2007/1/30

だいせん(客レ最末期版)  VRM4ポータブル編成
を作ってみました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

本物は12系3000番台と14系15形の混成だったはずですが、VRM的には前者にはVRM4第1号の12系、後者は例によって第5号の24系からデッチ上げたそれを当てています。牽引機は第4号収録の方のDD51なので、走行にはこれらの3パッケージが必要です。しょーもないワリには贅沢です。

[Download] ポータブル編成「だいせん」(要VRM4第2,4,5号)



クリックすると元のサイズで表示します
<オマケ機能>

洒落で[Shift]+[c]でヘッドマークを掲示するように仕込んでます。もちろん、本物は急行なんでヘッドマークなんざなかったんですが、まぁいいじゃんか、と。

*     *     *

餓鬼の時分・・・確か小学校2年生だったと思いますが・・・20系時代の「だいせん5号」に、親に無理言って乗せてもらったことがあります。確か、出雲市側にハザが3両ついてて、当時のボクは「珍しい列車だ」と誤解していたんですが、今思えば、伝統的な寝台列車のスタイル(旅客が懐具合に応じて一夜の快適さを選択できるソレ)を最後まで踏襲していた希少列車の1つがコイツだったんでしょうな。

VRM4第6号では20系が収録されるようですから、まずはコイツを作ろう、とか思ってます。世代的にボクの中では20系というと、なんか「急行」なイメージです、「特急」じゃなくて。「銀河」もいいですよね、こっちもその前年くらいに、やはり親に無理言ってA寝台を奢ってもらった覚えがあるんですが・・・ボクって親不孝?

「銀河」はEF58がネックですな。VRM2追加キットのEF58は、VRM2規格の中でも破格のクオリティで、結構お気に入りなので拙作のVRM4ベースの動画にも未だに登場し続けておりますが、VRM4規格の20系を牽引するには、やはりVRM4規格のEF58が欲しいですな。いや、多分これは出てくると思うんですけどね、先だって書いた分析が正しいとすれば。出来ればカラーバリエーション込みでやって欲しいもので御座います。
0

コメントを書く

この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ