばれましたか、、、
例の車両持ってる人なら知ってるはずっすもんね。
(今回は高低差のこと考えてなっかった…orz

2006/3/21  12:12

投稿者:moko
ご利用有り難う御座いましたm(_ _)m
気に入ってくれて何よりです。

>>アレ
あのハイセンスさは流石DDF凄過ぎです。

2006/3/20  18:53

投稿者:ghost
fox-material-pavilionのダウンロードページだと、VRM3ユーザー以外には何なのかさっぱりわからないので、せめて自分のweblogにスクリーンショットでも掲載してみんかね?>キサロハ殿

ちなみに、ボクもまったく同じのをVRM3で作ったよ、アレ(元ネタ)すごくインパクトあったもんな(w

2006/3/20  18:18

投稿者:キサロハ
コレにちなんで。
V3レイアウト「鶴見線風」公開しました。
ぜひともに取り上げてやってくださいm(_ _)m

http://blogs.yahoo.co.jp/kisarohatokachi

コメントを書く

この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ