2006/11/19

広がるVRM→Nつながり  電波ゆんゆん
霊魂補完計画の最中ではありますが、VRM→N筋にて動きがありましたのでご紹介しておこうかと思います。

これまで、拙Webサイト“VRMovies別館「VRMからNゲージレイアウトを作ってみよう」”(通称“VRM→N”)にて公開してきたVRMによるNゲージレイアウト設計については、ボク自身が施工したものの他に、皆様ご存知のJR関西氏によるもの(現在も新たな作品が施工中)、せーいち氏によるもの、があったワケですが、新たにもうお一方の手になる作品が加わりました。

施工してくださったのはまる氏。リンク先のWeblogでは、氏のレイアウト施工期も読むことが出来ます。今回、完成を迎えられたとのことで、写真を多数ご提供いただきましたので、VRM→N特別展示室に掲示させていただいておる次第です。

*     *     *

親愛なる純VRMユーザー(必ずしもリアル鉄道模型に関心のないVRMユーザーの皆様)におかれては、このような話題にはご関心がなく「ふーん、そんなの知ったこっちゃないよ」とお思いの方もおられるやも知れませんが、さにあらず!

我らがVRMは、その版図を鉄道模型趣味界に広げんと、VRM4ベースのワイヤーフレームビュワーを新たに搭載した「鉄道模型レイアウターF2006」を、まさに投入したところなのであります。

※鉄道模型シミュレーターF2006については、こちらの拙稿も合わせてご参照ください。

で。

貴兄自身がリアル鉄道模型に関心があろうがなかろうが、あなたがネット上に公開するVRMのスクリーンショットであるとか、VRM4第2号Powered by TOMIXベースの手頃な大きさのVRMレイアウトというものは、それを見る鉄道模型愛好家からすれば、リアルNゲージ鉄道模型レイアウトの設計図であり完成予想図なのであります。

当たり前、と言えば、当たり前の話なんですが、改めて、この点を強く申し上げておきたいのであります。

あなたが何の気になしにネットに晒したVRMレイアウトを「あ、リアルで作ってみたんですけど」と言ってくる人が現れる日は、そう遠くないのであります。現にボクのところには、ボク自身がそれを本気にしていなかったにもかかわらず、既に三人の猛者が現れたんですから。
0

コメントを書く

この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ