2007/1/21

はやぶさでガチャンッ&あさまでガチャンッ  VRM4ポータブル編成
「はやぶさ」の方はともかく、「あさま」の方は読み方によっては、寝ずに何やってんの?みたいな感じもしますが、そういう冗談はさておき。

クリックすると元のサイズで表示します
<はやぶさでガチャンッ>

クリックすると元のサイズで表示します
<あさまでガチャンッ>

まぁ、要するにポータブル編成なんですが、機関車と客車(あさまは補機と本編成になりますが)が同梱されておりまして、うまいこと並べてビュワー上でぶつけるとガチャンッする、と、まぁ、そういうモノです。なんか、説明が面倒臭いので、とりあえず適合するVRM環境のある人はダウンロードして試してください。

[Download] はやぶさでガチャンッ(要VRM4第5号、あれば2号も)
[Donwload] あさまでガチャンッ(要VRM4第3号)

例によって、リンク切れしてたら、適当にその筋の人のところを探してください。どこかにあるはずです。


「はやぶさ」の方は、KSMaster氏が65PF牽引のヤツを先行して公開しているので、65P牽引にしてみました。時代を反映しまして、食堂車が基本編成側に組み込まれてます。

「あさま」の方は、本編成は結構適当で、パッケージ付属の画像リソースの製造番号、号車札、座席種別札のみを修正した128x128のテクスチャですが、EF63の方は、メーカーズプレートに気合を入れて(実はさほど厳密に考証はしてない、メーカー・製造年は合ってると思うけど)512x512のハイグレード版にしてみました。当然と言えば当然ですが、サイズの異なる画像リソースでも、同じ編成の中に共存できるんですな。

どちらも、moko氏に提供いただいた“ガチャンッ”音が組み込み済みです。重ね重ね、moko氏に多謝。

*     *     *

仮にこういう、連結ギミック付きの2編成同梱のモノを“ガチャンッポータブル編成”と呼ぶことにするとして・・・って、そのまんまですが・・・作り方の説明が要りますでしょうか。まぁ、サラッとだけ書いておきましょうか。

基本的には、普通に“ポータブル編成ギミック一発組み込み”した編成を2つ(一方は機関車、もう一方は客貨車)作って、この2つに対して“連結でガチャンッ”を組み込むだけで作れます。と言うか、それが出来るように設計しました。が、いくつかの制約事項があります。

第一に、方向幕切替機能は、LED交互切替を含めて使えなくなります。厳密に言うと、使えますが、連結前と連結後で動作が異なってしまいます。車両スクリプト内で編成長を判断し、号車毎に割り当てるリソースIDにオフセットを加算するようなロジックを書き足せば不可能ではないですが、正直、そこまでやる価値があるとも思えません。

そもそも、方向幕切替は、前後どちらに向かって走っても絵になる編成だから意味があるのであって、機関車牽引の列車には不似合いな機能ではあります(なので、ボクが最近リリースしたブルトレ系のポータブル編成は、方向幕切替をおこなわないものがほとんどです)。どうしても挑戦したい、という酔狂な人がいれば、個別に相談にのりますのでメールください。

第二に“連結でガチャンッ”の組み込みに際し、警笛音用のリソースIDの入力を求められます。オリジナルの警笛を使わない場合はデフォルト0ですが、0の代わりに1000を入力してください。これをしないと画像リソースの割り当てに失敗して、方向幕その他が表示されません。興味のある人は理由を考えてみてください。

第三に、“連結でガチャンッ”には連結前の機関車編成の入換識別標識灯を点灯させる機能がありますが(デフォルト点灯です)これを利用したい場合は、機関車の車両スクリプトを開き、メソッドMtdInitializeの最後の方にあるSetShuntingCarIndicator命令の行を削除するか、コメントアウト(行頭に//を付ける)する必要があります。

第四に、「あさまでガチャンッ」がそうですが、機関車/補機側を重連にする場合、“連結でガチャンッ”は編成の先頭車両にのみ車両スクリプトを流し込むようになっているので、これを次位機関車の車両スクリプトにコピーする必要があります。こうしないと、連結方向によっては連結音が鳴らない、という現象がおこります。とりあえず、1両目の車両スクリプトを丸々コピー&ペーストして2両目のそれと入れ替えれば(2両目に元からあるスクリプトは消す)動作するはずです。

なお、「あさまでガチャンッ」には、連結後に再解放するオマケ機能が組み込まれていますが、もうこれは説明が厄介なので解説しません。どうしても知りたい人は個人的にメールをください。

と、こんだけ面倒そうに書いておけば、無謀にも挑戦しようなんて人はいないことで御座いましょう。いや、理解しようと挑戦する人はウェルカムなんですけど、結果だけを性急に求める人の問い合わせに対応するのは面倒なんで。ミもフタもないですけど。
0

コメントを書く

この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ