2006/4/20

世界征服の軍勢は自らにも矛先を向けるとか向けないとか  真VRM世界征服計画
計画発動直後の分析では空き地感の強かった東北地方が随分と賑わって参りました。残念ながら秋田県と栃木県がまだ空白地です。秋田はとりあえず新幹線「こまち」号でも走らせとけば絵になるかなーとか思いますが、関西人のボクとしては、

栃木の鉄道風景

と言うのが、どうにもイメージが浮かびません。
っつーか、はてなマップの空白地を眺めながら・・・

ここって・・・何県だっけ?

と、素で思ってしまいました。栃木の読者の方からご不興を被るであろうことを覚悟の上で正直に自供しておきます。大丈夫だよね、栃木にVRMユーザーなんていないよね(ぉぃ!!)。

冗談はこのへんにいたしまして。
東北が賑わうにつれ、今度は北海道中央部の広大な空白地が気になりませんか。なんか、クリップが隅っこばっかです。これまた、北海道在住のVRMユーザーの皆様には申し訳ない限りですが、まるで、

北海道は中身がない

とでも言いたげな状況となっております。あ、誰もそんなこと言ってませんか、そんな不遜なコトを放言するのはボクだけですか、そーですか。では、以降は真面目な話を少々。本当に?


*     *     *

このプロジェクトにご参加いただいている諸兄も含め、ご覧の皆様からするとこのプロジェクトは、さも「VRMレイアウトで日本地図を埋め尽くす」ことが目的のように見えることでしょう。と言うか、ボクもそれが目的だ、と言っているワケですが、あくまでもこれはタテマエです。ハイ、またタテマエです。

実在風景を模したり、デフォルメしたりしたレイアウトというのは、VRMの楽しみ方のほんの一部でしかありません。以前にも明言したように、ボクはこれを流行らせたいだとか、VRM界隈のメインストリームに据えたいとかはコレっぽっちも考えていません。
なぜ「実在路線再現」をテーマにこういうネタを振ったかと言うと、実は順序が逆で、日本地図があったからです。実在路線再現レイアウトがあるから日本地図にクリップするのではなく、日本地図にクリップするには実在路線再現レイアウトであった方がよかろう、というのがそもそもの着想です。
では、このプロジェクトは「はてなマップ」ありきで立ち上げたのか、というと、それもまた違います。極端な話、地図である必要性すらなかったワケで、もし、はてなマップと同じようなノリで・・・

クリックすると元のサイズで表示します
<こんなのや・・・>

クリックすると元のサイズで表示します
<こんなの>

があれば、別にそれでも良かったと、ボク的には思っています。もちろん、日本地図の方がわかりやすい、っつーか、理解されやすいとは思いますが。

何が言いたいかと申しますと、VRM世界征服計画の真髄は、実際の地図上に実在風景を再現したVRMレイアウトを置いていくこと、にあるのではない、という点です。ボクが重要視しているのは、概ね以下の点です。

・誰でも登録できる。
・誰の作品か、誰が登録したか、には意味がない。
・共通の切り口(地図上の位置等)から複数の人の作品を総覧できる。
・共通の切り口における個々の作品の位置付けは、個々の登録者が決定できる。
・登録する人の善意以外に何の歯止めもない。
・誰でも登録された情報を好き勝手に利用できる(RSS等)。

誤解を招くのを覚悟の上で、fox-material-pavilionのレイアウト代理公開コーナーと比較するとわかりやすいんじゃないかと思います。

つまり、fox-material-pavilionは、あくまでもfox氏のWebコンテンツです。ここに何かを登録するには、必ずfox氏に手間がかかります。また、fox氏に限ってはないと思いますが、万が一、fox氏との人間関係をこじらせてしまうと、どんなに素晴らしいレイアウトであっても登録されないかも知れません。見せ方を決めるのもfox氏です。fox氏が健在である限り管理されるかも知れませんが、氏に想定外の事態が発生すればそれまでです。
こういう書き方をすると、ボクがfox氏を責めていると勘違いする人がいそうな気もしますが、それは誤解です。ボクが言いたいのは、個人が何かを背負い込むと、必然的に限界とリスクがある、ということです。

翻って世界征服計画ですが。これは誰でも登録できますし、誰のものでもありません。見せ方や何を見せるかは個々人の自由です。「はてな」という会社が存在する限り、誰が不慮の事故にあっても存続されるでしょう。
もちろん、いいことづくめでは決してありません。個々人の自由、というのは、裏を返せば、世界制服計画のクオリティに参加する全員が責任を負う、ということを意味しています。これはfox-material-pavilionの維持がfox氏個人に拠っていることと対象的です。管理破綻のリスクが分散する半面、モラル崩壊のリスクが常にあり得ます。

で、ボクはそれを承知の上で、世界征服計画には管理もルールもない、と宣言しました。これが何を意味しているかと言うと、仮に皆さんがこの計画を面白いと感じ、計画の継続を希望するのであれば、誰かの力に期待することなく、銘々が自分がそのために何をすることができるか考えて、率先して行動するしかない、ってことです。これが、ボクの真の狙いです。

ただし、勘違いしないでください。
「考えろ」「行動しろ」と命じているのではありません。誰も何も考えなかったり、何もしなかったりした結果、計画が消滅したりモラル崩壊するのであれば、それはそれでいいんです。ただ、なぜそうなったか、といえば、それは誰のせいでもなく、自分が何もしなかったからなんですね。これも、fox-material-pavilionが消滅したら「単にfox氏が止めただけ」なのと好対照です。

で、これに何の意味があるんだ、ってのは、勝手に自分で考えてください。人に教えられるようなことじゃないし、人に教えられないとわからない人は、教えられてもわかりっこないですから。ヒントは「世界征服」っつー計画名は伊達じゃない、ってことだけです、ハイ。
0

2006/4/20  0:20

投稿者:ghost
ボクも配慮が足りなかった。
言うまでもなく[死ぬかと思った]ってのは、職場のPCの前で笑いを堪えて窒息しそうになった、って意味だったので(w>moko殿

もちろん奈良県も拝見しましたですよ。>flanker殿
改めてVRM2のスクリーンショットを見ると、いろんな意味で新鮮ですな。何と言うか、後発のボクらが良くも悪くもVRM自体のクオリティにおんぶにだっこになってるなー、っつー気がしてしまったです、ハイ。

2006/4/20  0:06

投稿者:flanker
栃木県の皆様にかわって誅罰にきました。ついでに奈良県もちゃっかり頂いたのは内緒です。
#あれ貼ったのこのエントリを読んだ後ですから!残念!

http://loopline.s20.xrea.com/

2006/4/20  0:01

投稿者:moko
何か違う方向に詮索してしまったみたいですね。(^^;)安心しましたです。

2006/4/19  22:47

投稿者:ghost
えーと・・・
アレは「仕事中に何見とんじゃい!しかもブクマしてるってどういうことじゃい!仕事せんかいコラ!」って突っ込むところですから、念のため。>moko殿

で、すれ違いで栃木クリップがあったみたいですね。栃木県民の皆様、ごめんなさい。

http://map.hatena.ne.jp/?display=clip:19014&z=4

2006/4/19  22:23

投稿者:moko
「蜘蛛の糸」の件ですが、
ご迷惑お掛けしました。
次回からは気をつけます。
では。

コメントを書く

この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ