鉄道模型レイアウターF2006ってどうなんだろう?

2006/10/17 | 投稿者: ghost

TOMIXブランドから11月発売予定となっている「鉄道模型レイアウターF2006」について。I.MAGiC VRM News Vol.61では「鉄道模型レイアウター2006」と、なぜか「F」が抜けてますが、それはさておき。

Nゲージャー、特にTOMIXファンの方におかれては「鉄道模型レイアウターF2006を買うべきか、VRM4(第2号)を買うべきか」とお悩みの方もおられるのではないか、と思い、ちょっと書いてみることにしました。とりあえずは論より証拠、見た目を比較してください。

クリックすると元のサイズで表示します
<ワイヤーフレームビュワーの画像>

クリックすると元のサイズで表示します
<VRM4ビュワーの画像>

上掲スクリーンショットは、拙Web「VRM→N」に作例写真をご提供いただいた、せーいち氏作“長崎本線・大村線風レイアウト”を、VRMレイアウト化したものを、それぞれワイヤーフレームビュワー(鉄道模型レイアウターF2006に相当)とVRM4ビュワーでほぼ同じアングルから捉えたものです。こうして比較すると、そりゃ、カラフルな画像の方が良く見えて当然だとは思いますが、それで終わってしまうとミもフタもないのでもう少し突っ込んでみましょう。


VRM3ベースの旧「鉄道模型レイアウター」と比較して、鉄道模型レイアウターF2006では、ワイヤーフレーム表示ながらレイアウトの3D像を得ることが出来るビュワーが搭載されることになりました。旧鉄道模型レイアウターが、事実上はトラックプランの整合性チェック程度にしか使えなかったことを考えると、これは大きな進歩と言えるでしょう。

前述したように、見た目のインパクトだけから言えばVRM4ビュワーの画像が勝っているのは当然なのですが、ワイヤーフレームビュワーの画像だけに注目すれば、CAD風の図面を作るだけで、シナリー(地形)を含む立体像が、リアル鉄道模型レイアウトに着工することなく得られるという点では、鉄道模型レイアウターF2006にも、十分な魅力があると言えそうです。つまり、F2006に至って、始めて鉄道模型レイアウターは、真の意味において「鉄道模型レイアウト製作のシミュレーター」と呼べるものになった、ということです。

一方で、鉄道模型レイアウターF2006が「鉄道模型レイアウト製作のシミュレーターとして必要十分か?」と問われると、残念ながら答えは否であるように思います。VRMをNゲージレイアウト製作のツールとして活用することを勝手に唱導し続けてきたボクの経験から言うと、着工前のシミュレーションとしては、トラックプランの整合性、ストラクチャーの配置、地形の立体構造もさることながら、(1)地形表面の処理に関する試行錯誤(2)道路の構造の検討をVRM上でシミュレートすることに、大きな強みがあったように思います。

(1)については、これは地形テクスチャーによるカラフルな表示があってこそなので、鉄道模型レイアウターF2006は役立ちそうにありません。(2)については、断言はできませんが、これまでのレイアウターシリーズから類推すると、鉄道模型レイアウターF2006にVRM4第3号収録の道路部品は含まれないと考えられるため、やはり役に立たないような気がします。

極言すると、鉄道模型レイアウターF2006は、お座敷レイアウトやTOMIX製品のみを雑然と並べた半固定式レイアウトのシミュレーターとしては十二分に役立つでしょうが、本格的な固定式レイアウトの設計ツールとしては、いささか中途半端なものである、と言わざるを得ません。誰かがボクに「鉄道模型レイアウトを設計しようと思うんだけれども、鉄道模型レイアウターF2006を買うべきか、VRM4を買うべきか?」と尋ねたならば、ボクは文句なしにVRM4をお勧めするでしょう。

とは言え、値段がエラく違いますから。

鉄道模型レイアウターF2006の予価2,940円(税込み)に対し、VRM4第2号は12,000円(ダイレクトショップ価格)。その差、実に4倍

つまるところ、「鉄道模型レイアウターF2006を買うべきか、VRM4を買うべきか」という問いは、「あなたはVRM4に4倍のお金を払う価値を見出せるか?」という問いに等しいと言えます。

VRM4でないと出来ないことは何でしょう。前述したように、シナリー表面の処理のシミュレーションであり、道路のシミュレーションであり(これには更に第3号11,000円が必要ですが、代替策はあります)、さらにはPC上で列車を走らせたり、スクリプトで自動運転を楽しんだり出来る、がそれに当たります。

逆に言えば「ワイヤーフレームでもこれだけの立体像があれば、リアル鉄道模型作るのに十分役立つよ」とおっしゃる方や、「地形テクスチャーやスクリプトなんて自分で作れねーよ」とおっしゃる方には、VRM4は無駄な投資となってしまう可能性が高い、ということです。

以上、大雑把に「鉄道模型レイアウターF2006を買うべきか、VRM4を買うべきか」とお迷いの方のためのガイドを書いてみました。より詳細な機能比較検討をご希望の方は、どのようなことについて知りたいかコメント欄に書いてください。可能な範囲でご回答申し上げる所存ですので。
0



2006/10/17  11:41

投稿者:ghost

> はそれなりのグラフィックカードも必要になってきますから

現時点では鉄道模型レイアウターF2006の必要スペックが明らかではないのでアレですが、PCマニアではなく「Nゲージャー」を対象として考えた場合、システムのイニシャルコストは大差ないような気もします。有り体に言えば「Windows Vistaが動くPC」みたいな大雑把な括り。

> PCの上でガンガン楽しんじゃっているので

いや、それ言ったら、編成セット買って、走らせるのに夢中になってレイアウト製作の手が止まるのも同じですから(笑)。

個人的に注目しているのは、TOMIX自身にこの商品を売り込む気がどれくらいあるのか、です。旧レイアウターには、

http://www.tomytec.co.jp/tomix/menu/tomix_1_5.htm

とりあえずこういうコンテンツがあって、往時はVRM界隈とはまたちょっと毛色の異なるコミュニティが存在したワケですが、そういうことが再び起こるのか、そうともBSPの二の舞か(は言葉が悪いですが)、みたいなところに関心があります。視覚的な訴求力から、うまく誘導すれば面白くなるんじゃないかと思うんですが・・・

2006/10/17  6:56

投稿者:山川 海

>値段がエラく違います
ソフト単体の絶対的な価格差もそうですが、
VRMはそれなりのグラフィックカードも必要になってきますから、
システムとして考えると、もっと大きな価格差になってしまうかと。。。。
この価格差は、大抵の編成セットが1本買えてしまうので、
リアルNゲージャーはVRMを買うよりも、車両を増やす方向に走ってしまうかも・・・^^;

>さらにはPC上で列車を走らせたり
逆にこれが、某氏には鬼門となっているようで・・・
PCの上でガンガン楽しんじゃっているので、
なかなかレイアウト製作が進まない・・・・??(汗)

そういう意味では、鉄道模型レイアウターF2006の方が、
「早く作らなきゃ」という気持ちになるかもしれません(笑)

http://sea.ap.teacup.com/yama_umi/

コメントを書く

この記事にはコメントを投稿できません





AutoPage最新お知らせ