2006/4/12

ナンバープレートを作るべく  VRM4ポータブル編成
「ヒント頂戴!」と言う人がいるので、指名されたワケでもないのに勝手に「あいよー」と答える阿吽の呼吸。サクサクッといこう。

クリックすると元のサイズで表示します

とりあえず、コレ↑のナンバー部を書き換えたいとする。
上の画面はPowerPointにとりあえず読み込んで、ここに書いた理由から400%に拡大した上で、もう1枚コピーした状態。


最初にやるのは、現在の画像にあるナンバーを消すこと。こうする。

クリックすると元のサイズで表示します

これ↑はその途中。何をしているかというと「トリミング」。意味がわからなかったらPowerPointのヘルプを見るべし。良さげな部分(ここではクリーム色のみの部分)を取り出すべく。

クリックすると元のサイズで表示します

「」←こんなので囲まれてる部分がトリミングした下地。これを元絵の上に重ねてトリミングモードを解除し、横にみよーんと伸ばす。

クリックすると元のサイズで表示します

↑こうなる。ほら、ナンバーが消えていく。
下地が青い部分にも同じコトをすると、

クリックすると元のサイズで表示します

元絵の色味を残したままナンバーだけが消えた。
ここまでが第一工程。電車だと、この上に適当なフォントで形式番号を書けば終わりだけれども、ここでは機関車のプレートなので、ちょっと凝ったことをしたい(以下に書くことは、VRM4EGのED79ではやってないけど)。
なお、この工程は別にPowerPointでなくても出来る。単にPowerPointだったら楽チン、というだけの話。かつ、この「楽チン」は、PowerPointのノリがボク好みだってだけの話なので、皆さんは銘々に自分好みのツールでやればいい。やることは同じだから。

クリックすると元のサイズで表示します

とりあえず、文字の大きさを決めるべく一旦フォントを配してみる。
で、この文字だけを別のところに動かして・・・
クリックすると元のサイズで表示します

ついでに「塗りつぶし効果」でそれらしいグラデーションで塗ったオートシェイプと並べる。これをコピー&ペーストで「ペイント」に運ぶ。
以下、ペイントが白が「透過色」に設定されている前提で書くが、このままだと具合が悪いので、文字を含む長方形部分の色を「反転」させる。で、これをマスクにして、グラデーションの上に重ねてやる。
クリックすると元のサイズで表示します

ホラ、それっぽくなった。
ここでは敢えてペイントでの手順を示したけれども、Microsoft Wordのコンポーネントの1つとなるWord Artで一発でグラデーション効果のついた文字をつくるという手もある。こっちの方が遥かに楽チンだけども、グラデーションの利かせ方はある程度制約される。ここで示した方法なら、任意の効果を文字の形に加えられるので面白げ。

で、これの黒い部分を改めて白で塗りつぶした上で、第一工程で作ったナンバーを消した絵に重ねる。

クリックすると元のサイズで表示します


以上、ヒントでした。
0

コメントを書く

この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ